マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS アジアカップ日本代表は首位でグループリーグ通過!

<<   作成日時 : 2007/07/17 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 8

サッカー日本代表はアジアカップ第3戦目で4−1と地元ベトナムに完勝!順調にグループ首位で1次リーグ通過を決めました。


前半7分、まさかのオウンゴールでホームのベトナムに先制を許した時にはちょっと嫌なムードが日本に漂いました。技術的にも肉体的にも一枚も二枚も上手であるはずの日本が早い時間帯に失点したことで、ひょっとしたら・・・という期待感がベトナムチームの間に広がりました。それにより、彼らの最大の持ち味である攻守の切り替えの早いスピーディなサッカーがホームの大声援の後押しを受けて勢いを増し、日本DF陣を慌てさせる場面がしばしば見られました。
しかしすぐに反撃を開始。失点5分後の12分にMF中村俊輔のあげた絶妙なクロスをFW巻が胸で押し込んですぐに同点。この素早い同点ゴールでチーム全体の硬さがほぐれたのは言うまでもありません。

その後しばらくは一進一退の攻防が続くも、日本が徐々に地力の違いを発揮しはじめ、ついに前半31分、FW高原が倒されて得たFKをMFの遠藤が直接狙って見事に決めてゴール!相手守備陣の注意が中村俊輔1人に集まっているのを察知した遠藤が完全に相手GKの裏をかいて蹴り、鮮やかな逆転のゴール。これで日本代表は2−1と1点をリードして前半を終えることとなりました。

後半に入ってからもベトナムのスピードは落ちずに日本を苦しめましたが、後半7分、遠藤とのワンツーが決まった駒野が左サイドを突破。再び中にいる遠藤へと折り返すと、相手DFを引きつけた遠藤が後ろから走りこんだ中村俊輔に柔らかいタッチのラストパス。これを俊輔が得意の左足ではない右足でゴール左隅を狙ったシュート。きっちりコースにコントロールされたボールがそのままゴールネットに吸い込まれて3点目。大事な後半の立ち上がりに最高のプレーが出て、一気に相手を突き放す3点目のゴールへ結びつけることができました。この得点でもはや勝負あり。その後は日本が余裕を持って試合を運び、14分にも再び遠藤からのFKを巻が頭でこの日2点目となるゴールをねじ込んでダメ押し。結局、4−1とホームのベトナムを圧倒し、グループ首位での通過を決めました。

3点目の俊輔のゴールは今大会のベストゴールともいえるビューティフルゴールで、オシム監督も大喜び。ここまで日本が目指してきたサッカーが具体的に表現できた素晴らしいゴールだったといえましょう。監督も本当に嬉しそうでした。
今の代表チームの中で、特に両サイドバックの加地と駒野の成長には目を見張るものがあるし、ジーコジャパンでは本当の力を発揮できていなかった遠藤も、オシム監督の下では存分にその存在感を発揮しているように見えます。その彼らが絡んだこの得点が今のチームを象徴しているプレーだったのかもしれません。
しかし、相手が明らかな格下で、DFの寄せもだいぶ遅いベトナムが相手だったからこそ出来たプレーなのも確か。そしてグループリーグの3戦を通じて全ての試合で失点を喫しており、まだ一度も無失点で抑えた試合がないDF陣の立て直しも急務であることも忘れてはいけないでしょう。
次戦の相手オーストラリアは、昨年のワールドカップドイツ大会でジーコジャパンが苦杯を舐めた因縁の対戦相手です。次の試合でもこの日の3点目のようなゴールが飛び出せば、今の代表チームの本当の意味での「真価」と「進化」があらわになることでしょう。次もいい試合を期待したいと思います。


・第1戦目 1−1 → △カタール戦
・第2戦目 3−1 → ○UAE戦


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本代表、決勝トーナメントに1位通過。
 ◆サッカー アジア・カップ第10日 ▽1次リーグB組最終戦 ベトナム1―4日本(16日、ベトナム・ハノイ) 日本代表がMF中村俊輔(29)=セルティック=のまさかの右足ミドル弾など、ベトナムを4―1で破って1次リーグB組首位通過、5大会連続のベスト8を決めた。1ゴール1アシストと華麗に魅せた俊輔は、「考えながら走る」オシム哲学に、卓越した個人技を融合させてピッチ上を完全に掌握。栄光の3連覇へ向けて21日の準々決勝は、1年前のドイツW杯で悪夢の逆転負けを喫したオーストラリアをハノイに迎え撃... ...続きを見る
税務の片隅で。
2007/07/17 19:57
アジアカップ vsベトナム
試合開始されてからしばらくは日本のペースで試合が進むも、しばらくするとホスト国であるベトナムに翻弄される展開に。ホームアドバンテージもあるけど、日本は中二日、ベトナムは中三日と前の試合からのインターバルの影響もあるのかな?と思った。 ...続きを見る
音の鳴る木
2007/07/17 20:44
日本 ベトナムに快勝し予選1位突破
サッカー・アジアカップもグループリーグ最終戦。 3試合目の相手は地元・ベトナム。 1位突破すれば決勝トーナメントをずっとベトナムで戦えるだけに、是非とも1位で突破していきたい所。 ...続きを見る
FREE TIME
2007/07/18 01:04
レッズ vs マンチェスターユナイテッド
あのマンチェスターユナイテッドが、埼スタに来ました! テレビ観戦もあきらめていたのですが、運良く見ることができました。 ...続きを見る
気まま日記
2007/07/18 01:51
アジアカップ3戦ベトナムに大勝し1位で通過
アジアカップ日本VSベトナムは日本4対1で勝ち1位で通過だ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2007/07/19 14:35
鴎+8とベトナムに大勝し1位で追加とHERO’S
は小林宏が1失点の完投9勝目で打線も5点を取り連敗を脱出し ベトナム戦は巻2点で遠藤FK&中村で4対1で勝利して1位で通過で HERO’Sはトーナメントで外人が圧倒し他は順当な結果だったね ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2007/07/19 15:13
サッカーアジアカップ サッカー日本代表VSオーストラリア代表
●アジアカップ2007 決勝トーナメント準々決勝7/21(土)19:20キックオフ/ハノイ日本1 -1(PK 4 - 3)オーストラリア得点:69' アロイージ(オーストラリア代表)72' 高原直泰(日本代表)※日本は準決勝進出。対戦相手はサウジアラビア-ウズベキスタンの勝者... ...続きを見る
サッカー日本代表@情報バンク
2007/07/22 08:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。

いよいよ決勝トーナメントですね。
僕としてはほぼ勝利が見えたベトナム戦の後半は、矢野貴章を使ってみて欲しかったです。

まあ、いずれにしても次戦はよりタフな試合になりそうです。
シュウイチ
URL
2007/07/17 23:19
TBありがとうございます。
遠藤のFKと、パス・パス・パスからうまれた3点目はシビレました(^-^)
青い月
URL
2007/07/18 01:44
オシム監督の目指すサッカーに、今の全日本は中々到達しない状況であり、監督の苦悩も解る気がします。
でも、その目指す姿にするのには、如何に段階を踏んで行くかを考えるのが、監督の役目でありまして、そういう段階的な努力を望みます。
それが、オシムを監督にした意味である訳で、天才、ジーコに無いのはその点である訳ですから。
オシム監督、思うように指導されたし。
フセイン八木
2007/07/18 02:13
 TBありがとうございます。次のオーストラリア戦でまさに進化・真価が問われそうですね。
スプレー日記。
URL
2007/07/19 22:44
シュウイチさんこんにちは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>僕としてはほぼ勝利が見えたベトナム戦の後半は、矢野貴章を使ってみて欲しかったです。
確かに勝利が決定的になった後は若手を試してみても面白かったですよね。
>まあ、いずれにしても次戦はよりタフな試合になりそうです。
豪州チームはW杯日本戦のメンバーがほとんど残っているようですね。おそらく日本にとっては、次の試合が今大会最大のヤマ場となるのではないでしょうか。ぜひ勝ってリベンジを果たして欲しいですよね!
マチベー
2007/07/20 16:23
青い月さんこんにちは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>遠藤のFKと、パス・パス・パスからうまれた3点目はシビレました(^-^)
あの得点は本当に見事な連係でしたね。相手のプレスが弱くてノープレッシャーに近かったことを加味しても合格点のナイスゴールでした。次の豪州戦では格段に相手が強くなりますが、同じような素晴らしいゴールシーンが見たいですね!
マチベー
2007/07/20 16:26
フセイン八木さんこんにちは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>オシム監督の目指すサッカーに、今の全日本は中々到達しない状況であり、監督の苦悩も解る気がします。
オシム監督の目指すサッカーは凄くレベルが高いので、一朝一夕には到達できないと思います。しかし、それが本当に達成できたなら、日本は物凄いことをやってのけるチームに変身してしまうと思います。日本に17年前のピクシーがいたらもっと面白いんですけどね!笑。
>オシム監督、思うように指導されたし。
同感です。我々見る側も目先の結果に一喜一憂せず、2010年を見据えて広い視野で代表チームを見守っていきたいですね。
マチベー
2007/07/20 16:34
スプレー日記さんこんにちは!こちらこそ遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>次のオーストラリア戦でまさに進化・真価が問われそうですね。
去年の今頃の代表チームやオシム監督就任直後の代表チームと比べ、今のチームは格段にレベルアップしてると思いますよね。今のチームを見たら、引退した中田英選手もまた現役に復帰したくなってしまうかも?笑。
マチベー
2007/07/20 16:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アジアカップ日本代表は首位でグループリーグ通過! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる