マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカーキリンチャレンジカップ 日本代表は2−0でカメルーン代表に勝利!

<<   作成日時 : 2007/08/23 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

22日に大分で行われた国際親善試合、キリンチャレンジカップは日本代表が2−0でアフリカ王者のカメルーン代表に快勝。


前半25分、MF遠藤のFKから久々に代表復帰した日本のエースストライカー(!)であるDFの闘莉王が得意のヘッドで先制ゴール。今の代表チームで決定力ナンバー1を争っているのは、間違いなく中澤と闘莉王のDF2人でしょ。この2人の得点感覚を他のFW選手たちにも見習って欲しいです(笑)。
前半はその後も動きの悪いカメルーンを相手に何度もチャンスメーク。しかしながら得点には結びつけることができず1−0のままでハーフタイムへ。

後半は日本が選手やシステムを入れ替えて色々とテストをした側面は強いものの、それが今ひとつ機能せず。逆に前半を戦い終えて徐々に動きがほぐれてきたカメルーンが逆襲に転じ、しばしば危険な場面が生まれて何度もピンチを招きます。一方の日本はチャンスらしいチャンスも作れないまま必死でしのぐ展開が続いて防戦一方。それでもどうにか逃げきれそうかと勝利がチラつきはじめた44分。誰もがこのまま1−0で終了かと思ったその時、右CKから始まった攻撃で相手のクリアボールを拾った山瀬が豪快なミドル。強烈に回転がかかったシュートは、相手GKが懸命に伸ばした腕を弾いてゴール右隅を撃ち抜き、ダメ押しの2点目。このゴールにはオシム監督も思わず満足そうな笑みを浮かべてこれで勝負あり。結局、そのまま2−0で押し切って海外組抜きの日本代表が強豪カメルーン代表を相手に勝利を収めました。

これでカメルーン代表との対戦成績は日本の2勝1分けでいまだ無敗。アフリカ勢に弱いと言われている日本ですが、意外にもカメルーンに対しては相性の良さを発揮して勝利を手に入れました。しかも相手は世界ランキング16位の強豪。現在同ランキング41位の日本にとっては大健闘の結果だったといえると思います。

ま、もっとも基本的に日本のホームでやってる上に、相手のコンディション不調に助けられた側面は否めません。一番早い選手でおととい来日、ほとんどの選手は前日乗り込みのぶっつけ試合。飛行機で地球の裏側から呼びつけておきながら時差ボケを解消するヒマすら与えずに試合に臨み、当日には渋滞を理由にカメルーン選手たちにウォーミングアップもロクにさせないまま試合をスタート。選手強化をメインに試合を組むのであれば、もっとスケジュール的に余裕のあるチームと対戦した方が効果は高いのではと思えるのですが。

オシム監督も試合後のコメントで「速報で試合結果だけを見た人は日本が強いチームに圧勝したのだと誤解するだろう」というようなことを語っていたように、内容を見れば明らかに格上のカメルーンの調整不足に助けられての結果だったことは素人目に見ても明らかです。国際試合に「ホームアドバンテージ」はつきものですが、果たしてキリンチャレンジカップはそんなに大きなハンデを相手に負わせてまで勝たなければいけない試合なのでしょうか?代表に勝って欲しいというのはファンももちろん思ってますが、本当に望むのは2010年を目指す上でチームが地力をつけて強くなることであって、目先の勝利ではないはずではないかと思いますが?答えてテレ朝さん。

調整不足の相手にアップの時間を与えず試合を強行したのは、U-22代表によるオリンピック予選中継のOAとの絡みという番組編成上の都合が理由というのは明白。テレビがスポーツの感動を台無しにしているという良い例(本当は悪しき例だけど)をしっかり見せていただいた先日の日本代表強化試合でした。
まぁ、それでもカメルーンサイドが何1つ文句を言わないのは、アフリカの国際試合ではこのぐらいひどいホームアドバンテージは当たり前のようにあって彼らがそれに慣れていることと、日本からあちらに多額のファイトマネーが支払われていることが理由なんですよね。選手にとってしんどくて本当はやりたくない試合でも、台所事情の苦しいアフリカチームにとっては金満日本企業から出るお小遣いのためなら、ちょっとぐらいの待遇の悪さは我慢するよってところでしょうか。これも国際貢献の一環だからいいのかな。






オシムジャパンよ! 日本サッカーへの提言
オシムジャパンよ! 日本サッカーへの提言 (アスキー新書 011)
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
親善試合でカメルーンに勝利
キリンカップの日本VSカメルーンは2対0で日本が勝利した ...続きを見る
スポーツ瓦版
2007/08/23 19:38
鴎+7&佐賀北が優勝&カメルーンに勝利&牛に願いを
高校野球は広陵ー佐賀北の決勝は佐賀北が満塁HR逆転し5対4初優勝で 牛に願いをは1人になり借金で牧場を閉めヘルパーに行き町は合併の話で はが闘莉王&山瀬のゴールで2点を取って2対0でに勝利し は久保が6失点でズレータ復帰の打線4点も負けと5差だ ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2007/08/23 20:19
サッカー日本代表祭り! 日本VSカメルーン編
今日8月22日はサッカー日本代表の日です!まずは大分・九州石油ドームで行われたオシムジャパンVSカメルーン戦の模様を書きます! 大久保嘉人の代表復帰、エトー来日で話題性を呼んだかも知れない今日の試合、スタンドには、旧中津江村民のカメルーンサポーターも駆けつけてきました。 前田遼一、田中達也、大久保の3トップで臨んだこの試合、前半4分に遠藤保仁のFKから、阿部勇樹が頭で合わせるも外れます。23分、中澤祐二→大久保のラストパスから田中達也が押し込もうとするがあと一歩及ばず。25分、遠藤のFKに闘莉... ...続きを見る
日刊魔胃蹴〜毎日書けるかな?〜
2007/08/24 01:00
キリンチャレンジカップ2007 サッカー日本代表 VS カメルーン代表
●試合結果8月22日(水)18:31/九石ド/37,240人日本代表 2-0 カメルーン代表得点者:25'田中マルクス闘莉王(日本代表)、89'山瀬功治(日本代表)後半は課題山積も、大久保、田中達也、前田の先発3トップが好アピール。闘莉王と山瀬のゴールも飛び出し... ...続きを見る
サッカー日本代表@情報バンク
2007/08/26 08:01
≪スポーツナビ≫サッカー日本代表 スイスに4−3で金星!!
   ・前半に0-2とスイスにリードされる。・後半7分 日本 GOOOOOAL!! 左サイドで松井が1対1のドリブル突破を仕掛け、ベーラミをかわしてペナルティーエリアへ切り込むが、後方から足をかけられPKを獲得。PKのキッカーは中村俊。左足でゴール右に決め... ...続きを見る
私のお得な暮し生活
2007/09/12 10:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サッカーキリンチャレンジカップ 日本代表は2−0でカメルーン代表に勝利! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる