マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 上海万博PR曲「パクり疑惑」のお陰で岡本真夜が再ブレイク!?www

<<   作成日時 : 2010/04/21 14:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 10

国営遊園地石景山遊楽園のキャラパクリ騒動に続き、今度は国家の威信を賭けた上海万博のPRソングでパクリが判明。あまりにも面白すぎるパクリ大国中国www


岡本真夜&上海万博#世博#ソングを比較検証 "1997's J-Pop"&"2010 Shangha



2010上海万博のPRソングは、J-popの盗作(パクリ剽窃)日本?道上海世博歌抄?





うーん、パーフェクトなハーモニー。
一瞬、同時通訳かと錯覚したほど。
これを「単なる偶然」とか「軽やかなテンポを取り入れただけ」と言ってのける疑惑の作曲家さんと、「うーん、どっちだろ!?」と、あまりにも気を使い過ぎな膳場アナのお二人にバカデミー賞を差し上げたいww



中国当局はといえば、公式にはいまだ盗作を認めていないようですし、正式な謝罪もまだされてないみたいですが、本人に改めて曲使用のオファーを出したということは「パクリましたゴメンなさい」という意味ですよね。素直に非を認めたのは潔い対応じゃないですか。ちゃんと謝ったら許してあげましょう。

しかし、今回の騒動での中国当局の対応は速かった。恐ろしくスピーディかつ適切に処理したので驚きました。僕はてっきり、いつものように知らぬ存ぜぬでシラを切り通すんだろうと思ってました。それが、発覚から数日でこの対応ですから中国にも変化の兆しが現れているのでしょうか。それに、上海市民の街の声などを集めたニュース映像でも、「中国の恥」「情けない」「盗作だ」といった当局に批判的な意見が圧倒的多数。この点も中国の変化を印象づけるものでした。

歴史認識にまつわる問題では今も頑なな姿勢を崩さない中国国民も、こと文化やファッションの部分になると国民の間では日本に対する憧れや好意が強いと聞きます。かつて、日本の映画やドラマ、J-POPなどが当局によって禁止されていても、密輸したものが大量にコピーされた上で販売されていたといい、日本のカルチャーは中国でも若者を中心に支持されています。ネット時代になってこの傾向もますます強まっているのではないでしょうか。

反日教育などが原因で日本を嫌う人は多くても、文化や経済の面では日本に対する中国人の憧憬は強いため、今回のような問題については「これパクリだろ」と素直に思えたのかも。盗作疑惑に関して言えば、「当局<日本」と心情的に感じ、日本というより岡本真夜さん側に同情して当局を批判する側に回ったのだと思います。情報の遮断は続いていても、ほんの少しずつでも正しい情報が伝わっていくことで、やがて大きなうねりとなって当局の鉄のカーテンを打ち破るきっかけになっていくのかもしれません。



しかし、パクリ騒動のお陰で岡本真夜さんの曲が再ブレイクしてチャートを急上昇するんだから、ヒットのきっかけってどこに落ちてるか分からないものですね。こういうのを災い転じて福となすとでも言うのかしら。最終的には中国当局と岡本真夜さんがウィン・ウィンの関係wwで結ばれて双方が得をしたのだから、ハッピーエンドでケリがついたと解釈しておきます。

気になるのはパクリの実行犯である作曲家の運命。国家や当局を世界中の晒し物にして赤っ恥をかかせたのだからただで済むはずはありません。まさかこれで死刑は無いでしょうが、厳罰が下ることは必至。ま、自業自得か。しかし、バレるとは思わなかったんですかね(苦笑)。






上海万博PRソング パクリ騒動の顛末


始まりはこのニュースからでした。

万博PRソング「パクり疑惑」、岡本真夜さんの曲そっくり?中国上海 2010.4.16

【上海=河崎真澄】上海万博のPRソング「2010年等●(「称」のノギへんをニンべんに)来(あなたを待っている)」が日本の有名シンガーソングライター、岡本真夜さんのヒット曲からの盗作ではないかとの疑惑が中国で浮上している。
問題のPRソングは、3月末の万博プレイベントに合わせて香港の俳優、ジャッキー・チェンさんら多くの有名人が歌うビデオとして公開された。ネットサイトの鳳凰網などはこの曲を動画で公開する一方、岡本さんの1997年の曲「そのままの君でいて」に、メロディーが最初から最後までそっくりと指摘した。

また、中国ネット検索最大手の百度(バイドゥ)の岡本さんの紹介コーナーには、「岡本さんがドラえもんのタイムマシンに乗って2010年のメロディーを盗んだとの説もある」といった自嘲気味とも取れる記述も飛び出した。PRソングを作った繆森氏は上海の有名な作曲家だという。

国家の威信をかけた中国初の万博だけに、ネット上では「パクりの代表作のようなもので、中国は世界に恥をさらした」などと批判的な書き込みもあった。





バレたら必死で隠ぺい工作

上海万博、パクリもみ消し工作判明 デイリースポーツ - 04月20日

5月1日に開幕する上海万博のPRソングが、シンガー・ソングライターの岡本真夜(36)の1997年のヒット曲「そのままの君でいて」の盗作との疑惑が出ている問題で、問題発覚直前に上海万博事務局が関係者を通じ、岡本の所属レコード会社に「岡本さんの楽曲をカバーしたい」と申し入れをしていたことが19日、分かった。“もみ消し工作”も判明したことで、事態は急展開。事務局側は事実上盗作を認める形で同日、正式に、岡本側に楽曲の使用を申請し、岡本側は使用を認めた。
  ◇  ◇
公式PRソング「2010君を待っている」の盗作を、上海万博事務局が事実上、認めることになった。岡本の事務所によると、万博事務局からの楽曲使用の正式な申請は19日に電子メールであったという。近日中に詳細を打ち合わせるとし、事務局側が盗作を認めたかどうかについては明らかにしていない。

中国ではネットユーザーを中心に万博当局の対応に批判が起きており、問題を長引かせないよう、異例の対応を取ったとみられる。また、当局が問題の“もみ消し工作”をしていたことが発覚したのも致命傷になったもようだ。

関係者によると、今月14日には、万博事務局の依頼を受けた中国人の音楽関係者が、岡本の所属レコード会社に「上海万博のテーマソングとして岡本さんの楽曲をカバーしたい」と電話で要請。「15日の昼ごろまでに話をクリアしたい」と結論を急いでいたという。疑惑は15日に中国メディアが報じ、日本でも公になった。中国メディアの取材に、万博事務局は慌てたのだろうか?

レコード会社はすぐに岡本の事務所に連絡。PRソングのビデオはすでに放映されており、岡本側はカバーの依頼を承知し、曲は類似でなくカバーであることを認めるよう求めていた。また、万博事務局は非公式ながら盗作疑惑について謝罪のために来日することも岡本側には打診していたという。

万博事務局は岡本側への楽曲使用の申請について、共同通信の取材に「分からない」としている。

なお、騒動の影響で、岡本の「そのままの君でいて」は、最新のレコ直総合ランキングで、圏外から30位に上昇した。





一転して事実上、盗作を認めて正式オファー

岡本真夜の「そのままの君でいて」が躍進、着うたフル&iTunesで急上昇。 ナリナリドットコム - 04月20日

上海万博PRソング「2010年は君を待っている」のパクリ騒動の渦中に置かれ、突如として注目を集めた岡本真夜の「そのままの君でいて」。正式に万博事務局からの楽曲使用申請を受け、これを岡本真夜側が受諾する形で一応の決着を見たが、この騒動によって同曲のネット配信にも大きな変化が現れている。    

まず、レコチョクの「着うたフル」のランキングでは、日本でもこの問題が大きく報じられ始めた16日付けのデイリーランキングで48位にランクイン。その後もジワジワと順位を伸ばしていたが、4月20日付けのデイリーランキングでは20位まで急上昇した。

また、iTunesでは4月20日現在、シングル総合チャートの10位まで浮上。数は少ないが、収録アルバム「RISE 1」と「Smile」のカスタマーレビューには、騒動以降に寄せられた同曲を評価するコメントも見られる。

1997年に発売した楽曲が13年の時を経て再び脚光を浴びた今回の騒動。盗作疑惑のかかっている作曲家には中国のネットで非難の声が上がっているものの、万博事務局の素早い対応と、岡本真夜の寛大な措置により泥沼化は避けることができた。結果的に「そのままの君でいて」も再評価される機会を得て、万博を通じて世界にその楽曲が届くという意味では、最悪の事態の中でも最良の着地ができたと言えそうだ。








画像


パクリーランドにパクリーソング。
ホント、面白すぎる(笑)。













RISE 1
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2000-05-31
岡本真夜

ユーザレビュー:
物足りない…シングル ...
ハニー・フラッシュ! ...
圧倒する歌唱力軽い曲 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



蛇拳 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2009-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



中国が世界市場を席捲する日
時事通信出版局
玉置 知己

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
上海万博マスコットにもパクリ疑惑?
上海万博マスコットにもパクリ疑惑、米国キャラに「生き写し」 :サーチナ 上海国際博覧会(上海万博)のマスコットの「海宝」の、“パクリ疑惑”が再燃した。米国で1950年代に発表された「ガンビー(Gumby)」にそっくりという。上海万博では、PRソングの冒頭部分などが日本 ...続きを見る
BORDERLINE
2010/04/22 04:57
上海万博テーマソングのパクリ疑惑
ニュースやワイドショーですでに話題の上海万博テーマソングのパクリ疑惑。 あまりのすごさに唖然です(^-^;)。。。 ...続きを見る
わくわくネットdeお得生活
2010/04/22 06:56
万博のテーマソングはパクリだった
上海万博が間もなく開催されますね。 先日万博のPRソングに盗作疑惑が持ち上がりました。 本来は中国人の新作のはずでしたが、日本の岡本真夜さんの曲の写し だったというのです。 音楽で盗作騒ぎはよく起きることです。 しかし、今回はかなり事情が違います。 ・国の威信をかけた一大イベントである上海万博に関係するもの ・開催まで時間がなく、新たに段取りをする余裕がない 盗作でありながら、後になって堂々と使わ ...続きを見る
古田行政書士事務所 ブログ版
2010/04/23 16:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
対比したものは初めて見ましたが、豪快にパクッてますね(汗)。
ただ、「パクられるほうが悪い」という発想の国にしては、対応が速かったかと。
さすがに万博だったからでしょうか?
CW
URL
2010/04/21 23:45
本当にまねて作った人は、わからないと思ったんでしょうね。
こういうことが起こるから、インターネットを規制するのでしょう、昔なら、解らないことでしたから。
予行演習で招待したら、とんでもないことが起きたらしく、その情景をテレビで見ていた弟は、「おとなしく並ぶ、日本より自由主義だな、といっていました」
v740gle
2010/04/22 00:43
CWさんこんばんは!コメントありがとうございます!
>対比したものは初めて見ましたが、豪快にパクッてますね(汗)。
メロディラインが一致してハモリのようになっていて、これが同じ曲じゃなきゃ何なの?というレベルですね。
別の記事によれば、中国人の6割は岡本真夜のオリジナル曲を知らないそうですから、中国国内での知名度が低いからバレないだろうと考えたんでしょうね。
万博じゃなく国内向けのイベントだったら、石景山の時のようにシラを切り通し、こんなに早く認めることはなかったでしょうね。
今日の別の記事では、PRソングだけでなく公式マスコットもアメリカのgumbyというキャラに酷似していることが発覚。恐るべし中国の東洋(盗用)文化・・・汗。
マチベー
2010/04/22 00:54
v740gleさんこんばんは!コメントありがとうございます!
>こういうことが起こるから、インターネットを規制するのでしょう、昔なら、解らないことでしたから。
そうそう、政府のウソがバレることを恐れるのと同時に、文化まで盗作で作られていることも分かってしまいますからね。
ドラマや映画も日本やハリウッドから無断で借用している作品がいっぱいあると前にTVでやっていました。おっしゃるように、中国政府は情報を遮断しているからバレないだろうと考えたのでしょうが、ネット時代に情報を完全に閉じることは不可能でしょう。外交のしたたかさに比べ、情報に対する認識は驚くほど無防備ですね。
マチベー
2010/04/22 01:01
中国人作曲家側は盗作を否定したとかニュースに出てましたね。

岡本さん側と盗作かどうかの議論をしないことで合意したとのこと。

いやあ、本当に盗作はなかったのか、それとも単に往生際が悪いだけなのか?
家元
2010/04/23 23:27
こんばんは〜
コレほんまに笑えるわぁ
作った人は「部屋を歩き回っていた時に思い浮かんだ」みたいな事言ってるらしいけど
きっと部屋の中を歩き回ってる時に、どこかから岡本真夜の曲が流れてきたんじゃないんですか?
たぶん、きっと、そうだよ(爆)
ろこ
2010/04/26 23:05
家元さんこんにちは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>中国人作曲家側は盗作を否定したとかニュースに出てましたね。
まぁ、たとえ盗作とバレても、絶対に認めず故意ではなかったと釈明するしか本人が名誉を守る方法はないですから。
僕は、この作曲家が他人の曲を盗用したのは今回が初めてではないのでは?と疑ってます。
他にもJ−POPや海外の音源から無断で借用した曲があり、一つ認めると芋づる式に次々発覚してしまうので、シラを切り通すより他に道が無いのではないかと。だから、この先生が書いた他の曲も聴いてみたくなりました(笑)。
マチベー
2010/04/27 14:52
ろこさんこんにちは!コメントありがとうございます!
>きっと部屋の中を歩き回ってる時に、どこかから岡本真夜の曲が流れてきたんじゃないんですか?

もしくは、前にどこかで聴いた岡本真夜のメロディが頭に残っていて、それを作曲中にたまたま思い出したと。記憶に残っていた曲が脳裏に甦っただけなのに、「新しいメロディが浮かんだ」と解釈している可能性も考えられますよね。うろ覚えのメロディがここまでピタリと一致することは考えにくいのではないでしょうか。僕が裁判員ならクロ判定ですw
マチベー
2010/04/27 15:01
ネットの規制ですが
なんと中国へ仕事に行っている人の話では
「テレビと言えば、IPテレビ(ネットテレビ)が、先週の金曜日から映りません(涙)
聞いたところによると、「中国当局が規制を掛けた」との事です。
その規制理由が、「中国のコピーに纏わる報道が、連日のように放送されてる」からとか!」
という現状のようです。
さすが中国。
マスコットも笑っちゃいます。
オリジナルはマチベーさんの大好きなチャイナ服だけでしょうか。
v740gle
2010/05/01 11:41
v740gleさんこんにちは!コメントありがとうございます!
>その規制理由が、「中国のコピーに纏わる報道が、連日のように放送されてる」からとか!」
おっしゃる通り、さすが・・・としか言いようがない原始的な対応ですよね。あちらの国では国家は国民のものではなく支配者のものという発想だから、何をやっても許されるということなんでしょうね。でも、いずれは体制崩壊の時がやってくるのかもしれません。

おっと、僕はチャイナドレスだけでなく中華料理も大好きですよ。しかし、チャイナ服はなんであんなに深くスリットが入ってるんでしょう?笑。
マチベー
2010/05/02 12:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
上海万博PR曲「パクり疑惑」のお陰で岡本真夜が再ブレイク!?www マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる