マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯 スペイン 2-0 ホンジュラス他セカンドラウンドを終えて

<<   作成日時 : 2010/06/22 16:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010FIFAW杯南アフリカ大会は第2ラウンドを一通り戦い終え、いよいよグループリーグの最終戦である第3ラウンドに突入します。


第2ラウンドまでで取り上げないといけないのはやはりヨーロッパの強豪チームが軒並み苦戦していること。優勝候補の筆頭に上げる人も多かったスペインが初戦のスイス戦でまさかの敗戦。2戦目で勝ち点3を確保したものの、2-0というスコアはスペインとホンジュラスの地力の差を考えるといささか物足りない結果です。無いとは思いますが、第3戦でグループ首位のチリとの直接対決に負けるようなことがあればGL敗退までチラついてきます。

グループFの前回優勝国イタリアやグループCのイングランドも2戦を終えてともに2分けといまだ勝ち星なし。イタリアは3戦目の相手がグループ最下位のスロバキアなので勝って自力での決勝T進出を決める可能性が高いものの、イングランドは今大会好調でグループ首位のスロベニアが相手。総合力でイングランドの優位は動かないものの、2試合でわずか1得点という決定力不足に悩んでいる現状では勝利もおぼつきません。チーム内にゴタゴタが起きてまとまりがないのも気になります。

グループDのドイツは初戦で4-0と豪州を圧倒したかと思いきや、2戦目でセルビアに0-1でコロッと負けて1勝1敗の勝ち点3で現在2位。最終戦でグループ首位のガーナと直接対決を残しますが、この結果如何によってはGL敗退の危険性もはらんでいる状況。持ち前の勝負強さで勝ち抜くことができるでしょうか。

もっとも絶望的なのは前回準優勝でグループAのフランス。ここまで1敗1分けの勝ち点1でいまだノーゴール。最終戦の相手は同じく勝ち点1の開催国である南アフリカで既に自力での決勝T進出は消え、第3戦で4点以上の大差で勝たないとGL通過が厳しい状況まで追い込まれました。

欧州勢の不振で原因として取り沙汰されているのが欧州での過密スケジュールによる疲労の蓄積。毎度のことながら、欧州CLが終わってすぐにワールドカップが開幕というタフな日程に苦しんでいます。移動や合宿による負担も少なく地元の熱狂的な応援の後押しも得られる欧州開催ならともかく、激戦の疲労で傷んだ身体を休める間もなく始まるこの大会で、地元以外の開催地でもベストのパフォーマンスを発揮できるのは超人的な体力の持ち主だけなのかも。いずれにせよ、欧州のトッププレーヤーたちにとって負担の大きい大会であることは確かです。

地元であるはずのアフリカ大陸勢の不振も目立ちます。計6チーム出場のうち、グループDでドイツを抑えて首位を走るガーナを除くと、南アフリカ、ナイジェリア、アルジェリア、カメルーンの4チームがグループ最下位。残るコートジボワールもグループ3位ながら、次戦でポルトガルがブラジルに敗れ、なおかつ自分たちが北朝鮮に9点差以上で勝たないと決勝T進出できないという状況なので敗退はほぼ確定的。開催国は必ずGLを突破するというジンクスは今大会でジ・エンドとなりそうです。

4チームが出場したアジア勢は明暗が分かれています。最終戦に勝てれば無条件で決勝T進出が決まるのが日本、次いで相手の成績次第ではあるものの決勝T進出に極めて有利な位置にいるのが韓国。この2カ国は揃って2戦目で敗北を味わいましたが、初戦に勝利していたことで依然として優位な状況にあります。

一方で北朝鮮は初戦のブラジル戦で大健闘を見せたものの、2戦目のポルトガル戦で0-7という屈辱的大敗を喫して「死の組」で早々と敗退が決定。オーストラリアも数字の上ではまだ可能性を残していますが、自分たちがセルビアに勝利した上でガーナがドイツを破ることが条件になり、こちらも自力では決められない苦しい状況が続きます。

アメリカ大陸は北中米・南米ともに好調で、トータル8か国中、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル、チリの5カ国がグループ首位、メキシコとアメリカが2位でホンジュラスを除く7カ国が全て決勝T進出の可能性を残しています。ブラジル、アルゼンチン、チリは2連勝、メキシコ、ウルグアイ、アメリカ、パラグアイは無敗と圧倒的な勝率を残しており、トーナメントでも多くのチームが上位進出するかもしれません。

過去のジンクスに「ヨーロッパ以外の地域で開催された大会は全て南米チームが優勝する」というものがありますが、南ア大会もこのままだとジンクス通りになる可能性が高いかも。となると、決勝はブラジル、アルゼンチンあたりによる対決か。いやいや、そんなに簡単に済む話ではなく、今後の欧州勢による巻き返しに期待ですよ。日本もトーナメント進出を自力で決めて欲しいものです。






WORLD GOALS (DVD付 (COSMIC MOOK サッカーベストシーン 13)
コスミック出版

ユーザレビュー:
次も早く…1966年 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会TM オフィシャルガイド (ShoPro Books)
小学館集英社プロダクション
キア・ラドリッジ

ユーザレビュー:
公式サイトで補足が必 ...
現地観戦なら必須ワー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



FIFA(R)ワールドカップコレクション DVD-BOX 1990?2006
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2010-04-23
スポーツ

ユーザレビュー:
写真で振り返るワール ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
W杯 スペイン 2-0 ホンジュラス他セカンドラウンドを終えて マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる