マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本代表は本当に勝ってもいいのか?W杯アジア最終予選vsバーレーン戦 

<<   作成日時 : 2008/09/06 18:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010年サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会出場を懸けて戦うアジア最終予選が日本時間7日の深夜にキックオフします。


僕はここしばらくブログの中ではサッカーに関する話題を避けてきた訳ですが、代表の試合を見ていなかった訳ではありません。仕事が忙しくてゆっくりじっくり見られなかったことは事実ですが、ある程度は試合も中継で見てました。その中で、ワールドカップ本戦出場を本気で狙うなら、果たしてこの首脳陣のままではいかがなものかと疑問を感じている次第でして。

テレ朝の宣伝コピー、「絶対に負けられない戦いがそこにある」ってのは明らかに視聴率をかさ上げするためのオーバーな表現で、少なくとも今回の試合には不適切でしょう。アジア最終予選の初戦、それもアウェーでの試合が「絶対に負けられない」試合とは考えにくく、民放お得意の過剰演出であることは見え見え。
確かに、初戦を落とすと後が苦しくなるし、同じ相手に連敗するのはこの次同じ相手とまた試合をする時に苦手意識につながってしまう可能性もあるのでこれも嫌なのは事実。しかしながら、ワールドカップ本番でグループリーグ突破、決勝トーナメント進出して欲しいと願うのであれば、このバーレーン戦は負けて岡田監督を解任する方がはるかに未来への展望が開けると感じているのは僕だけではないでしょう。

はっきり言って、これまで見てきた中で岡田監督には代表監督としての資質や将来性がまるで感じられません。人間的にはどうか知りませんが、少なくとも代表監督としての仕事を理解しているようには映りません。サッカーもつまらなければマスコミ対応もまるで理解しておらずつまらない。プレーの面で、「日本代表はこれからこういうサッカーをしてワールドカップで決勝トーナメント進出を目指します」という強いメッセージも発信できなければ、言葉の面で、インタビューやマスコミ取材に対して「日本代表はこれからこういうビジョンでチーム作りを進めていきます」というメッセージを伝えることもない。ほめるところを探すのが難しいこの監督に対し、どういう訳だかテレビをはじめとする大手マスコミ各社はよいしょしたり、明らかに批判を避けて通っているようです。
ある時は日本代表だから日本人監督の方がいいという空気さえ演出してみたり、何か、代表批判や岡田監督批判自体がタブー視されているところがどうにも理解し難くきわめて不気味です。まるで、北京オリンピック前に星野監督批判がタブー視され、結果、大会を通じて4勝5敗の不振でメダルなしの大惨敗に終わった星野ジャパンのデジャヴーを見ているかのよう。さらには、岡田監督の取材に対するなげやりな態度などは、つい最近、一国の総理大臣という要職をゴミのようにポイ捨てして逃げ出したどこかの国の総理大臣とまさに瓜二つ。こういう空気、こういうムードがいかに危険かをみんな体験しているはずなんですが、それを口に出すことをためらっているような状況が感じられ、サッカーのみならず日本の言論の自由はこの先どうなるのかと非常に不安になります。

僕は日本代表には勝って欲しい。勝ち抜いてW杯本戦に出場して欲しい。そこであわよくば決勝トーナメント初勝利なんて挙げて欲しい。けれど、少なくとも今回のバーレーン戦に限って言えば負けて欲しいとさえ思っています。
岡田監督でもアジア最終予選ぐらいならどうにか突破できるかもしれません。けど、岡田さんのもとでは、日本はアジア最終予選は突破できても、ワールドカップ本戦でグループリーグを突破することは全く期待できないでしょう。いや、誰が監督になっても日本をワールドカップの決勝トーナメント進出まで導くのはきわめて難しい。今の日本にそこまでの結果を求めるのが酷な実力なのも承知しています。それでも、僕らファンは「この人なら、もしかしたら…」という夢を見たいんですよ。まぐれでもいい、奇跡でもいいから、グループリーグを突破して日韓大会のベスト16を超えるベスト8なり、もっと上なり、という結果を見てみたい。
このままアジア最終予選を岡田さんが勝ち抜いてしまったなら、本戦で監督を代えることは難しくなります。となると、ジーコで惨敗した06年ドイツ大会の再現=3戦全敗でグループリーグ敗退になる可能性が濃厚。それだけは勘弁して欲しいというのが正直なところ。でも、岡田監督批判をすると、どこかの偽善者が「日本人はすぐに誰かを叩きにかかる」「日本人は批判ばかりでちっとも誉めない」とか言って庇いだす。もう、アホかと。

批判を避けて一流の指導者が生まれるんなら、日本日韓大会の時にトルシエではなく日本人監督のもとで韓国と同等かそれ以上の結果を残せたはずです。或いは、ついこの前の北京オリンピックも楽勝で金メダルが取れたはずです。日本人はすぐ叩きにかかる?星野さん何を寝ぼけているんですか。おとなしすぎる日本人だからこの程度の批判で済んでいるんですよ。ラテンのお国へ行ってみてごらんなさい。あなたは今頃、命の危機に瀕して日本に帰国することすら危うかったはずです。現実に、南米ではワールドカップでオウンゴールを決めてしまった選手が、国内のファンに射殺されるという事件すら起きているんですから。そういう甘ったれた寝言を言っていてはイカンのです。だから野球だって惨敗したんです。日本に帰国した星野さんや選手たちには、トマトや生卵の集中砲火が一切なく温かいムードの中で迎えられました。こんなこと、世界中どこを探しても日本ぐらいにしかない優しさかと思いますが。

それでも日本の大手メディアや日本人が岡田批判を避けて通るなら、最終予選の途中である日突然に「監督辞めます」なんて、ポイ捨てされても、誰も何も文句は言えますまい。繰り返しになりますが、僕は日本代表にはぜひ勝ってほしい。それなのに、今夜の日本がバーレーンに完敗し、岡田監督が更迭される場面を密かに期待する僕はやっぱり非国民なんでしょうか。



サッカー番長 0号―ヨイショ記事にはもう飽き飽きだ。
飛鳥新社
杉山 茂樹

ユーザレビュー:
購買意欲の湧く表紙で ...
自分もその一人と言う ...
こんな本読んだことな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
別に非国民ではなく、そう思ってる人は多いと思いますよ。
個人的には単にボールを蹴りあうだけでスコアレスドローに終わるヒジョーにつまらない試合になると見てるのですが……。
CW
URL
2008/09/06 23:20
CWさんこんばんは!コメントありがとうございます。
>別に非国民ではなく、そう思ってる人は多いと思いますよ。
ですよね。ただ問題なのは、テレビなどの大手メディアでそういう意見が取り上げられることがほとんど無い状況というのがね。昨日の試合も内容は最悪なのに結果はどうにか勝ってしまいました。一番まずい結果に終わりましたね。川平たちは大喜びの大騒ぎ、目先の勝負の勝った負けたの結果のみ。大きな発言力のあるこういう人達が先のことなんてなんも考えてない人ばっかりなのが最悪ですね。
マチベー
2008/09/07 21:05
同感です。

ウズベキスタン観戦中も、そう思いました。
あっくん
2008/10/15 21:09
あっくんさんこんばんは!遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>ウズベキスタン観戦中も、そう思いました。
今回の代表戦は、メンバー選出の段階からスタメン決定に至るまで、すべてがかみ合っていなかったというか、何もかもが失敗だったという感じでした。でもこれで、次戦の結果次第では監督更迭という話題が出てきたことは明るい兆しです。一番最悪なのはこのまま何となく勝ててしまって、なぁなぁのうちに本大会へ出場してしまい、本番で3連敗というパターンですから。そうなる前に監督を変えようという空気が出てきたのは日本にとって良いことだと思います。
マチベー
2008/10/17 23:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本代表は本当に勝ってもいいのか?W杯アジア最終予選vsバーレーン戦  マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる