マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第137回天皇賞(春)予想的中!見ていて面白かった天皇賞・春の回顧

<<   作成日時 : 2008/05/05 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

第137回天皇賞・春は3番人気で◎にしていたMアドマイヤジュピタが快勝してG1初制覇を果たしました。


予想が当たったから言う訳ではないですが、今年の天皇賞・春は見ていてかなり面白いレースでした。例年より小粒なメンバーに加え、本来なら中心になるべきGメイショウサムソンが不振で軸になる馬が不在。あまり良くない意味での「混戦」という前評判が先に立つレースでしたが、フタを開けてみれば非常に見ごたえのあるいいレースが見られたと思います。

2008年 5月4日(日)3回京都4日11R第137回天皇賞・春(※)
1着◎Mアドマイヤジュピタ(3番人気)
2着▲Gメイショウサムソン(2番人気)
3着○Lアサクサキングス(1番人気)

勝ちタイム  3:15.1
ハロンタイム 13.3 - 12.1 - 11.4 - 12.2 - 12.1 - 12.2 - 11.8 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.8 - 11.3 - 11.5 - 12.5
上り 4F 47.1 - 3F 35.3

予想
Mアドマイヤジュピタ1着
Lアサクサキングス3着
Gメイショウサムソン2着
Iポップロック12着
Kアイポッパー11着

レース前の大方の予想通り、内からCホクトスルタンがハナを奪ってペースを作りましたが、スタートで少し出遅れたのがなんと僕の本命◎だったMアドマイヤジュピタ。長距離戦だけにそれほど大きな不利にはならないものの、そもそもが先行するとにらんで重い印を打った馬。それにパドックでも少しうるさいところがあった上に、馬体重も前走のマイナス10からさらに減ってマイナス8キロで494キロ。これは許容範囲ギリギリまで絞ってきた印象があり、少し仕上がりすぎてイレ込んでしまったのかという不安もありましたので、スタートでの出遅れにはかなりの冷や汗をかきました。

それでもすぐに立て直してさほどのスタミナロスもなく馬群に追いついていったところでどうやら心配ないなとひと安心。序盤は馬込みを避けて後方から4頭目でのレース運びとなりました。最初の千メートルを61秒1で通過。これは16ハロンの長丁場としては緩くはないペースです。その後もホクトは淡々としていながら淀みのないペースを刻み、一度もハロン13秒台にペースが落ちることがないままラスト千メートルの勝負に。いいリズムで坂を下るホクトの後ろにスルスルとLアサクサキングスが忍び寄り、さらにその後ろからは馬場の外めを通って絶好の手応えで上がってくるGメイショウサムソンの姿が。Aジュピタはそのサムソンをマークするような形で4コーナーを回り直線へ。

先に仕掛けて一気に先頭に立ったのは外のジュピタ。抜群の反応を見せて内のHスルタン、Aキングス、Mサムソンをまとめて交わして先頭へ。この時点ではこのままジュピタの楽勝かと思われましたが、そこから前年の覇者サムソンが怒濤の反撃を開始。一時は失速してそのまま圏外に去るかと思われたサムソンでしたが、どうやらそれは死んだフリだったようで、突き放されたところから再び猛スパートでジュピタを追いつめていきます。ここで再度サムソンがジュピタを交わして先頭に立ったかに見えましたが、このあとさらにまたジュピタが差し返すという壮絶な叩き合いに。凄まじいデッドヒートの末、最後は外Aジュピタがアタマ差だけ前に出たところがゴール。勝った岩田康誠騎手は敗れた武騎手から「おめでとう」と言われて初めて自分が勝ったと分かったというほどの接戦。5歳馬ながら骨折による1年半に及ぶ長期休養などもあってまだデビュー12戦目という苦労人(馬)が、初めてのG1挑戦にして見事に初G1制覇を成し遂げた瞬間でした。
レースぶりも鮮やかという他はない完勝といえる強い内容。今後は宝塚記念をスキップして秋に備え、休養に入るとのこと。その後はオーストラリアで南半球最大のレース、メルボルンカップを目指して調整していくそうです。右脚にはボルトが埋め込まれたままというジュピタが、オーストラリアのターフで岩田康騎手と共に再び勝利の雄叫びを上げる姿を見てみたいと思います。

2着に敗れたものの、天皇賞3連覇を目指したサムソンの力走も見事の一言。ステップレースの大敗で大きく落としてしまった評価を大一番で再び取り戻しました。狙ったレースに合わせて調整してきた陣営も素晴らしかったと思います。長距離戦ではまだまだやれるところを証明しました。秋にはやっぱりフランスですか?
1番人気のLアサクサキングスもこの馬としては力を出し切っていいレースをしていたと思います。ただ、今回はレースの流れが厳しく、菊花賞の時ほど楽に行けなかったことと、まだほんの少しだけ馬体を絞る余地が残っていたようにも感じられ、その差が勝った馬との差になってしまいました。

予想の方は馬単予想が◎−▲で4,430円をヒット。3番人気と2番人気の組み合わせでこの配当なら超美味しい配当です。馬連ではこうはならないですからね。馬単万歳!(笑)。でも3連単はフォーメーションにしなかった為に2着と3着が入れ違いでハズレ。この組み合わせで13,500円ついたのは惜しかった。
次週は春の東京5週連続G1シリーズの初戦となるNHKマイルカップ。一度ぐらいは府中に足を運びたいと思っていますが、事情ができてそれも難しそうです。



1000ピース ディープインパクト’06天皇賞(春) 1000-480
1000ピース ディープインパクト'06天皇賞(春) (50x75cm)
※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天皇賞
ジュピタG1初挑戦で大仕事/天皇賞日刊スポーツアドマイヤジュピタ(牡5、栗東・友道)が天皇賞3連覇を狙った同世代の2冠馬メイショウサムソンを下し、G1初挑戦でビッグタイトルをつかんだ。まさかの出遅れにも慌てず、サムソンをマークしながら後方に待機。最終4角から早めの抜け出しを決めた。 ...(続きを読む)サムソン2着復活の手応え/天皇賞日刊スポーツ天皇賞3連覇には、わずかに届かなかった。メイショウサムソンは武豊騎手の左ムチに応え、しぶとく伸びた。ゴール前で勝ち馬を追い詰めたが頭差の2着。あと... ...続きを見る
ピンクWORLD
2008/05/05 18:26
天皇賞(春)観戦記&青葉賞結果 このアタマ差は痛い……
このアタマ差は痛かった……。 ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2008/05/05 21:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは(*^_^*)
的中、おめでとうございます☆
おかげさまで、私もやっと馬連とワイド1,2着が当たりましたよー。
人気が割れていたせいか、2番3番人気の決着だったのに、思ったよりもつきましたよね。
おかげさまで、私もやっと復活の兆しが見えてきました。
次回もがんばりましょうね☆
のそ
2008/05/06 22:31
マチベーさん、的中おめでとうございます!
アドマイヤジュピタはまだ力が足りないだろう、と思っていたので
正直驚きました。 強かった…
ホクトスルタンのペースのお陰で、力を問われるレースになりました。
アイポッパーやポップロックはこれで馬脚を現してしまいましたね。
私も期待していましたが、そう思わざるを得ないといったところです。
いでちゅるふ☆
2008/05/07 09:12
的中、おめでとうございました。

アドマイヤの4頭出しは、岩田が乗るジュピタが本線であるという事を、レース後のオーナーと騎手を見て思い出しました。
前に、何かのG1レースで見た景色と一緒でしたので・・・。
そういうのを、結果論って言うんでしょうがね。
(いわゆる、負け惜しみです。)
フセイン八木
2008/05/08 03:11
こんにちは。

的中おめでとうございます。私は穴狙いにしたので散々でした・・・

ポイントはサムソンの取り捨てだったと思うのですが、みごとに復活って走りでしたね。勝敗はマークする側とされる側の差だったし、4コーナーでアサクサとぶつかったのも少し影響しましたね。
でも馬券的にはAジュピタからの馬単は正解ですね。3番人気ってのも私的には意外においしいと感じました。
たかっち
2008/05/08 09:19
のそさんこんにちは!遅くなりましたが引き続きコメントありがとうございます!
>おかげさまで、私もやっと馬連とワイド1,2着が当たりましたよー。
おめでとうございます☆ホント、馬連・ワイドでも人気サイドの割にはけっこう美味しい配当でしたね。人気が割れると予想が難しいですが、そういう時は素直に強い馬からですよね。のそさんはこれから上り調子かな?笑。
マチベー
2008/05/10 18:03
いでちゅるふさんこんにちは!遅くなりましたが引き続きコメントありがとうございます!
>アドマイヤジュピタはまだ力が足りないだろう、と思っていたので
正直驚きました。 強かった…
ジュピタはもともと素質を評価されていましたが、前走の阪神大賞典の内容が良かったのでこれは本物だと思いました。強い競馬でした。
時計的にはハイペースというほど速くもなかったですが、息の入らない展開になったので、アイポやポップのような高齢馬には厳しいレースだったと思います。
マチベー
2008/05/10 18:09
フセイン八木さんこんにちは!遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>アドマイヤの4頭出しは、岩田が乗るジュピタが本線であるという事を、レース後のオーナーと騎手を見て思い出しました。
その事実を念頭に置いて予想した結果です(笑)。かつてアドマイヤ軍団は武さんが主戦でしたが例の事件があって今はすっかり岩田が主戦です。地方出身の中ではアンカツに次ぐ素晴らしい実績を残していますよね。スタートで出遅れても全く動じることなく落ち着いて対処したのはお見事でした。
マチベー
2008/05/10 18:15
たかっちさんこんにちは!遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>的中おめでとうございます。私は穴狙いにしたので散々でした・・・
ご愁傷様です(笑)。人気が割れるレースは意外に本命サイドで決まることが多いですよね。
>ポイントはサムソンの取り捨てだったと思うのですが、
前2走が不可解な惨敗でしたが、力が落ちているようには見えなかったので、地力を問われる長距離戦ならきっと復活するだろうと思いましたし、たとえ馬の力に衰えがあったとしても、長距離戦なら騎手の腕でカバーできますから。敗れはしましたがさすが平成の盾男という好騎乗でした。
マチベー
2008/05/10 18:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第137回天皇賞(春)予想的中!見ていて面白かった天皇賞・春の回顧 マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる