マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇賞春!スズカマンボは来たけれど・・・

<<   作成日時 : 2005/05/02 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず始めに、昨日の天皇賞着順です。

1着△Iスズカマンボ(13番人気)
2着無印Pビッグゴールド(14番人気)
3着◎Lアイポッパー(4番人気)
○リンカーン6着 ▲ヒシミラクル16着

なんなんだよビッグゴールド!余計なことしやがって!頼むよ和田竜二!
わずか鼻差で、僕のI−Lは水の泡と消えました・・・。

勝ったIスズカマンボは、さすがアンカツというロスのないレース運びでそつなく抜け出してきました。去年の朝日CCで古馬に勝ったレースからも、力は持っている馬だということは分かっていたので、狙ってみたらまんまと走ってくれました。しかし、本命のLアイポッパーの方が2着を外してしまい、馬単・馬連ダブル的中はハナ差で消えました。あれで、Lさえ2着に来てくれたらカンペキだったのに・・・。Lは、悪い内容ではなかったと思いますが、最後の直線で伸びを欠いたのは、大幅な馬体重減少(前走マイナス10キロ、今回がさらにマイナス8キロ)が影響した感は否めません。長距離戦なので、ギリギリに仕上げることは定石通りですが、伸びそうで伸びない直線を見ると、仕上がり過ぎでスタミナが奪われてしまったのでは・・・と見受けられました。
2着のPビッグゴールドは、よほど状態が良かったのでしょう。ここ2戦連勝の勢いそのままに、最後までバテずに差を詰めてきました。展開面も馬場も味方しました。何より、この馬も長距離得意のブライアンズタイム産駒でした。やはり、3000Mを越える距離では、リアルシャダイとブライアンズタイムには要注意ですね。
応援していたOハーツクライとBアドマイヤグルーヴは、5着と11着でした。
Oはこの距離にしては、マズマズよく走ったと思います。得意の中距離に戻れば、もっと上を狙えそうな手応えを掴みました。Bについても同様で、牝馬同士の争いなら別でしょうが、やはりこの距離で男馬の一線級と戦うのは少し可哀想でした。ただ、得意の中距離では去年の秋の天皇賞で結果を出しているので、今後も目が離せません。
1,2,3番人気になったEリンカーンとKマカイビーディーヴァとGヒシミラクルは、揃って惨敗。予想通り、一筋縄ではいかないレースでした・・・。しかし、ハナ差かよー・・・。

ライスシャワー
ライスシャワー 天に駆けた最強のステイヤー [DVD]
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇賞春!スズカマンボは来たけれど・・・ マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる