マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 本田宗一郎氏と我が家

<<   作成日時 : 2005/09/13 10:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 28

実は我が家と故本田宗一郎氏との間には、ちょっとしたご縁がある。

その昔・・・。
我が家は自動車メーカーだった。
メーカーといっても、今のトヨタや日産のような巨大なメーカーなどは、まだ存在していなかった時代のお話である。自動車業界がまだ草創期だった頃で、ちょっと前のIT業界と同じようなものだろう。
今でこそ自動車業界は、業界全体として成熟していくつかの巨大メーカーグループに集約されているが、当時の自動車業界は無数の小さなメーカーが鎬を削る戦国時代さながらだったようだ。
みんなが天下獲りを夢見ることが出来る、
みんなに天下獲りのチャンスがある・・・そんな時代だったという。

そんな頃、当時はまだ無数の零細企業の1社に過ぎなかったホンダの創業者、
故本田宗一郎氏が資金繰りに行き詰まり、我が家に資金援助を頼みに来た事があったそうだ。
その時点では、ホンダよりも我が家の方が資金力も経営体力も強く、
どちらかと言えば我が家がホンダを救済する為の出資ということだったようだ。
その援助の内容というのがホンダに出資する代わりに、
ホンダの株を持つか、
10台分のバイクの部品を持っていくか、
そのどちらがいいか選んでくれ・・・というものだったという。

現代に生きる我々にとっては、大きい宝の山と小さい宝の山と、
どちらを選ぶべきかは考えるまでもない結論がそこにはある。
その時株を選んでいれば、今頃我が家は大儲け出来ていたに違いない。
下手をすれば、世界のホンダの大株主になれたかもしれない。
或いはズル賢い人間であれば、−今風に言うところの敵対的M&Aか−。
株主である事を盾にホンダの経営に口を挟んで、経営を乗っ取ることも出来たかもしれない。
しかしうちの祖父は根っからの職人気質だったので、経営とか事業とかいうものにあまり知識も関心もなかった。
だから株などという海のものとも山のものとも分からない紙切れなど、信用出来なかったのだろう。そんな祖父の事だから、書類の束よりも山盛りのパーツに目がくらんで、株を返してしまったとしてもなんら不思議ではない。
その後ホンダはどんどん成長し、世界のホンダへと大躍進した。
我が家のお陰?とまでは言えないまでも、ある意味我が家が資金援助したからこその、今の世界のホンダなのかもしれない訳である。
その一方で、10台分と聞かされていたパーツの山が、実際にはわずか2台分しか無かった事が後になって発覚。結果、我が家は大損・・・。

別にその事で本田宗一郎氏やホンダを責めるつもりは全くない。
契約書も何もない、単なる口約束だけのお話である。
トラブルが起きたとしても自己責任だ。文句を言える立場ではない。
ただそこには、成功する者に共通する「したたかさ」というモノを垣間見る事が出来る。
ちょっと前に起きたニッポン放送株騒動にも通ずるものを感じる。
本田宗一郎氏といえば、熱心な技術者としての「一途で純粋な開発者」という側面ばかりが注目されがちだが、我が家が経験した事実を踏まえてみれば、実はビジネスマンとしてもかなりのヤリ手であったであろう事は想像に難くない。
そのぐらいしたたかな人間でなければ、生き馬の目を抜くようなビジネス界でトップに成り上がっていく事は出来ないのだろう。
その一方で、今でもウチは小さな町はずれの工場のままだ。
テレビでホンダのCMを見たり、
F1での佐藤琢磨のニュースを聞くたびにしみじみと思う。
うちの爺さんに経営とか、事業のセンスがあったらなぁ・・・と。

世の中は、そう何度もチャンスが巡ってくる訳ではない。
人生には、ちょっとした分かれ道をどちらに行くかで、大きく別れる未来がある。
どちらに行くかは、自分次第だ。
チャンスを確実に手にするものだけが、大きな成功を収められるのだ。
僕?僕はもちろん誰かさんの孫だ。言わずもがな、である。苦笑。
その事で祖父を恨んだりはしていない。
そこに僕のPUNKマインドの原点があるんじゃないかと・・・むしろ誇りに思っている。



本田宗一郎本伝―飛行機よりも速いクルマを作りたかった男
本田宗一郎本伝―飛行機よりも速いクルマを作りたかった男 (Big comics special)
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
佐藤琢磨氏 in F1ベルギーGP
ライコネンが1位!モントーヤが惜しくも残り数周でリタイヤとなり、アロンソが2位、バトンが3位、そして、佐藤琢磨氏は途中リタイヤという結果になりました・・・。ライコネンが1位なのは良いんだけど、琢磨氏が衝突して棄権したのは予想外でしたね。 ...続きを見る
テンションあげまくり隊日記
2005/09/13 12:24
F1第16戦 ベルギーGP 決勝
スパ・フランコルシャン・サーキットで行われたベルギーGP決勝レースで、 BARホンダのJ・バトンが3位を獲得、佐藤琢磨はリタイアに終わりました。 ...続きを見る
癒し系わんこへの道 Blog
2005/09/13 12:25
佐藤琢磨はリタイア F1ベルギーGP決勝
佐藤はリタイア F1ベルギーGP決勝 ...続きを見る
一個人の戯言
2005/09/13 16:42
なにをやっとるんじゃ!!
「冷えてしまったタイヤやブレーキの影響で、 マシンを止めることがとても難しく、 運悪く彼に追突してしまいました」って・・・・ ...続きを見る
ばらちんの車道楽日記
2005/09/13 17:02
ライコネンが逃げ切る!琢磨はリタイア・・・〜F1ベルギーGP〜
キミ・ライコネンが今季6勝目!逆転でのシリーズチャンピオンへ望みを残した。 ...続きを見る
左投げ左打ち
2005/09/13 18:33
「本田宗一郎氏と我が家」について
「本田宗一郎氏と我が家」について トラックバックありがとうございます。 こんな私の所にトラックバックしてもらえるなんて。(^o^) 長くなるのでトラックバックさせてもらいます。 ...続きを見る
volvo 740gle
2005/09/13 20:38
琢磨 痛恨の追突:ベルギーGPレビュー
スパウェザーに翻弄されたベルギーGP。ライコネンが6勝目。 琢磨は痛恨の追突クラッシュでリタイヤ。 ...続きを見る
佐藤琢磨選手応援ブログ 【琢磨F1.ne...
2005/09/14 22:56
琢磨 痛恨の追突:ベルギーGPレビュー
スパウェザーに翻弄されたベルギーGP。ライコネンが6勝目。 琢磨は痛恨の追突クラッシュでリタイヤ。 ...続きを見る
佐藤琢磨選手応援ブログ 【琢磨F1.ne...
2005/09/14 22:57
満月とオープンカー
速度制限ナシでクルマやバイクを走らせるには ここだよね、ってトコに行ってきた でも実は、リニューアルオープンしたのも知りませんでした^^; ...続きを見る
ε- (´ー`*) フッ
2005/09/21 01:16
本田宗一郎の名言
「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」 ...続きを見る
あなたに響く名言集
2007/03/24 23:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました。
いつも、お名前は拝見していました(笑)

どこにチャンスがあるのか、それをチャンスと見極められるのか!
見抜く力も経営者の才能なのかもしれませんが、
会社が大きくなればなったで抱える問題も多くなりますよ、きっと!

きちんと支払いができていて、
「あそこに頼めば 大丈夫!」
と言ってもらえる会社が、この先も残っていく企業なのでは?

長く続いている工場みたいですね!
きっとお爺様の時代から信頼されてきて現在に至っているのでしょうね
それこそが、マチルダベイビー!さんへの大事な財産なのではないでしょうか。


ろこ
2005/09/13 11:26
こんにちは。
TB,有難うございました!

昔ってそんなだったんですね。
私が車に興味を持ち始めたのは最近で、友人や兄の影響です。
今のような巨大メーカーがない頃を知りません。
気付いた時には、HONDAは世界のHONDAでした。
きっと、HONDAが大きくなった裏にはマチルダベイビー!さんのような話がいくつもありそうですね。
TA隊隊長
2005/09/13 12:22
こんにちは。
運命の分かれ道って、先が見えないから良い所であったりするねぇ。
何よりも家族に誇りに思えるおじいちゃまがいらっしゃることが
とっても幸せな事ですね♪

先が読めちゃったり見えちゃったりすると、
困ることあるけど、どうしても見えてて欲しいものがある。
それは「オナラ」の色。
疑われるのはマッピラごめんです(o^^o)ふふっ♪
タ〜コ
2005/09/13 13:55
記事とは関係ないコメントですいません。

ネコ系の記事を書きました折、貴殿のブログを記事内で紹介させて頂きました。もし、不都合あるようなご連絡下さいませ。至急に対処いたします。

マチルダちゃん可愛いから、紹介せずにいられなかった。
can not help 〜ing 〜せずにいられない。
ゼットン
2005/09/13 14:08
ろこさんコメントありがとうございます!
>いつもお名前は拝見?
どこか共通の知り合いがいたのかもしれませんね。
ウチはそろそろ危ないかもしれませんけど!笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/13 14:41
TA隊隊長さんこんにちわ!コメントありがとうございます!
今の自動車業界からは想像もつかないような時代だったみたいですよ。
たぶんあっちこっちに被害者・・・じゃなかった、同じような経験をした業者さんが居たんではないでしょうか。笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/13 14:43
タ〜コさんこんにちわ!
僕も昔から同じ事考えてましたー!
オナラの色!ちゃんと見えたらいいのに〜!笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/13 14:45
ゼットンさんこんにちわ!
人気ブログのゼットンさんのページで紹介して頂けるなんて、身に余る光栄でございます!不都合なんてとんでもない。むしろ大歓迎です〜♪
これからもコンスタントにはマチルダちゃんの写真&記事をUPしますんで、今後ともよろしくお願いします〜!
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/13 14:47
再登場させてくださいな!(笑)
このままじゃいけない様のところです。
ろこ
2005/09/13 17:35
まいど
ウチのじぃは洋服屋だったんだけど、そんな話はなかったな〜

まだ間に合うよ!『まちるだ』名のクルマを作ってみてもいいかもよ(*^-^)
momo
2005/09/13 19:06
株をもらってたら・・・すごいことになってたんですね。
これも人生ですか・・・。
みはいる・B
2005/09/13 21:54
うちのおじいちゃまは お料理やさん
お店は いい板さんがいて 繁盛
でも
おじいちゃまは お酒が大好きで
飲みつぶしてしまったそうです
るう 気をつけなくちゃ
るう
2005/09/14 04:58
ろこさん再びありがとうございます!
このままさん繋がりでしたか!しかも先ほどろこさんのところを覗いてみたら、コジーンさんのページがリンクリストに載ってるし!
ウェブリブログは世間が狭い!笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/14 16:03
momoさんこんにちわ!
へえ〜。おじいさんは洋服屋さんだったんですか。
いやー、今はそんな資金は無いので、作れないっすよー。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/14 16:04
みはいるさんこんにちわ!
ねー。株だったら結構な金額に化けたハズですよ。
それもこれもみんな人生です。
負け惜しみでなく、これで良かったと思ってますけど。だって、その時大金持ちになってたら、今頃僕は生まれてこなかったかもしれない訳だし。笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/14 16:07
るうさんこんにちわ!
そちらのおじいちゃまは酒豪だったんですか。しかもるうさんがその血を受け継いでいる!飲み過ぎには、くれぐれも気をつけて下さいよぉ〜。笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/14 16:08
明暗を分ける  
我が家もそうなんです
父の兄弟で会社をやっていました
結構父はいい思いをしたようです  が
戦争に召集され 父は7年南方に行ってました
その間に父の兄達が 会社をつぶしちゃったのです
勿論戦争が・・・
もし・・なんて無いけれど・・そのままだったら!!
世界のと言われる 財閥だったかも・・・・(-_-;)
でも父は凄いよ!戦後 違った職業を選んだのだけど
その道では有名人になったから  私? この近所では有名人よ!! (笑)
deko−chan
2005/09/14 17:44
TBありがとです。
おいらがもし、同じ立場で、パーツか株か?と選択を迫られたら…
おそらくパーツにいってますね(笑)
技術者、職人にとっては訳の分からん紙(株)よりも、パーツの方が自分の夢や希望を実現できますしね。
もしも株を選んでいたら、今頃セレブの仲間入りだったかも!?
YASU
2005/09/14 18:09
初めまして。TBしていただきました。
テーマ「車」つながり?それとも「ホンダ-狭山-関越道」ということでしょうか?間違いではないですよね?
Galleria Quattro
2005/09/14 18:42
deko-chanこんにちわ!
戦争前後には、あちこちで混乱していたみたいですもんね。その混乱に乗じて成り上がった人も沢山いる一方で、混乱に泣いた人も沢山いた訳ですね。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/15 17:42
YASUさんこんにちわ!
やっぱりそうなんでしょうね。紙キレよりも、形あるものに惹かれてしまうのは、職人の宿命なんでしょう。
逃した魚は大きかった!笑。
セレブになっていれば、今頃杉田かおると離婚騒動起こせたかもしれませんね!笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/15 17:44
Galleriaさん初めましてこんにちわ!
スイマセン。失礼かと思ったんですが、車とホンダとF1関係の記事に、あっちこっちトラバさせて頂いたんです。間違いではありません。またよろしくお願いします!
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/15 17:47
いつもお世話になってますharuです。
来るのが遅れて申し訳ありません。
F1を見ていると特に感じますね。少ないチャンスをものにしてチャンピオンや優勝を手にしたドライバーや、かたや実力はあるのに運が無いドライバー。でもマンセルやデイモン・ヒルのように苦労に苦労をさらに不運を重ねて最後栄冠をつかむ人もいます。
マチルダさんにもチャンスがあるかもしれません。

ところで本田宗一郎さんの息子さんは逮捕されたのではなかったでしたっけ?
haru
2005/09/15 18:59
haruさんおはようございます!押し掛けて無理矢理来させるような手法を取ってスミマセン。でも車好きな方にぜひ読んで頂きたい記事だったものですから。笑。
宗一郎氏の息子さんは確か無限の社長か何かやっていたんですよね?
栄枯盛衰の理ですねぇ。逮捕された詳しい事情は忘れましたが、お父さんの業績に泥を塗る事には違いないですよね。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/17 10:41
TBありがとうございます。
大きくなる企業の経営者は、皆したたかさを持っていますよね。
お爺さまみたいな方のおかげで、今のHONDAがあるのでしょうね。
hugoyaji
2005/09/18 09:10
hugoyajiさんこんにちわ!コメントありがとうございます。
人でも会社でも、大きくなるモノには必ずその土台になった存在が隠れているんだと思います。そしてスーパーカブが生まれて大ヒットして、今のホンダへと成長したんですねー。
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/19 16:36
ふぅー
TBできたぽい^^;
momo
2005/09/21 01:18
momoさん了解!
さっそく後で遊びに行きまっせ〜♪
マチルダベイビー(管理人)
2005/09/21 16:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
本田宗一郎氏と我が家 マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる