マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 600,000,000円!?

<<   作成日時 : 2006/07/12 18:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

セレクトセール2006で史上最高価格が更新されたそうです!


画像



えー、ゼロの数と区切りの位置は合ってますでしょうか?笑。なにせ実生活では目にすることのないケタ違いの数字なもので、1個ずつゼロを数えながらでないと書けませんでした!苦笑。
今年のセレクトセールで写真の父キングカメハメハ×母トゥザヴィクトリーという超良血の当歳牝馬に6億円という史上最高価格が飛び出しました。
「フサイチ軍団」で有名な関口オーナーや、「アドマイヤ軍団」を率いる近藤オーナー、ディープインパクトらを所有する金子オーナーに、ドバイの王族の日本法人であるダーレー・ジャパンといった名だたる金満馬主達を抑えて落札したのは、日本のトップトレーナーである藤沢和厩舎のレーシングマネジャーを務めるという多田信尊氏。実際には複数のオーナーが出資しているということで、どうもこの方は競走馬を扱ったファンドを運営している方のようです。一口馬主の超高額バージョンといったところなのでしょうか?この1件で「競馬界の村上ファンド」などと呼ばれて苛められたりしないかと、他人事ながら少し心配です。
去年記録された最高価格4億9千万円を大幅に塗り替える新記録の誕生に、競馬マスコミのみならず一般紙でもこの話題は大きく扱われております。普通、セリで高値を付けるのは、活躍すれば種馬として高額で売買される可能性のある牡馬がほとんど。牝馬で億を越えるケースは非常に珍しく、ましてや史上最高値をマークするというのはかなりレアなケースです。この馬1代で元を取るのはよほどのことがない限り難しく、繁殖入りして子々孫々まで血脈を広げてくれることを期待してのお値段ということでしょう。入厩先は国内なのか欧州なのかまだ未定で、2年後にデビューして世界の大レース獲得を睨んでいるそうです。景気のいい話で・・・でも楽しみな存在です!





福島11R第42回七夕賞
1着Cメイショウカイドウ(3番人気)
2着Eコンゴウリキシオー(1番人気)
3着Gグラスボンバー(2番人気)

勝ちタイム 1:59.3
ハロンタイム  12.4 - 11.5 - 11.8 - 11.6 - 11.7 - 11.7 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 12.7
上り  4F 48.6 - 3F 36.8

小倉の大将Cメイショウカイドウが福島でトップハンデ59キロを背負って圧勝。勝ち時計の1分59秒3もあの荒れた馬場を考慮すればまずまずではないでしょうか。ハンデは少し軽かったようにも思いますが、レースは非常に強かったと思います。何年か前なら60キロ前後は課されていたでしょうが、最近はハンデが軽く済む傾向になっています。これも「サマー2000シリーズ」新設の副産物でしょうか。しかしこの馬は小回り平坦のローカル開催では抜群に強い馬です。これで重賞5勝目ですが全てローカルでのもの。ただ中央開催で力を発揮できないのでどうしても印象は薄くなりがちですね。一線級の集まる天皇賞秋では昨年も入着どころか二桁着順の大敗で、果たして今年もどうでしょうか。7年ぶりの福島でもキッチリ仕事をした武さんも相変わらずさすがです。僕がこのレースを買っていたら、メイショウとグラスの1点勝負で1着3着でしたね。荒れる七夕賞も今年は1−2−3着が3−1−2番人気で決まってガチガチの本命サイド。加えて7枠2頭はそれぞれ6着と8着では穴党は全く出る幕なしの七夕賞でした。






京都11R第11回プロキオンステークス
1着Cメイショウバトラー(7番人気)
2着Mシーキングザベスト(1番人気)
3着Hサンライズキング(9番人気)

勝ちタイム 1:22.0
ハロンタイム  12.0 - 11.0 - 11.5 - 11.7 - 11.6 - 12.0 - 12.2
上り  4F 47.5 - 3F 35.8

こちらは本命馬が2着に敗れ、1,3着には人気薄が飛び込んできてちょっとした波乱となりました。勝ったCメイショウバトラーは、1年半ぶりの長期休養明けを一叩きしての復帰2戦目。鮮やかな変わり身を見せました。よくここまで立ち直らせましたね。関係者には本当に頭が下がります。同馬は、芝ではかなりの実績を残していましたが、ダートではこれが初めての重賞勝ち。勝ち時計もなかなか優秀で、これだけ走れればダート路線でもかなりの活躍が見込めるのではないでしょうか。今後は脚元に負担のかかる芝よりもダートに路線転向した方が良いかもしれません。そして福島と京都でそれぞれ「メイショウ」の馬が勝ち、松本好雄オーナーはダブル重賞制覇。2冠馬メイショウサムソンも出した今年は、メイショウの松本オーナーには逆らえないのかな。オペラオーが古馬G1完全制覇した時の「テイエム軍団」と雰囲気が似てます。「メイショウ軍団」の総決算のような血統のこの馬が大きな故障からの復活を果たしての活躍。占いはあまり信じませんけど、星まわりってきっとあるんだなとは思います。



POGの達人 完全攻略ガイド 2006~2007年度版
POGの達人 完全攻略ガイド 2006~2007年度版
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第8回ジャパンダートダービーの予想
 今日は、大井競馬場で8回目のジャパンダートダービーが開催されます。 出走馬を見る限り、南関勢とJRA勢の対決って感じですね。 さて予想です。 ...続きを見る
こんなのアリ?
2006/07/12 19:45
国内セール史上最高の6億円馬が誕生
国内セール史上最高の6億円馬が誕生 ...続きを見る
ネギ背負ってきました
2006/07/12 23:09
七夕賞の回顧です
◆福島11R 七夕賞 1着 消メイショウカイドウ  武豊     1:59.3 2着 −コンゴウリキシオー 岩田康誠  1.1/4 3着 −グラスボンバー   勝浦正樹   1.3/4 4着 −サザンツイスター  小牧太     1/2 5着 −ホオキパウェーブ  田中勝春   3/4 ...続きを見る
ネギ背負ってきました
2006/07/12 23:10
6億円 ―― キングカメハメハの期待度
ディープの近親が高額で落とされたり、6億円の牝馬が登場したりして、馬産地はなんだかインフレ状態なんですねえ。昨年もそうでしたが、サンデーサイレンスというオールマーティーに使えるジョーカーのカードを失ったにも関わらず、高額で落札されていくというのは、模索しながらのこの結果なのでしょうか。それともそれだけ先物買いができる馬が揃っているのでしょうか。 血統についてはsamaiさんが五代血統表を掲載して頂いていますから詳しくはそちらを参考にしていただきたいですが 〔⇒当歳馬にろくおくえん・・・(http... ...続きを見る
misaranノート
2006/07/15 13:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
思わず指で「いち、じゅう、ひゃく、せん、・・。」と
数えてしまいました。仕事柄2・3千万ぐらいの現金の束は
見た事あるし、数えた事もありますけど、流石にその金額は
数えるとなると、指攣ります。
あれ?結局、2つの重賞は買わなかったですか?
夏競馬はお休みするって、前に書いてありましたけど。
2つ共当たった私は、調子こいて、今週もやる・・予定です。
まきろん
2006/07/13 15:43
6億・・・福沢諭吉ざっと6万人!目の前でみてみたいなぁ、そんな大金。しかし、持ってる人は持ってるんだなぁ。あやかりたいですよ、ホント!

家元
2006/07/13 23:19
トゥザヴィクトリーの仔はいまのところ体質が弱いということですが、
この仔はどうなんでしょうか。
金子氏は安くいい買い物をするイメージがありますが、今回は4億台まで競ったということで、本当にいい馬なのかもしれませんが・・・。

それにしても、キンカメ産駒は高いですね。
kurufune55
2006/07/13 23:26
まきろんさんこんにちは!コメントありがとうございます!
>思わず指で「いち、じゅう、ひゃく、せん、・・。」と
数えますよね〜。実際に目にすることのないケタの数字ですもんね。あるところにはあるんですよ。
>2つ共当たった私は、調子こいて、今週もやる・・予定です。
ツイてる時にはイケイケで攻めるべし!笑。僕は先週のレースは買ってませんし、しばらくは買わないと思います。レースは用があって出かけてる時でも、しっかりビデオに録画してチェックしてますけどね!笑。
マチベー
2006/07/15 17:53
家元さんこんにちは!コメントありがとうございます!
>6億・・・福沢諭吉ざっと6万人!目の前でみてみたいなぁ、
目の前で見たら目がくらんじゃいますよきっと!だから、見ないでいた方がいいんです!?←負け惜しみ?笑。
>しかし、持ってる人は持ってるんだなぁ。
本当にそうですね。あるところにはあるんですよ。無いところには全然ないんですけどね・・・無いところの住人マチベーでした!?笑。
マチベー
2006/07/15 17:56
kurufune55さんこんにちは!コメントありがとうございます!
>トゥザヴィクトリーの仔はいまのところ体質が弱い
今まではあまりパッと活躍した馬はまだ出てませんよね。それでいきなりこの値段がついたというのは驚きました。値段の高い馬が走るという訳ではないですが、今年のクラシックでのフサイチジャンクの人気を見ると、高い馬が走ると盛り上がるのもまた事実ですよね。
>それにしても、キンカメ産駒は高いですね。
それだけ期待が大きいということでしょうね。お父さんのキングマンボもとびきりの超良血でしたし、その血を受け継ぐ馬であるという期待も大きいでしょう。
マチベー
2006/07/15 18:03
こんばんは。

片や6億円で買われた2歳牝馬、片や約24万ドルで売られていく「神の馬」・・・購入価格が3000万ドルということは、その1%も帰ってこないってことですよね・・・。「高い買い物」って言葉では済まされないよな・・・。
家元
2006/07/16 00:16
家元さん再びありがとうです!返事が遅くてスイマセン!
競馬ビジネスの世界は残酷なまでにハッキリと金額に現れますよね。未知の魅力があるものに対しては、時に期待を込めすぎた金額が提示される反面、期待を裏切った者に対してはビックリするぐらい冷たいのもまたこの世界のシリアスな現実です。結果が分かっているから言う訳ではないけど、僕は最初から「神の馬」購入には反対でした。彼のレースぶりから見ていて、日本の競馬に向いているとはとても思えませんでしたから。話題性を重視したツケなのでしょうが、それにしても高すぎる買い物になりましたよね。
マチベー
2006/07/18 11:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
600,000,000円!? マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる