マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS カワカミプリンセス降着!フサイチパンドラG1初V!エリザベス女王杯回顧

<<   作成日時 : 2006/11/13 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 10

先日のエリザベス女王杯は、無敗の2冠馬で1番人気のOカワカミプリンセスが圧勝したと思いきや・・・。


トップでゴールしたカワカミがまさかの降着で大ドンデン返し。G1レースでの1着馬降着はあの91年秋の天皇賞でのメジロマックイーン以来ですが、個人的には96年秋のエリザベス女王杯で2着に入線したヒシアマゾンが斜行で7着降着となったレースの方が強く思い出されたマチベーです。
なぜかといえば、マックイーンの秋天では降着によって当たっていたハズの馬券がただの紙クズへと変貌しましたが、ヒシアマゾンのエリ女では一転して、中館の斜行によりハズレ馬券が復活して大当たり馬券へと大変身したからです!馬連1点買いで勝負していたもので、アマゾンまさかの激走でダメだったかと諦めていたのが復活した時の喜びといったら・・・!競馬好きな人間というのは悪い思い出より良い思い出の方を良く覚えていることの多い都合の良い生き物です。私もその例に漏れません!笑。今回も2冠馬の斜行によって、笑った人、泣いた人が大勢いたことでしょう。

2006年11月12日(日)6回京都4日11R第31回 エリザベス女王杯
1着Nフサイチパンドラ(7番人気)
2着Gスイープトウショウ(2番人気)
3着Jディアデラノビア(4番人気)
 ・
 ・
 ・
12着Oカワカミプリンセス(1番人気:1着入線も降着

勝ちタイム 2:11.6
ハロンタイム 12.5 - 10.6 - 11.7 - 11.3 - 11.3 - 12.2 - 12.5 - 12.8 - 13.0 - 11.5 - 12.0
上り 4F 49.3 - 3F 36.5

今年はゆったりしたペースになるのでは・・・という大方の予想を裏切り、ハナに立ったルメール騎乗のEシェルズレイが千メートル通過57秒6という暴走気味の大逃げをうち、今年のレースを事前の予想とは全く違ったものへと変ぼうさせました。11ハロンという長い距離をこのペースで逃げきることは難しく、逃げた馬は直線入り口で早々に失速。そこを好位で控えていた実力馬達が一気に差を詰め、アッという間に交わして先頭に立ったのがカワカミでした。
ラストの直線でのカワカミの鋭い決め脚は際立っており、圧倒的な強さでの牝馬G1三連勝達成か・・・と思わせたのも束の間、スローで見ると明らかに勝ったカワカミが他馬の進路妨害をしています。しかも進路を妨害された側の馬は、ただならぬ被害を受けている様子が見てとれました。この時「もしやマックイーン以来のG1降着馬誕生か・・・?」と気になって注視していましたが、福原アナら東京のフジTV中継陣もそれほど深刻には心配していないような気配でした。
どこからどう見ても勝ち馬が審議の対象となっているにも関わらず、TV中継の関西TVアナウンサーと解説の大坪元雄さんは斜行に全く気付いていないのか、カワカミの勝利を何ら疑うことなく「この次は有馬に行って男馬に挑戦して欲しいですね〜」「タフな馬なら有馬じゃなくてジャパンカップでもいいんじゃないでしょうか?」などと、至って脳天気なトークを繰り広げてます。

実はマチベーは昼間でかけていた為に、夜になって帰宅してからビデオで観戦しておりました。帰宅途中にバスの中で知らないオヤジが「カワカミパンドラ強かったな!」「アイツは相当強いね!」などと話している会話を小耳に挟んでしまい、なんとなくOカワカミプリンセスが勝ったんだろうな〜と思っていたんですよ。でもオジサン、カワカミはパンドラじゃなくてプリンセスだよ・・・とこれまた心の中でツッコミながら帰宅していたのですが、まさか降着が起きていたとは・・・家で映像を確認して大変に驚き、ここでようやく、さっきの見知らぬオヤジがQカワカミプリンセスカワカミパンドラと間違えていたナゾが解けました。それほどまでに混乱しちゃってたんですね。
しかし、このレースを実況していて、あそこまで降着の問題を無視し続け、どうせこのまま何事もなく確定するだろう・・・といった安易なスタンスで、レース中継を行っていた関西テレビには教育的指導が必要では?あまりに不用意すぎると感じました。もうちょっと状況を見極めた中継を心がけて欲しいものです。

降着したカワカミに騎乗していた本田優騎手は言うまでもなく騎乗停止処分に。本人も「馬にかわいそうなことをした。すべて僕の責任。勝っている。馬は強いよ」と語っているそうですが、
あの状況で左ムチを連打して内へと進路を導いているだけに、弁解のしようがなく情状酌量の余地もありませんでした。これでデビュー以来5連勝中だったカワカミは初黒星。馬の強さが際立っていただけに、とても残念なレース結果となりました。

勝ったNフサイチパンドラは重賞初制覇。デビュー2戦目でいきなりG1に挑戦して2番人気の支持を得た良血の素質馬。これまで重賞2着2回、3着3回と常に好走を続けていながら、あと一歩タイトルに及ばない結果が続いていたフサイチですが、思わぬ形で初タイトルが転がり込んだことになりました。カワカミに先着は許しているものの、速い流れで引っ張ってもらったことで、メンタル面に問題のあるこの馬にとってはラッキーな援護射撃となるハイペース。折り合い面の不安もあり、距離的には1800〜2000Mぐらいがいいように見えますが、良い結果が出ているのは2200〜2400Mのレースというのが不思議な気もします。関口オーナーは相変わらず強運の持ち主ですね〜。これで先日、骨折で長期休養入りしたザサンデーフサイチの不運も何割かはペイしたことになります!さすがは転んでもタダでは起きない男。同じ男として見習わないといけませんね!?笑。

人気を分けたGスイープトウショウも、相変わらず見事な切れ味を発揮してよく追い込んできましたが、ちょっとコース取りが外に振られすぎました。いくら追い込み馬とはいえ、直線に坂のない京都であれだけ外をまわると、よほど実力差のある馬が相手の場合でない限り、まとめて差し切るのは難しいと思います。あれがあの馬のスタイルとはいえ、レース運びにややもったいなさを残す結果となりました。でも実力的にはやはり牝馬の中ではトップではないかと思います。今後の予定は未定とのことですが、実力を兼ね備えた個性派だけに、今年の有馬や場合によっては来期の大レースにも出てきて欲しい馬です。

画像




バカになるほど成功する!!赤っ恥学
バカになるほど成功する!!赤っ恥学 (宝島社文庫)
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今週グレードは馬単のみ!3本の万馬券!(重賞他)の結果・反省・回顧
〜エリザベス女王杯・京王杯2歳S・京都ハイジャンプ・福島記念〜 今週グレードはエリザベス女王杯・京王杯2歳S・福島記念と馬単のみの的中となったが他の万馬券は11/11衣笠特別馬単15350円3連複16420円的中!11/11高湯温泉特別馬単23970円3連複447.... ...続きを見る
今週のターゲット
2006/11/13 18:21
後味の悪さが残る エリザベス女王杯回顧
当初の予定から馬券はかなり手広く買ったエリザベス。 ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2006/11/13 20:14
フサイチパンドラ優勝(エリザベス女王杯結果)
レース終了直後まで確かに自分の手元にあった馬券は的中していたんだ。 でも、レースが確定して、見てみると紙くずになっていたんです… ...続きを見る
日記とか文章披露?
2006/11/13 23:00
エリザベス女王杯と土曜重賞、秋のG1祭の結果
 今回のエリザベス女王杯はなかなか見応えがあったのですが、なんだか後味の悪いことになっちゃいましたね。 さて、結果です。 ...続きを見る
こんなのアリ?
2006/11/13 23:22
エリザベス女王杯を振り返る
カワカミプリンセス、1位入線!!! ファインモーション以来の無敗のエリザベス女王杯制覇。 はたまた、女ディープインパクトと形容されるかのような勝利。 ...続きを見る
ネギ背負ってきました
2006/11/14 00:07
「第31回エリザベス女王杯」の結果だのそ
 終わりました!エリザベス女王杯。 ...続きを見る
のそのつぼやき
2006/11/14 14:25
降着の訳=≪回顧≫
≪福島記念≫ 狙い通り≪社台独占≫で終わったが ◎にしたヴィータローザはオトリだった。 この古馬で「スペシャルウィーク産駒」を持ってきたことも大きいのではないか。 ...続きを見る
JRAへの戦略【〜未来予想〜】
2006/11/14 16:28
予想は外れでも馬券は当たり、エリザベス女王杯回顧
POG馬のレースドールが未勝利を勝ち上がり。 白毛の馬体は見映えがあっていいですね。 来週の東スポ杯2歳Sにはフサイチホウオーが出走予定で今年のPOGは順調にきてます。 1着 ○フサイチパンドラ 2着 △スイープトウショウ 3着 ディアデラノビア 4着 ◎アサヒラ.. ...続きを見る
BARBON STREET
2006/11/14 18:16
予想は外れでも馬券は当たり、エリザベス女王杯回顧
POG馬のレースドールが未勝利を勝ち上がり。 白毛の馬体は見映えがあっていいですね。 来週の東スポ杯2歳Sにはフサイチホウオーが出走予定で今年のPOGは順調にきてます。 1着 ○フサイチパンドラ 2着 △スイープトウショウ 3着 ディアデラノビア 4着 ◎アサヒラ.. ...続きを見る
BARBON STREET
2006/11/14 22:14
カワカミプリンセス「本田騎手で」
エリザベス女王杯で降着となったカワカミプリンセスに騎乗の本田優騎手が年内引退を示唆... ...続きを見る
ヤフーアンケートから見る現代社会
2006/11/21 13:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。トラックバックありがとうございました。

昨日のプリンセスの降着にはビックリしました。ディープの初黒星(去年の有馬記念)よりも切ない気持ちになりました。まさかこんなんで連勝がストップするとはね〜。プリンセスに全財産をつぎ込んだ世のお父様方は、どこにやりきれない思いをぶつければよいのやら?
家元
2006/11/13 23:20
カワカミプリンセスのファンでもないし、応援もしてなかったけど、
本田が台無しにしたなwwwもう引退した方がいい。いいきっかけだしwww

わたしゃ、馬券は買ってなかったんですが、ずっとスイープのファンでして・・・・・。

まぁ、あの馬は展開に左右されるし、キレれるときにしかキレないしorz
だから、おもしろいんだが・・・・。

いつでもあの切れ味が出せるんだったら、いつでもハーツクライに勝てるってことだし・・・それはあり得ないし。

ゼットン
2006/11/13 23:25
毎度お世話になってます。

G1での降着は、どうしてもメジロマックイーンの方が大きく取り上げられがちですが、ことエリザベス女王杯に限ればヒシアマゾンの2着降着ってのもありましたね。私もその時はタナボタ的中にあやかった一人でした(苦笑)。
天皇賞(秋)の時は7枠のマックイーンが降着しても同枠のカリブソングが繰り上がって枠連はそのままだったような気がします。今回は本来なら8枠のゾロ目が的中ですが、結果的には枠連4-8の堅い馬券になってしまいましたね。ギャンブルである以上、高配当は魅力ですが枠連というのがなくならないのも馬券の魅力のひとつだな〜と考え直してしまいますね。

まあ今回はフサイチは馬券の対象にしていなかったので、降着しようがなかろうがあまり関係なかったですね。
たかっち
2006/11/14 08:48
残念な結果ですよね。
無敗のG13連勝牝馬が男馬に挑む・・・楽しみだったのに。

ヒシアマゾンの時は自分は反対に降着馬券を1点で買っていましたw
ゴールした瞬間に冬に向けてダウンジャケットを買うって決めただけに、かなり悲しかったです。その年の冬は寒かった(笑)

G1は購入している人も多く、額も多いですから、ジョッキーは降着に至るような騎乗にならないよう本当に気をつけて欲しいですね。
kurufune55
2006/11/14 11:14
 こんにちは(*^_^*)
そういえば、ヒシアマゾンの時は、私も喜んだ方でした。
まだあの頃は、競馬を始めて間もない頃だったのですが・・・懐かしいな(*^。^*)
 カワカミプリンセス、かわいそうでしたね。
私はもともとパンドラを買っていなかったので1,3着のワイドしか絡んでいなかったので傷も浅いですが、がっかりした方は多かったでしょうね〜。
今週は当てたいなあ。
のそ
2006/11/14 14:31
家元さんこんばんは!返事遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>ディープの初黒星(去年の有馬記念)よりも切ない気持ちになりました。まさかこんなんで連勝がストップするとはね〜。
ガチンコ勝負で力負けしての連勝ストップならファンも納得できるでしょうけど、馬の力は完全に勝っていただけに何とも後味の悪いレースになりましたよね。ホントに思いもしなかった「まさか」の結末でした。プリンセスにはまた改めて頑張って欲しいですね。
マチベー
2006/11/15 17:45
ゼットンさんこんばんは!お体の方はもうすっかり回復されましたか?返事遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>本田が台無しにしたなwwwもう引退した方がいい。いいきっかけだしwww
なんか新聞の報道では本田騎手引退って書かれてますね。直接の理由ではないのかもしれませんが、今回の一件が大きなきっかけになったことは確かですよね。僕の想像では、本田はこの馬に騎手生命の全てを賭けていたんだと思います。それが自分のミスでこんなことになったので、引き際を考えたのではないでしょうか。来年は誰がプリンセスに乗るんですかね。スイープは力では上回っていると思いますがやはりコースロスが大きすぎましたね。
マチベー
2006/11/15 17:52
たかっちさんこんばんは!返事遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>まあ今回はフサイチは馬券の対象にしていなかったので、降着しようがなかろうがあまり関係なかったですね。
僕もたぶん同じです。もし馬券を買っていたとしても、スイープから流してパンドラは買わなかったと思うので、降着うんぬんに関わらずどのみち外れていたと思います!笑。たかっちさんもアマゾン降着で得をした1人でしたか。高配当の出る3連単が主流になっても、ワイドや枠連の需要はしっかりありますよね。投資で考えるならワイドや馬連の方がかえってお得なぐらいかもしれません。
マチベー
2006/11/15 17:57
kurufune55さんこんばんは!返事遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>ヒシアマゾンの時は自分は反対に降着馬券を1点で買っていましたw
お、こちらは降着で泣いた方でしたか。アレはなかなかキツイですよね。せっかく当たって喜んでいるところに悪夢の宣告が来て、まさかの大ドンデン返しに目の前真っ暗・・・。長く競馬をやっていれば誰もが一度は通らなければいけない道なのかもしれません。僕もダウンジャケットではないですが、自分の買い間違いで革ジャンがパーになって寒かったことがありました。
マチベー
2006/11/15 18:02
のそさんこんばんは!返事遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>そういえば、ヒシアマゾンの時は、私も喜んだ方でした。
お、こちらも同じく喜んだ側でしたか。あの時は「まさか、こんなことってあるの!?」というのが一番の感想でした。あんなサプライズなら何回でも味わってみたいですけどね!笑。
>カワカミプリンセス、かわいそうでしたね。
斜行しなくても完全に勝てるだけの手応えがあったと思うので、あのミスは本当にもったいなかったです。でも最優秀3歳牝馬の座だけは揺るがないし、異論を挟む人も少ないと思います。
マチベー
2006/11/15 18:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カワカミプリンセス降着!フサイチパンドラG1初V!エリザベス女王杯回顧 マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる