マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカー日本代表 2010年W杯出場1番乗り 

<<   作成日時 : 2009/06/07 00:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

サッカー日本代表が2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選のウズベキスタン戦にアウェーで1-0と勝利。早々と本大会出場を決めました。


これで4大会連続での本大会出場と2大会連続での出場1番乗りとなり、来年の南アフリカ大会へ向けて弾みをつけました。残すは来週10日のホームでのカタール戦とその次の17日オーストラリアとのアウェー戦のみですが、2試合を残して出場を決められたのは順調すぎるほど順調だったと言えます。

試合はあからさまな審判の地元びいき判定や不可解な岡田監督の退場劇など、露骨なまでのアウェーの洗礼を受けながらも、このところJリーグでも代表でも絶好調だったFWの岡崎が決めました。岡崎は決定力の高さで存在感をアピール。現代表FW陣の中では頭1つ抜け出した存在を印象づけました。この調子を来年の本大会まで持続することができれば、きっと本番でも良い仕事をしてくれるでしょう。

ただ、別に祝福ムードに水を差すつもりは毛頭ないですが、アジア勢がどう考えても恵まれすぎなことは事実。前回のドイツ大会で、1チームもグループリーグを突破できなかったアジアが引き続き4.5枠を与えられているのは、地域バランスを考慮しすぎている今のシステムの恩恵によるもの。4大会連続出場といっても、ずいぶんと高い下駄を履かせてもらっているに過ぎないことを忘れてはいけないと思います(前回オセアニア枠で出場しベスト16に進出したオーストラリアは今回からアジア枠に参戦)。

ここ最近の試合を見る限り、日本代表はずいぶんと洗練されてきている印象です。FW陣の決定力の低さは相も変わらずですが、展開や戦術の面ではオシム監督時代に育まれた遺産が最大限に活用できています。今のチームは着実に成長を続け、少しずつ成熟しつつあるように見えます。
これがもし2006年のチームスタート当初から岡田監督であったなら、今の代表の充実したサッカーは生まれていなかったであろうことは疑いようのない事実。そうして考えてみると、加茂監督の遺産を引き継いで本大会出場を決めたフランス大会といい、オシムから引き継いだ今回といい、岡田監督というのはつくづく強い星のもとに生まれた人なんだなぁと感心してしまいます。僕は本大会でベスト4を本気で狙うなら、或いは本気でグループリーグを突破して決勝トーナメントに進出したいなら、監督は別の人に変えるべきだと今でも思っていますが、少なくとも岡田監督のこの運の強さだけは一目置いています。

岡ちゃんの掲げる日本代表の目標はあくまでも本大会ベスト4。実力的に考えれば到底、実現不可能な高すぎる目標ですが、強いチームが必ずしも実力通りに勝ち上がるとは限らないのもまたトーナメントの不思議なところ。強いチームが必ず勝つのであれば、ドイツ大会ではアルゼンチンもブラジルもオランダもベスト4に残っていなければおかしい。しかし、実際にはそうはならなかったのですから、展開や組み合わせによっては、出場する全てのチームにベスト4への可能性があると考えるべきなのです。

過去には地域的にも、実力的にも日本の良きライバルである韓国や北朝鮮がベスト4に進出しており、目標ベスト4は決して身の程知らずな目標ではありません。しかし、トーナメントのことを心配するより、まずは地元開催以外では0勝5敗1分けと未勝利の日本代表が、南アフリカの地でワールドカップ海外初勝利を上げることを期待するのが現実的な目標であろうと思います。現時点ではグループリーグ突破も厳しい目標であることを考えると、トーナメント進出はできるかもしれないし、できないかもしれないとしか言いようがありません。ずるいようですが、全ては組み合わせと大会が始まってからのチームの状態次第といったところでしょうか。



サッカー番長 0号―ヨイショ記事にはもう飽き飽きだ。
飛鳥新社
杉山 茂樹

ユーザレビュー:
購買意欲の湧く表紙で ...
自分もその一人と言う ...
日本サッカー協会に鋭 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アウェーの洗礼を受けるも、W杯に出れるんです。
W杯最終予選に出場している日本代表。 アウェーでウズベキスタンを1−0で破って最終予選A組2位以内を確定し、4大会連続4度目のW杯出場を決めま&... ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2009/06/08 22:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
>アジア勢がどう考えても恵まれすぎなことは事実。
>ワールドカップ海外初勝利を上げることを期待するのが現実的な目標であろうと思います。
書かれているとおり、「まず1勝」を目指すのが妥当かと。そして、今回は最終予選の組み合わせにも恵まれたことを忘れてはいけません。
本大会で勝ち進むにはそういった(かなりの強)運が必要に思えますが……。
CW
2009/06/08 22:38
TBありがとうございます。

おっしゃるとおり、
すんなり決まってしまって
代表がかかえている問題点の本質が
おざなりになってしまっているような気がします。

これは時間がかかることなので
すぐに形ができるものではありませんが、
早く“日本の形”というものを確立してもらいたいですね。

W杯本大会での活躍に期待しましょう!
にの
2009/06/09 23:22
CWさんこんにちは!コメントありがとうございます!
>本大会で勝ち進むにはそういった(かなりの強)運が必要に思えますが……。
いくらチームが強くても運がなくて勝ち上がれないチームがあれば、チーム力はそれほど高くなくても、勢いと運を味方につけて快進撃を続けるチームもあります。
日本は絶対的な力では足りていないのが明らかですが、短期決戦ならではの勢いを味方につけることと、強い指導力のある監督を呼べれば、上位進出も夢ではないと思います。ただ、監督交代は考えていないようなので、その時点でどうかなという印象です。
マチベー
2009/06/10 17:03
にのさんこんにちは!コメントありがとうございます!
>すんなり決まってしまって
代表がかかえている問題点の本質が
おざなりになってしまっているような気がします。
もっと早い段階で負けて出場が危機的な状況に陥っていれば、抜本的な改善ができたと思います。
しかし、目先の勝利に喜んでしまうメディアと、それにまんまと釣られてしまう幼稚な国民性とががっちり手を組んだことにより、そうした問題が置き去りにされたまま本大会出場が決まってしまいました。
この調子だと、フランス大会やドイツ大会の二の舞になりやしないかという不安が大きいように思います。選手には頑張って欲しいですけどね。
マチベー
2009/06/10 17:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
サッカー日本代表 2010年W杯出場1番乗り  マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる