マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS ディープインパクトは凱旋門賞3着!厚かった「欧州」の壁・・・後編

<<   作成日時 : 2006/10/04 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 20

前回の続きです。


僕の考えるディープの凱旋門賞制覇を阻んだ最大の要因は別のところにあると思っています。それは何よりも「欧州文化の壁」です。今回のレースでは、どの陣営もレースのペースを作るラビット(ペースメーカー)を1頭も出走させていませんでした。これは何故か?欧州所属の有力馬の中に、ハイペースを必要とする折り合い難の馬がいなかったからだけでしょうか?僕はそうは思いません。これは欧州勢が差し馬であるディープを勝たせない為に、タッグを組んで示し合わせたことに他ならないと考えます。

普段はライバルとしてしのぎを削っている者同士でも、こと相手が「対アメリカ」や「対イスラム文化」、さらに「対アジア人」や「対アフリカ圏」といった異文化との対峙となると、驚くほどの強い結束力を持って一致団結し、全力を挙げてこれを潰しに立ち向かってくるのはヨーロッパ人の昔からの伝統でもあります。90年代のスキーのアルペン競技を思い出して下さい。当時、圧倒的な強さでアルペン複合を勝ちまくっていた荻原健司選手ら日本勢に何かとケチをつけ、ジャンプの得意な日本人選手が不利になるよう、距離とジャンプの得点配分やスキー板の使用規定などのルールを変更してまで、日本勢に勝たせまいと躍起になったスキー連盟。これを支配しているのもまたヨーロッパ人です。伝統的にヨーロッパが強い競技で他文化圏の選手が活躍すると、徹底的にそれを阻もうとするところは欧州保守派の得意ワザで、既得権益を守ろうとする時の団結力の強さは、日本のどこかの族議員さん達とも非常に良く似てます。

さらに言うと、ヨーロッパのレースでは厩舎や馬主といった「チーム単位」で戦うことが当たり前です。それは自動車レースのF1や自転車のツールドフランスを見ても分かる欧州で行われるレースでの、いわばしきたりのようなものです。日本でも同じチームがラビットを使うケースもありますが、欧州でのチームほど強制力も無ければ拘束力も無く、比較的、自立した存在としてのものです。
それに対して欧州でのチームの鉄則は絶対的です。F1でもチャンピオン争いをしているエースドライバーに、ワザとスローダウンして勝利を譲る場面をたびたび目にしますが、そのことでセカンドドライバーのスポーツマンシップが問題視されることもしょっちゅうです。なので、例えばもしディープがもともと逃げ馬だったとしたら、今回のような少頭数のレースになったでしょうか?否。今度は逆に、おそらく全ての陣営がラビットを用意し、多頭数競馬を作り出し、徹底的にハイペースを演出してディープを競り潰そうとしていたことでしょう。大変えげつないやり方のようにも見えますが、それもまたヨーロッパ社会の現実だと思います。

そしてもう一つ。ハリケーンランは既に去年の凱旋門賞を勝っていますので、今年の最大目標はまだ勝っていなかったキングジョージであったのではないかと想像できます。凱旋門賞連覇を狙って出走してきたと言われていますが、向こうの人は日本人ほど、同じレースの連覇というものにはあまりこだわりません。1度でも勝っていればそれだけで十分に名誉なことなので、同じぐらい格式の高い別のレースを勝ち、複数のビッグタイトルを手に入れることを目指す方が、同じレースを何度も連覇するより自然だと理解されているようです。
そしてもう1頭のシロッコも、去年のブリーダーズカップを制して既に世界的ビッグタイトルを既に手に入れています。となれば、A・ファーブル調教師の送り込んだ3頭の中で、いまだ大きなタイトルに無縁だったのはレイルリンクただ1頭。G1レースは1つ勝っているものの、BCターフ馬や凱旋門賞馬とは格が大きく違いすぎます。調教師にとって管理馬は、どれも等しく可愛い我が子のような存在であるのは当然のこと。であれば、いずれの馬にも同じように世界的ビッグタイトルを獲らせてあげたいと考えるのは、極めて自然なことではないでしょうか。そう考えていくと、今回のレースで一番警戒しなければいけなかった馬はレイルリンクだった、ということがおのずと分かるのではないかと思います。(もし内が開いていればハリケーンランが抜け出してきて、勝ってしまった可能性も否定できませんが。それだとディープはさらに下の着順になったかも?最後の直線で前が壁になる大きな不利がハリケーンにはありました)

画像


結局のところ、今回の凱旋門賞の勝者はA・ファーブル調教師であり、ディープは「欧州の文化」と「TEAMファーブルの戦略」に敗れたとも言えるかもしれません。さすがは凱旋門賞6度制覇の名伯楽だけのことはあります。
今度はジャパンカップにレイルリンクを招待して、日本馬に地元日本のレースでリベンジでもして欲しいものです。



ディープインパクト 三冠の軌跡
ディープインパクト 三冠の軌跡 [DVD]
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
残念、ディープ3着 凱旋門賞の結果
 10月2日深夜0時35分(日本時間。現地時間では17時35分)、フランスのロンシャン競馬場で行われた、芝の世界最高峰のレース、凱旋門賞に出走したディープインパクトですが、3着に破れました。 武騎手も言っていま... ...続きを見る
こんなのアリ?
2006/10/03 21:19
ディープインパクト応援日記
昨日の夜は、一生懸命見てました。 何をって?ディープインパクトの凱旋門賞をです。 ...続きを見る
農家の嫁の日記
2006/10/04 04:08
天馬も届かぬ、その頂とは。
日本中の期待を、その小柄な身体に背負い遠いフランスの地で挑んだ凱旋門賞。 ...続きを見る
Brotherhood of YOU a...
2006/10/07 00:56
天馬も届かぬ、その頂とは。
日本中の期待を、その小柄な身体に背負い遠いフランスの地で挑んだ凱旋門賞。 ...続きを見る
Brotherhood of YOU a...
2006/10/07 00:57
ディープインパクト伝説 凱旋門賞 【ディープインパクト メモリー】
2006年10月1日【ロンシャン競馬場】 ...続きを見る
ディープインパクト メモリー@ディープイ...
2007/02/20 16:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
マチベーさん、トラバありがとう!
実は私も同じ事を考えていました。
東アジアから来た馬に、伝統ある凱旋門賞を勝たせないよう、タッグを組まれたのでは・・・と。
だからこそ、武のあの“無言の背中”がすごーーーーーく納得できたのです。
まあ、それも駆け引きといえば仕方ないのですが。(日本の競馬だって、似たような事が無いとは言い切れないですし)
のんびり
2006/10/03 17:33
ふむふむ。物凄く熱く語ってありますね。
私は「斥量の問題」と「スタート良すぎた」と、勝手に職場の競馬好きの
今ちゃん似の男の子と、深夜にメールで慰めあって?ましたが。
1歳違うだけで、随分な斥量の差ですよね。
まあ、「ご苦労様。」としか言えません。あとは、「お供の馬達」と
無事に帰国してもらいたいです。
スプリンターズSで、好きなシーイズトウショウから買って失敗して
「やはり中山はダメなのかあ?」と一人で突っ込んで、「でも、ディープが
凱旋門で優勝してくれれば、今日はいいや。」と昨日思ってたけど
寒い一日でした。それにしても、スプリンターズS、三連単当たった人
居るんでしょうか?そりゃ居るんだろうな。あれ当たったら、私は来年
働かなくても余裕だ。三連複でもかなりついてたし。
まきろん
2006/10/03 18:40
TBありがとうございます。
スタート直後はファーブル厩舎の3頭に囲まれて完全な
ディープ包囲網≠チて感じでした。他の2頭に目がいってた
ところに伏兵強襲だからチームの勝利って言ってもいいかも
知れないですね。

あとペースメーカー欲しかったですね。良馬場で勝ち時計が
2分31秒7。2分30秒を切れなかったのは2回目ぐらいの
極端なスローな流れでしたね。少数頭で紛れがなくていいかなと
思ってたけど裏目に出たかな。
凱旋門に出れる程の馬をペースメーカーとして簡単に連れて
行けませんしやっぱり遠征って難しいと改めて思いました。

また読ませてもらいます。。
がっくん
2006/10/03 22:17
マチべーさん、TBありがとうございます!

A・ファーブル厩舎の3段構えには、やられましたねぇ〜
マチべーさんの言うのとはちょっと違うのかもしれませんが、3頭の内どれか1頭勝てばいいという雰囲気はあったような気がします。
勝ったレイルリンクは、終始ディープインパクトをマークしてたんで、どれか1頭がディープに先着すればいいというような思惑があったのかもしれません。
恐るべし、A・ファーブル調教師ですね。

武豊騎手が、フランス長期滞在したときに、フランスに呼んだのは、このA・ファーブル調教師。
そのときは、まれに見る厩舎のスランプの年だったので、武豊騎手には不運でしたが、武豊騎手を評価していたA・ファーブル調教師がこういった形で今回立ちふさがるとは、皮肉なものを感じてしまいます。
カモネギ
2006/10/03 22:20
こんばんは、はじめまして。私のような、競馬の「け」の字もちゃんと知らないようなものの記事に、TBをしてくださって、ありがとうございました。
非常に興味深い記事で、頷きながらよまさせて頂きました。
>伝統的にヨーロッパが強い競技で他文化圏の選手が活躍すると、徹底的にそれを阻もうとするところは欧州保守派の得意ワザで、既得権益を守ろうとする時の団結力の強さは、日本のどこかの族議員さん達とも非常に良く似てます。
スキーのみならず、スポーツの世界では、時々こういうことを見かけますよね^^;。
日本人選手が金メダルを取ると、必ずといって良いほど、次からは微妙にルールが変わる。これって、つまりそういうことだったんですね。いや〜なえげつなさを感じます。
ただ、ディープの闘争心がマックスにまで跳ね上がっていたならば、ぶっちぎりで勝っていたのでは? と、思わずにはいられません。素人の見方ですけど…。
またどこかで、強いディープを見てみたいです。
ではでは(^_^)/~
農家の嫁
2006/10/04 04:14
ちわー!!
今息子と一緒に記事読みました
さすがって言ってましたよ
彼は 翌日 スポーツ新聞3誌 買って読み漁ってました
私に熱弁を振るうのですが 訳わかんないって!!
半分しか理解してません
本命視されていた馬が・・・・ノーマークの馬が・・・
これが何よりの証拠ですよね!! 欧州と言うより フランス人のやりそうなことだって思います  何しろ 利己主義の塊ですからね!!
ただ 日本人のマナーの悪さに あいた口がふさがりません
欧州では 競馬って 社交場ではないですか!!
正装して来いとは言いませんが もう少し考えて行動してほしいですよね!!
deko-chan
2006/10/05 00:34
こんにちは^0^
武が毎回出てるCSの番組『武豊TV』で武がこう申しておりました。
「あんまり騒がれるのちょっと困ります」って。
司会の見栄晴とも「何が何でも日本の馬に勝たせないようにしてきますよね」と話してましたからね。
現実になっちゃったってことですよね。
ろこ
2006/10/05 15:09
>日本人選手が金メダルを取ると、必ずといって良いほど、次からは微妙にルールが変わる。これって、つまりそういうことだったんですね。いや〜なえげつなさを感じます。

横から割り込み失礼します(ぺこり)
私が知ってる限りでは、この間のスキージャンプの板が改正されたケース。
あと、かなり昔の話なのですが、日本が体操王国だった頃、個人総合の上位を日本選手が占めるのを警戒して、ロシア(当時はソビエトですね)が「個人総合では、一カ国に○人までしか出場できない」というルールを作らせた・・・という話を聞いたことがあります。もっともその後、ソビエトが体操王国になり、自分が提案したルールによって自国の選手が○人までしか出場できなくなった・・・というオチもあったみたいですが。
(上の話は、体操が放送された時、解説者が言っていたのをうろ覚えてたので、ちょっと間違えて覚えてるかもしれませんが)
競馬と関係ない話でごめんね〜、マチベーさん^^;
のんびり
2006/10/05 17:16

欧米スキーもですが、もはや日本の文化である柔道まで日本が不利になるようにルール改正ですからね。未だに黄色は見下されてます・・・。

斤量差だってようするに地元(もしくは近国)有利のためですし、エルコンのときも完全に包囲網できてましたし、なーんかすっきりしませんよねぇ・・・
そんな小細工に負けないくらい圧倒的なパワーでねじ伏せたいんですが、
ディープでもだめだと・・・
コジーン
2006/10/05 18:37
のんびりさんこんばんは!返事遅くてスイマセン!コメントありがとうございます!
>東アジアから来た馬に、伝統ある凱旋門賞を勝たせないよう、タッグを組まれたのでは・・・と。
ヨーロッパと同じぐらい保守的な日本だって似たようなことやってますからね。だから人のことは言えないんですが。相撲で外国人力士ばかりが勝つとつまらないという批判も起きてきますし。
追伸:そういえばやり方あれで分かりましたか?汗。
マチベー
2006/10/05 18:56
まきろんさんこんばんは!返事遅くてスイマセン!コメントありがとうございます!
>ふむふむ。物凄く熱く語ってありますね。
ちょっとやりすぎですか?競馬に興味のない人達には理解不能な世界でしょうな!笑。
>1歳違うだけで、随分な斥量の差ですよね。
日本の2キロ差でも3歳馬の方が勝率が良くなってきているのに、3.5キロはいくら何でもね〜。
>スプリンターズS、三連単当たった人居るんでしょうか?そりゃ居るんだろうな。
ですね。どこかにはいるハズです・・・かなり羨ましい人ですね!?苦笑。あれを当てるのは宝くじ並みですよね!笑。
マチベー
2006/10/05 19:01
がっくんさんこんばんは!返事遅くてスイマセン!コメントありがとうございます!
>あとペースメーカー欲しかったですね。
それが出せなかったことがディープ陣営の最大の敗因かもしれません。スローが嫌なら自前でペースメーカーを用意するというのが欧州の大レースでの鉄則なんですよね。ディープ陣営もそれぐらいのことは分かっていたハズなんですが、それだけの馬をディープだけの為にフランスまで連れていくことは難しかったのかもしれませんね。だからこそのチーム力勝負なんだと思います。
>また読ませてもらいます。。
ありがとうございます!競馬がメインのハズなのに、最近は経済的事情で勝負できないもので競馬の話題は少な目ですが、よろしければまたお越し下さいませ!
マチベー
2006/10/05 19:09
カモネギさんこんばんは!返事遅くてスイマセン!コメントありがとうございます!
>A・ファーブル厩舎の3段構えには、やられましたねぇ〜
さすがですよね。だてに凱旋門賞6回も制してません。狙ったレースをキッチリ勝てるだけの持ち駒を揃えている層の厚さは、マネしたくてもマネできないですよね。
>武豊騎手を評価していたA・ファーブル調教師がこういった形で今回立ちふさがるとは、皮肉なものを感じてしまいます。
ホント皮肉なものですね。あの頃はファーブル厩舎のスランプの時期だったんですね。巡り合わせの悪さを感じます。武の実力を認めていたからこそ、有力馬3頭の力を最大限に発揮してディープを負かしに行ったのでしょう。それ自体はフェアなことですのでこちらとしては何も言えませんよね。
マチベー
2006/10/05 19:15
農家の嫁さんこんばんは!返事遅くてスイマセン!コメントありがとうございます!
>ただ、ディープの闘争心がマックスにまで跳ね上がっていたならば、ぶっちぎりで勝っていたのでは? と、思わずにはいられません。
そのご意見も凄く良く分かります。僕の考えでは休み明けぶっつけではなく、ステップレースを1回使っていれば、おっしゃるような闘争心マックスに近い状態まで持っていくことが出来たのではないか?と思っています。
>またどこかで、強いディープを見てみたいです。
それはファンの皆に共通する思いですよね!今年もレースを使うという話も聞こえてきますので、JCか有馬あたりで見られるかもしれませんよ!またよろしくお願いします!
マチベー
2006/10/05 19:21
deko-chanこんばんは!コメントありがとうございます!
>今息子と一緒に記事読みました
さすがって言ってましたよ
アハ、息子さんが認めて下さっているんですか?それは凄い光栄です!よろしくお伝え下さいね!笑。
>ただ 日本人のマナーの悪さに あいた口がふさがりません
>正装して来いとは言いませんが もう少し考えて行動してほしいですよね!!
テレビのニュースで、いきなりTシャツ姿やジーンズ姿の日本人観光客がアップになった時には「ああ、やっぱりやっちゃったか・・・」とガックリきました!苦笑。ヨーロッパの方々は、ダービーとか凱旋門賞などでは最高にドレスアップして観戦しに来ますよね。日本のディープ応援団も一張羅を用意して応援に行ってもらいたかったなぁ。でもスーツ姿の日本人もけっこういるのが映ってました。分かっている人はちゃーんと分かってます。
マチベー
2006/10/05 19:27
ろこさんこんばんは!コメントありがとうございます!
>武が毎回出てるCSの番組『武豊TV』で武がこう申しておりました。
「あんまり騒がれるのちょっと困ります」って。
その気持ちは凄く良く分かりますよね。しかしながら、日本のマスコミ陣はその真意を全く理解していなかったようです。あちらの厩舎や競馬場でレースの何週間も前から大騒ぎして、ディープ包囲網をあおるような行動を取り続けてました。そしてまんまと武の懸念が的中し、強力な包囲網を作って出迎えてくれたという訳です。日本のテレビ局の皆さんはディープに勝ってほしくなかったんでしょうかね〜?苦笑。
マチベー
2006/10/05 19:32
のんびりさんこんばんは!再びコメントありがとうございます!
>もっともその後、ソビエトが体操王国になり、自分が提案したルールによって自国の選手が○人までしか出場できなくなった・・・というオチもあったみたいですが。
因果応報というヤツですね。人に意地悪するより、自分が強くなることの方がよっぽど大事なことのハズなんですがね。ロシアの皆さんはそのことをよく学習されたことでしょう!笑。
>競馬と関係ない話でごめんね〜、マチベーさん^^;
いえいえ。競馬とは関係なくても、スポーツ全般に関係することなのでもちろんノープロブレムです!笑。
マチベー
2006/10/05 19:35
コジーンさんこんばんは!再びコメントありがとうございます!
>欧米スキーもですが、もはや日本の文化である柔道まで日本が不利になるようにルール改正ですからね。
確かに柔道のルール改正でさえ、日本は主導権を握れませんでしたね。ヨーロッパ人による強硬なアジア軽視の行動は手強いですな〜。いや、感心している場合ではいけませんね!日本スポーツ界のお偉いさん方にもっと頑張ってもらわないと!汗。
>そんな小細工に負けないくらい圧倒的なパワーでねじ伏せたいんですが、ディープでもだめだと・・・
でも思ったより早くディープクラスの馬が出てきた気もします。ということはディープの次も意外に早く登場するかもしれませんよ。ひょっとして、来年あたりはメイショウサムソンが凱旋門賞でアッと言わせてるかも!?爆。いや、サムソンは深い芝の合いそうなオペラハウス産駒ですから、あながちあり得ない話じゃないと思ってるんですがね〜!?笑。
マチベー
2006/10/05 19:41
>そういえばやり方あれで分かりましたか?汗。

今朝、時間が出来たので、さっそく実験させてもらいました。
バッチリですъ( ゚ー^)

>日本だって似たようなことやってますからね。

かつて、地方の馬&騎手らが挑戦しに来ると、中央の騎手らで連携包囲してたんじゃないかと思います。^^;
それも作戦なのでしょうが、だからこそ金星をあげると拍手喝采でしたよね!

のんびり
2006/10/07 11:12
のんびりさんこんばんは!再びコメントありがとうです!
やり方分かったみたいで良かったっす!まずは任務完了ってところですね!笑。
>かつて、地方の馬&騎手らが挑戦しに来ると、中央の騎手らで連携包囲してたんじゃないかと思います。^^;
競馬サークルというのはかなり閉鎖的な社会なので、どうしても保守的になりがちなのかもしれませんね。それは日本だけでなく、海外も同じということなのかもしれません。それだけに、ディープには包囲網を打ち破って勝って欲しかったけどな〜。やはりファーブル厩舎の層の厚さに負けたってところでしょう。
マチベー
2006/10/07 19:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ディープインパクトは凱旋門賞3着!厚かった「欧州」の壁・・・後編 マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる