マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009シーズン終了 鹿島アントラーズ貫禄のV3!

<<   作成日時 : 2009/12/08 20:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

これまでのJリーグの歴史において、今年ほどフェアな結果に終わったシーズンも無いのではないでしょうか。


2009年のJリーグは鹿島アントラーズが史上初の3連覇を達成して幕を閉じました。2位には昨年に続いて川崎フロンターレ、3位にはガンバ大阪、4位にサンフレッチェ広島、5位にFC東京という結果は、日本のサッカー界にとっても進化の兆しが見えたシーズンだったと思います。

開幕から首位を快走した鹿島ですが、夏場に急降下して一時はトップの座を譲るほどのスランプに陥った時期もありました。しかし、秋になると再び息を吹き返し、気温低下と反比例してチーム状態は上昇し首位を奪還。前節の引き分けで、最終戦は勝たなければ逆転される可能性もある厳しい重圧の中、選手達は最後の最後まで慌てることなく、成熟したいつもの鹿島サッカーを展開。最終戦で浦和を1-0と破って見事に自力優勝を決めました。

ここ一番での勝負強さや精神的な落ち着きは、これまでの経験値が大きく物を言い、誰が出場しても変わらない安定した強さは、長年に渡って培われてきた鹿島イズムの賜物です。こうした揺るぎない信念とサッカー哲学に支えられた鹿島サッカーの強さは、Jリーグにおいてはワンランク上の存在で、優勝は当然の結果だったと言えます。

昨年に続いて2位の川崎フロンターレ。これで3度目のリーグ戦2位、ナビスコ準優勝3度と合わせて6度目の銀メダルで、すっかりシルバーコレクターが定着。個々の能力が高く組織も機能していて、実力では鹿島にひけを取らないまでに成長しましたが、精神面のひ弱さは最後まで払しょくできず。

ナビスコカップ準優勝の表彰式での悪態が問題になったのがこのチームの問題点を象徴しています。優勝した鹿島とはメンタリティの差が大きすぎるかな。ただ、ポテンシャルの高さは国内屈指のチームなので、現状の戦力を維持できれば来期以降に再びチャンスが巡ってくるでしょう。


僕は以前から、今のJリーグでもっともクオリティの高いプレーをしているチームは鹿島、川崎、ガンバの3チームだと言い続けていますが、この3チームがそのまま1,2,3位という結果になることはないだろうと考えていました。
今までは、プレーの質よりも目先の勝利優先というチープなサッカーをするチームが上位に食い込んでくることがたびたびあり、質の高いサッカーを目指すチームが必ずしも結果と結び付いてこなかったからですが、今年は中身と結果が見事にリンクしました。

4位と5位にも広島、東京という攻撃サッカーを掲げるチームが入りました。この2チームについては、目指すサッカーの質は高いものの、選手層の薄さや個々の技術などで上位3チームとはまだ大きな差があり、その中でこの位置にいるというのは素晴らしい。東京はナビスコカップの優勝も手に入れるなど立派な成績でしたし、来期以降も今のスタイルにさらに磨きをかけ、より進化した攻撃サッカーでリーグを盛り上げて欲しいです。

浦和や清水などもようやくこれまでのチープなスタイルを捨て、クオリティの高いサッカーへと変身を始めました。こうして各チームが少しずつ変化していくことで、リーグ全体もまたワンランク上のレベルに進化を遂げることができるのではないでしょうか。

日本のプロサッカーリーグはまだまだ発展途上です。伸びしろが大きい分、楽しみも多いリーグだと思います。あとは一流選手の海外流出とそれに代わる新しい人材の発掘サイクルがきちんと確立できれば、もっと発展していくでしょう。選手の流出は止めることはできませんし、止めてはいけないと思います。

選手の海外移籍によって得るものの方がまだ遥かに大きい訳ですから、例えばどこかのプロ野球のように、鎖国政策を打ち出すことで選手の流出を止めようなどという時代錯誤な発想は、自分で自分の首を絞める自殺行為に他ならず、絶対に避けなければいけません。選手だけでなく、指導者や経営者もヨーロッパで本場のノウハウを学びに行くようになれば、Jリーグもさらに伸びるように思うんですけどね。














テクニックはあるが、サッカーが下手な日本人 日本はどうして世界で勝てないのか?
ランダムハウス講談社
村松 尚登

ユーザレビュー:
スペインのサッカー環 ...
結局全てがそうなんだ ...
サッカーコーチング論 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 TBありがとうございました。選手だけでなく指導者も経営者も本場のヨーロッパのノウハウを学ぶというのがいいですね。
スプレー日記。
2009/12/07 23:54
スプレー日記さんこんにちは!コメントありがとうございます!
>選手だけでなく指導者も経営者も本場のヨーロッパのノウハウを学ぶというのがいいですね。

思うに、選手のレベルは少しずつでも着実に上がってきていると思うんです。
反面、チームの経営はどうかというと、アマチュアだった日本リーグの時代とたいして変わっていないような印象を受けます。古い精神主義と中途半端な合理主義とが混ざった変な経営により、現場の選手たちが足を引っ張られているようなところをレベルアップさせて欲しいですね。
マチベー
2009/12/10 15:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009シーズン終了 鹿島アントラーズ貫禄のV3! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる