マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 松ヶ根乱射事件 も新宿で観ました!

<<   作成日時 : 2007/03/13 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

本当はレイトショーで『鉄コン筋クリート』が観たかったんですが、その時間まで待ちきれずに『松ヶ根乱射事件』のほうを観てきました。

画像


あらすじ
鈴木光太郎は事件らしい事件が起きないこの町で警察官をしている。光太郎の双子の兄・光は家の畜産業を気まぐれに手伝っている。ふたりの父親・豊道はダラダラした生活と性格が災いしてなんとなく自宅に居辛くなり、家出中。母は父を怒るでもなく放置したまま。モテるためには30万を迷わず出す幼馴染、頼まれればすぐに下着を脱いでしまう娘……。この町にはどこにでもいるような、でもちょっとおかしな住民が住んでいる。
ある日、どうも訳アリなカップル・西岡佑二と池内みゆきが松ヶ根へやってくる。ひき逃げ、金塊、ゆすり、床屋の娘の妊娠……彼らの来訪をきっかけに、この町のバランスは微妙に崩れ始める……。

公式サイトより引用 → http://www.matsugane.jp/

監督:山下敦弘
出演:新井浩文 山中崇 川越美和 木村祐一 三浦友和 キムラ緑子 烏丸せつ子 安藤玉恵 榎木兵衛 西尾まり

僕としては凄く見づらい映画だなーというのが一番強く残った印象。一番引っかかったのは、1シーン、1シーンがあまりに短すぎて、キャベツの千切りでも見せられているような気分になったところ。その細切れなカット割りのところどころに出てくる、ちょっとエッチなシーンだけしか記憶に残りませんでした!笑。
そのちょいちょい出てくるエロいシーンだって、露出は抑え気味だし演じる女優さんも地味だしで、目の保養になるほど楽しめる訳でなく至って冴えない。さびれた田舎町の濃密すぎる人間関係が生々しく描かれているのは確か。地味な生々しさがウリなのか?

僕がわりと気に入ったのは、主人公の父親役を演じていた三浦友和さんかな。近所にある床屋の2階がちょんの間で、自分の娘を売っているおばちゃんも凄いが、その売りものの若い娘を妊娠させてしまう主人公の父親も凄い。しかも主人公とは親子でありながら兄弟というのもまた情けない。この村では、村の男ほとんどが兄弟なのかもしれないけどね!
こんなとんでもなく汚れな役をあのハンサムな友和さんが演じているというのもミスマッチなキャスティングで○。キム兄は演技というより素で出演しているみたいで怖さ倍増。下手ウマな演技で何とも言えないけどなんとなく○。

この映画の監督・脚本を手がけた山下敦弘さんは若手の実力派と高く評価されているのだそうです。他に「リンダ・リンダ・リンダ」とか、実写版の「くりいむレモン」なんかも監督されているそう。
シュールな映像とナンセンスなセリフ回しでブラックユーモア的な世界を狙っているっぽいこの作品。ところどころでちょくちょく「クスクス」とか、「ギャハハ!」と喜んで笑っている観客もいましたが特定の少数だけ。もちろん僕だって、何回かは「クスッ」っと笑いましたけどね。でも残りの大半の時間はほとんどあくびが止まらなかったかなぁ。
この作品は新聞の批評では絶賛されてましたし、何かのテレビ番組でも褒めちぎってました。
けど、正直なところ、僕には全くその価値が分からない作品。いいとか、悪いとか評価できません。単に価値が分からない作品だっただけです。あくまで僕のような芸術方面にうとい凡庸な人間には分からないだけで、見る人が見れば凄く価値のある作品なんですきっと。


くりいむレモン スペシャルエディション
くりいむレモン スペシャルエディション [DVD]
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キム兄、改名していた「昔はハンカチ王子を同じ佑」
お笑いタレント、木村祐一(44)が17日、東京・新宿のテアトル新宿で行われた出演映画「松ヶ根乱射事件」(山下敦弘監督)の公開記念トークショーに出席し、子供時代に改名していた事実を明かした。 最初に両親から付けられた名は、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手(18)と同じ字が使われた「佑一だったんです」と告白。だが、「小学校3年か4年の時に(人名に使う範囲とされていた)当用漢字から佑が外れたので、戸籍 ...続きを見る
芸能☆極秘☆ニュース
2007/03/20 19:00
ダウンタウン汁・お笑い頭脳バトル・チンコマン
こんにちは トラックバックさせていただきます。 You Tube ダウンタウン 動画を、お楽しみください。こんなタイトルの動画を紹介するのは、どうかなとも思いましたが、世間の人気、お笑いコンビですから、いたしかたないですね。ゲストをいっぱい呼んで、放送禁止用語スレスレのとこで、笑いをとっている彼らの涙ぐ... ...続きを見る
YouTube ダウンタウン 動画
2007/03/28 13:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「リンダ・リンダ・リンダ」はペ・ドゥナが好きなので観ました。
なので松山ケンイチはLより「ソジャングルr…」のイメージが強いです。
その監督さんがガロ系の漫画のような作品をとっておられたとは。
観てみたいです。もしかしたらツボかも。
きりしまあんにゃ
2007/03/13 13:14
きりしまあんにゃさんこんばんは!コメントありがとうございます!
>観てみたいです。もしかしたらツボかも。
こういう系統はお好きですか?それならばもしかすると凄くハマるかもしれませんよ。とにかく好き嫌いがハッキリ分かれる作品でしょうね。僕もこういう系統はけっこう好きです。けどやっぱりちょっと見づらさが減点かなぁ。
マチベー
2007/03/14 20:46
親子でありながら兄弟というところで、「華麗なる一族」?って思ってしまいました。
ドラマ見すぎですね。
なんか微妙ーにシュールそうな映画ですね。
確かに、嵌まる人には嵌まりそうです♪
みょうがの芯
2007/03/17 01:01
みょうがの芯さんこんにちは!コメントありがとうございます!
>親子でありながら兄弟というところで、「華麗なる一族」?って思ってしまいました。
兄弟は兄弟でも世の中にはいろんな兄弟がありますからね!この場合は「同じアナのむじな」とも言い換えられる兄弟でしょうか!?爆。
>確かに、嵌まる人には嵌まりそうです♪
そうなんですよね。広く一般に受けそうな映画とは言い難い作品ですが、一部のコアなファンにはそこがまたいいんでしょうね。僕はもっと分かりやすい作品が好きなのでちょっと・・・でした!笑。
マチベー
2007/03/18 11:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
松ヶ根乱射事件 も新宿で観ました! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる