マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯 今夜からベスト8 注目のブラジルvsオランダ ドイツvsアルゼンチンほか

<<   作成日時 : 2010/07/02 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会はいよいよ佳境に入り、大会を通じてもっとも面白い試合が見られると言われる準々決勝の4試合が今日から始まります。


準々決勝がなぜ面白いのか?一つには8強に残るようなチームの多くはいつ優勝してもおかしくないだけの力を持った強豪ばかりだから。今大会も実績と実力を兼ね備えたブラジル、アルゼンチン、ドイツに、優勝経験こそないものの毎回のように優勝候補に挙げられるスペイン、オランダ、そして古豪ウルグアイに急成長のガーナ、堅い守備が自慢のパラグアイという強いチームが勝ち上がってきました。

ベスト8に残った8チームのうちガーナを除く7チームがグループ首位で通過した国々。この結果を見ればグループ2位だった日本がベスト16で敗退したことも順当であったことを裏付けています。こうしたよりすぐりの強豪チーム同士が激突する試合を4試合も見ることができるのですから贅沢の極みとはこういうことを言うのでしょう。

もう一つの理由として、ベスト8の試合ではどのチームも必死で勝ちに行く試合を展開するので、見ている側にとってはこれ以上ないほど見ていて面白いスリリングな試合が展開されることが多いということもあります。
決勝ともなると両チームとも負けたくない気持ちが先に立ち、リスクを避けてカウンター狙いといった守備的で退屈な試合になることが多いのですが、準々決勝ではどのチームもよりアグレッシブに戦わないと勝ち抜いていくことができないので、スペクタクルで攻撃的なサッカーを期待できるというわけ。強いチーム同士が捨て身で攻撃的なサッカーを展開する面白い試合を見たければ準々決勝を見逃してはもったいないといつも思います。



日程 試合開始(日本時間) 組み合わせ
7/2 23:00 オランダvsブラジル
7/2 27:30 ウルグアイvsガーナ
7/3 23:00 アルゼンチンvsドイツ
7/3 27:30 パラグアイvsスペイン




この中で、何と言っても注目度が高い組み合わせはといえば今夜のオランダvsブラジル戦、そして明日のアルゼンチンvsドイツ戦になるでしょう。

グループEで日本と対戦したオランダは、決勝Tに入って故障を抱えるエースのロッベンが先発に復帰。そのスロバキア戦で前半にいきなり復活ゴールを決めるあたりはさすがのひと言です。今後もフル出場は難しそうですが、彼の活躍なくしてオランダの上位進出は考えられませんので、ブラジル戦でも鍵を握るのはエースである背番号11の出来ということになるでしょう。
ここまでの戦いぶりを見る限り、オランダのコンディションはまだ本調子には程遠い内容が続いています。悪いなりに勝ち上がって来るあたりはさすがですが、これまでのようなモタモタした試合をしていたら、王者ブラジルに勝つことは難しいように思います。オランダにとって今夜が今大会最大のヤマ場となります。

一方のブラジル。ここまで4戦して3勝1分け、得点8の失点2で貫禄の内容です。まだチームとして熟成されていない感じもありますが、それを補って余りあるだけの個の力を持っています。前のチリ戦ではL・ファビアーノとロビーニョというエース2人が揃ってゴールとさらに調子を上げてきており、今大会優勝候補の筆頭であることは間違いないと思います。ブラジルの試合を見ていると、前線からの守備が徹底されており、これまで見てきたブラジル代表とは全く違うドゥンガのチームだなという印象をいっそう強く持ちました。試合は2-1でブラジルの勝利と予想していますが、できればオランダに勝ち上がって欲しいと思っています。

アルゼンチンvsドイツ戦も因縁の対決で注目度の高い組み合わせ。アルゼンチンを率いるマラドーナ監督が選手として優勝とMVPを手に入れた86年メキシコ大会の決勝の相手がこのドイツでした。
アルゼンチンは攻撃陣に今大会最強のメンバーが揃っていますが、守備陣にやや不安がありました。しかし、フタを開けてみればベスト8に残ったチームで最多の10得点、失点もわずか2で攻守ともに安定しており、今のところスキのない試合を続けています。エースのメッシはいまだノーゴールですが、彼が相手守備陣を引きつけることで味方にチャンスをもたらす場面がたびたびあり、チームの引き立て役に徹しています。代わりにイグアインが好調でゴールを量産。テベスも好調キープで彼らを止めることはドイツにとって非常に厄介な仕事になるでしょう。

ドイツも負けてはいません。大会前に中心選手のバラックを負傷で欠き、苦しい戦いを強いられるだろうという評価が多かった中、若手の大活躍で大黒柱欠場の穴を微塵も感じさせない勢いで勝ち上がってきました。
その中でも特に輝いているのがエジルとミュラーの二人。ともにまだ20代前半の若手ですが、エジルの圧倒的なスピードとミュラーの爆発的な破壊力を武器にチームトータル4試合で9得点をマーク。これまでの堅い守りに頼った退屈なチームという悪しきイメージを払しょくし、フレッシュでダイナミックでアグレッシブなチームとして新しいドイツの誕生に成功したと思います。経験豊富なベテランのクローゼも健在で、この試合の勝者がそのまま決勝まで勝ち上がっていくような気がします。難しいところですが3-2でアルゼンチン勝利かな。この2チームのうちどちらかがベスト8で大会を去るというのはつくづくもったいない(汗)。






マラドーナ [DVD]
キングレコード
2010-06-09

ユーザレビュー:
本当のディエゴファン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



MARADONA THE GOLDEN KID~天才マラドーナの光と影~ [DVD]
ポニーキャニオン
2010-03-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



マラドーナ 新たなる闘い---アルゼンチン代表、ワールドカップ予選345日の軌跡
河出書房新社
藤坂ガルシア千鶴

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
W杯 今夜からベスト8 注目のブラジルvsオランダ ドイツvsアルゼンチンほか マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる