マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS ハーツ大健闘!(キングジョージ動画)やはりハリケーンランは強かった・・・

<<   作成日時 : 2006/07/30 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 12

本日の深夜に発走したキングジョージは、渋谷のプラザエクウスでパブリックビューイングが行われました!


終電間際の深夜にも関わらず、会場には300人以上の競馬ファンが集まったそうです。まぁ渋谷なら帰れなくても、時間を潰せる場所がいくらでもありますからね。でも盛り上がったでしょうなぁ。僕も行きたかったですよ。

レースは6頭立ての少頭数でしたが、かなり見応えのある面白いレースだったと思います。
予想された通り、エレクトロキューショニスト陣営の用意したペースメーカーのチェリーミックスが逃げました。2番手にもう1頭の世界ランク1位馬ハリケーンランが続き、日本のハーツクライはその後ろの3番手に控えました。エレクトロはハーツの直後、外目の4番手で虎視眈々と仕掛けるタイミングを窺っています。
途中、残り千メートルのあたりでハーツより先にエレクトロが動いて3番手に浮上。ハーツは入れ替わって4番手に後退。
さらに直線の入り口では、エレクトロがさらに押し上げてハリケーンを交わして2番手まで浮上。末脚勝負が持ち味のエレクトロが積極的に仕掛けて勝ちに行きます。その時、ハーツはハリケーンと並んで3番手の外目で直線を迎え、ハリケーンをインに閉じこめることに成功。ハリケーンは前にエレクトロ、外にハーツがいて身動きが取れなくなり、これでかなりエネルギーをロスするだろうと思いながら見ていました。
しかし、直線でエレクトロが緩やかに外にヨレてきてインが開くと、すぐさまハリケーンがその開いたスペースにもぐり込んでアッという間に抜け出しました。そのまま先頭に立って力強く押し切ってゴールイン。2着には一度はハーツに交わされながらも、しぶとく差し返してきたエレクトロ。ハーツは外から一旦は先頭に立ち、一瞬、
「もしかして勝っちゃうの!?」
と、束の間の夢を見せてくれる大健闘も、ラスト100Mを過ぎたあたりから急速にバテて失速。3着止まりでした。

画像


比較的落ち着いたレース展開の中で良く折り合っていたように見えたハーツですが、やはりアップダウンのきついアスコットの馬場がこたえたのか、最後の最後にパッタリと止まってしまいました。おそらくこれは欧州での経験の差、ホームアドバンテージではないかと思います。もう1回このコースで同じレースに出ることが出来れば、次は本当に勝てる気がしました。ただ来年もう1回となると、年齢的にもピークを過ぎているでしょうから、違う意味で勝つのは難しくなるかもしれませんが・・・。しかし、これだけ強い2頭に続く3着に食い込めたのは、残念だったけれども非常に価値ある大健闘だったと言えるでしょう。
1,2着の2頭は別格の強さだったように思います。ちょっと次元の違うスケールを感じました。ただ、改めて世界との距離が測れたようにも思います。これだけ強い相手でも、ディープインパクトなら十分にチャンスはあるなと。

勝ったハリケーンランはマジで強かったです。あの展開の中で最後までバテないんですから、本当にタフな馬。これで10戦8勝2着2回。父親のモンジューも、あのエルコンドルパサーを破った馬として日本でも有名。ヨーロッパの大レースではサドラーズウェルズ系には逆らえませんね。
この馬はフランスの厩舎に所属する馬。ということは凱旋門賞でさらに調子を上げてくる可能性大。どこまで強くなるのかと考えると恐ろしいぐらいです・・・。


キングジョージレース映像 → 動画
クリックするとレース映像が再生します。


エルコンドルバサー 王者の飛翔
エルコンドルパサー 王者の飛翔 [DVD]
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第42回小倉記念と3場メインの予想
 本当に今年のローカルは絶不調です。 いつもはローカルで挽回しているのに・・・これじゃ秋を迎えられないかも。 さて予想です。 ...続きを見る
こんなのアリ?
2006/07/30 13:16
キングジョージ ハーツクライは3着
レースの発走が近づくにつれて期待が高まっていった今年のキングジョージ。 ハーツクライは3着でした。 ...続きを見る
日記とか文章披露?
2006/07/30 15:50
日本馬ハーツクライ、英国G1Kジョージで3着!
日本馬ハーツクライ(ルメール騎手)、キングジョージY&クイーンエリザベスS(イギリス GT)にて3着! ...続きを見る
レオ吉のTENDRE POISON
2006/07/30 21:20
【キングジョージ】ハーツクライはディープの影に
56回キングジョージVI&クイーンエリザベスS(英アスコット、GI、3歳上、芝2400メートル、総賞金75万ポンド=約1億6200万円)に挑んだ日本馬ハーツクライ(栗東・橋口厩舎、牡5)は、直線の激しい叩き合いの末に3着。 ...続きを見る
僕は僕でもボクトベガ
2006/07/30 21:48
魂の慟哭 ハーツクライ キングジョージY&QEDS 3着!
昨日は例のごとく、いつレースが始まるか分からないという別の意味でハラハラして、レースを待ちました。 日曜出勤で遅くまで起きるのはつらかったのですが、ハーツクライを見守るため、目を見開いてテレビの前に正座してレースが始まるのを待ちました。 ...続きを見る
ネギ背負ってきました
2006/07/30 23:42
ディープインパクトは凱旋門賞を制覇する?
 10月1日フランスのロンシャン競馬場で開催される凱旋門賞に出走するディープインパクト。  凱旋門賞は2400メートルで行われ、過去10年の平均出走頭数は15.2頭で激戦が予想される。  相手もシロッコ、ハリケーンラン、エレクトロキューショニスト、デュラントーマスなどが予想される。(9月1日現在)  8月2日現在の英国のブックメイカー、による凱旋門賞のオッズは、ハリケーンラン3.25倍、シロッコ4.5倍、ディープインパクト5倍、エレクトロキューショニスト9倍、ディラントーマス10倍となって... ...続きを見る
tom5412@eBet
2006/09/06 01:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
マチベーさん、こんちは!トラックバック、ありがとうございます。

キングジョージ、上位3頭の三つ巴の対決というのはある程度予想してはいましたが・・・そう簡単には勝たせてはくれませんね。流石に「世界のG1」といったところでしょうか。ハリケーンランもエレクトロも強かったです。いかなディープインパクトでも・・・という気になります。高橋源一郎さんが「ディープなら勝てるでしょう!」と言ってましたけど、どうなんでしょうかね?
家元
2006/07/30 16:33
はじめましてm(__)m
こちらのおかげで映像を観ることができました。
ありがとうございます♪
結果がわかっていても力が入っちゃいました(^^ゞ

ロシアンブルーのマチルダちゃん、かわいいですね☆
よしの
2006/07/30 17:17
直線はマジで興奮しました!惜しかったですよねぇ。

エルコンはモンジューに阻まれ、ハーツはモンジューの子に阻まれ・・・。マチベーさんが仰るようにサドラーズが日本馬の伝説達成の前に立ちはだかりますね・・・。
コジーン
2006/07/30 22:08
はじめまして。トラックバックありがとうございます。
私は映像では競馬を見ていますが馬券からはかなり遠ざかっています。
なので思い入れというものもどうしても当時よりかは薄れます。
しかしこれに関してはほんとに気になって、
普段見たくもない「うまッチ!」なんて見てしまって…
あそこまでいってなんで勝てないの?って気になりました。
(ブログには書いてないこと言ってますが)
ルメール騎手が言うように、あのコースでやるには
1回実戦が必要だったのかもしれないです。
るーてん
URL
2006/07/31 10:59
スミヨンはムチの使いすぎで6日の騎乗停止。
デットーリも2日くらい騎乗停止になっていましたね。
それだけ、ハーツを捕まえるのに必死だったことがわかります。
そのハーツクライは来年も現役続行で、来年もキングジョージに出る意向とか。年齢的にプラスは厳しそうだし、来年は強い3歳がいるかもしれないですが、今年の遠征を糧にチャレンジして欲しいですね。
ハーツクライ程の馬が来年も走ってくれると、競馬も盛り上がります。
ディープはさすがに今年で引退でしょうかね。
kurufune55
2006/07/31 12:23
家元さんこんにちは!レス遅くてスイマセン!コメントありがとうございます!
>そう簡単には勝たせてはくれませんね。
この一言が全てですね!あそこまで本当に良く頑張ったし、確かに勝てるレースでした。それでも結果は3着。まさに「世界の壁」を嫌というほど味わわされるレースでした。
>高橋源一郎さんが「ディープなら勝てるでしょう!」と言ってましたけど、どうなんでしょうかね?
いや確かに勝てると思いますよ。ただし、あくまでも調整がうまくいき、ベストコンディションでベストのレースが出来れば、という大前提が必要でしょう。ディープなら勝てるだけの力は持ってますが、それを出し切らないと勝てないぐらいハリケーンもエレクトロもやたら強いです・・・。
マチベー
2006/08/01 12:07
よしのさん初めましてこんにちは!レス遅くてご免なさい!コメントありがとうございます!
>こちらのおかげで映像を観ることができました。
動画リンクを貼って良かったです!そんな方がいらっしゃるだろうと思いまして・・・貼って正解でした!笑。
>結果がわかっていても力が入っちゃいました(^^ゞ
ですよねー!僕も何回観てもつい力が入ってしまいます。あそこまで良く頑張ったなという思いと、あそこまで行ったら勝ちたかったなという思いが交錯して気持ちはとても複雑です!笑。
>ロシアンブルーのマチルダちゃん、かわいいですね☆
ありがとうございます!最近は写真が無くて猫の記事を全然UPしていないんですが、近いうちにまた復活する予定です。よろしければまたいらして下さいませ♪
マチベー
2006/08/01 12:14
コジーンさん引き続きコメントありがとうございます!
>直線はマジで興奮しました!惜しかったですよねぇ。
いや本当に熱くなるレースでしたよね!結果が分かっていて、何回も見ているんですが、何度見ても興奮するし悔しいレースです。エルコンの凱旋門賞の時も同じくらい興奮したし悔しかったですけどね。
しかしサドラーズ系はやたら勝負強いし底力ありますよね。日本やアメリカでは馬場が合わなくてあまり走らないですが、ホームのヨーロッパで2400M級のレースだとほとんど無敵ですね。この馬にディープが挑むのが楽しみでありますが、非常に目障りな目の上のたんこぶでもあります!苦笑。
マチベー
2006/08/01 12:19
ハーツはかなり惜しい三着ですよね。一瞬だけど先頭にも立つことができましたし、少頭数なりに細かい駆け引きもあって見ごたえのあるレースでした。

上位馬の実力差はなく、ハーツが勝ってもおかしくなかったと思いますが、やはりアウェイの不利というか体調がベストじゃなかった分、最後の100mで止まってしまったようでした。橋口師が言うように日本でやったら負けないというのは、けして負け惜しみだとは思えないですよね。

とりあえず今回のキングジョージを見て分かったことは、ハリケーンランの末脚がすごいということですね。道中はおっつける場面もあったけど、最後は一気に差しきってしまいましたしね。タイプとしてはディープに近いものを感じましたね。

考えようによってはかえって凱旋門賞が楽しみになったという見方もしたいですね。ディープには日本競馬の名誉や、競馬ファンの期待にこたえてもらいたいです。期待も大きいけど、かなり実現できる可能性があるんじゃないかというのは私だけの考えじゃないですよね。
たかっち
2006/08/01 12:21
るーてんさん初めましてこんにちは!コメントありがとうございます!
レース映像は見ているけど馬券は買っていないんですか。僕も同じ状況ですよ。このレースはホントに惜しかったですね。勝ってもおかしくないレースでしたが、やはり最後は地元欧州勢に屈した形となりました。
>ルメール騎手が言うように、あのコースでやるには1回実戦が必要だったのかもしれないです。
やはり騎手もそう言ってましたか。映像からも馬がかなり戸惑っている様子がうかがえて、コースのアドバンテージが相当あるなと感じました。騎乗していたルメールはさらに強く感じたことでしょう。1度コースを経験した今はもう1回走るところを見てみたいですね!
マチベー
2006/08/01 13:13
kurufune55さんこんにちは!レス遅くてスイマセン!コメントありがとうございます!
スミヨンとデットーリがムチの使いすぎで騎乗停止ですか。それだけ相手を本気にさせていたってことですよね。いや非常に惜しいレースでした。あれだけ強い2頭をあそこまで追いつめることができたのですから、ハーツもたいした馬です!あのアイリッシュダンスの息子がね・・・時の流れは早いとしみじみ感じますね!苦笑。
確かに年齢的には能力の上積みは期待できませんが、経験値の上積みは大いにありそうなので、来年も出走したら面白いかも?と考えが変わってきました。お母さんから晩成型の血を受け継いでいるようなので、何とかもう1年頑張ってもらいましょう!
マチベー
2006/08/01 13:18
たかっちさんこんにちは!コメントありがとうございます!
>少頭数なりに細かい駆け引きもあって見ごたえのあるレースでした。
おっしゃる通りで、ホントに見応えのある面白いレースでしたよね!
結果は惜しくも3着でしたが、慣れている日本のコースで戦えば十分に逆転できると思います。ヨーロッパでのアウェイの壁は相当高いですね。これを克服するのはやはりディープしかいないのかもしれません。可能性はかなり高いと思いますよ。ただ大負けしてもおかしくないことも確か。とにかくコンディションをいい状態にして出走することが大事ですね。思うに、ディープで凱旋門賞を勝てなかったら、あと50年ぐらいはチャンスが巡って来ないんじゃないかと思ってます。僕が生きているうちに1度ぐらいは日本馬に勝って欲しいなぁ!笑。
マチベー
2006/08/01 13:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハーツ大健闘!(キングジョージ動画)やはりハリケーンランは強かった・・・ マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる