マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS Jリーグ第17節 FC東京vs 名古屋グランパス 0-1 またこのパターン?(追記あり)

<<   作成日時 : 2010/08/08 18:15   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今夜は花火祭りの味の素スタジアムで名古屋グランパス戦を観戦。

画像


いつもより高い所に場所を陣取っている為か、非常に涼しい風が吹いていて心地よい夕暮れです(o^∀^o)
情報によれば、スタンドからだと花火はよく見えないらしいので、後ほど場所を移動してみようかな。


試合の方はといえば、前半から鋭い出足でボールを支配し圧倒的に攻め続ける東京とそれをしのぐ名古屋という図式で展開。トータルのシュート数でも名古屋の10本に対して東京は倍の20本。このうち決定的な場面だけでも名古屋の2,3回に対して東京には5,6回はあったと思います。連戦の疲労が蓄積する中でも東京は序盤から積極的かつ攻撃的なサッカーを展開していました。

にもかかわらず、結果は0-1で敗れて勝ち点ゼロ。試合終了間際、4分あったアディショナルタイムの最後の最後に名古屋のDF闘莉王のヘディング一発を決められて撃沈。ボールを支配して常に攻め続けたゲーム内容は決して悪いものではなく、決めるべきところで決められなかった詰めの甘さが最後に響いてしまった形。本当なら先に2点くらい取れた試合でしたね。2点取っていて最後に1点返されても2-1で逃げ切りとなるべき試合だったはず。決められない攻撃陣と最後を踏ん張り切れなかった守備陣で勝ち点3をみすみす落としてしまった試合でした。

東京にとっては味スタ、国立を合わせても今シーズン初めてのホームゲームでの敗戦。というと聞こえは良くて、いかにも好調なチームみたいですが、ここまでホームで9試合戦って2勝1敗6引分け。スコアレスドローや追いつかれての引分けが多いので見ている側にとってはストレスのたまる試合が多いこと。

7月25日の湘南戦を皮切りに、1年のうちでもっとも暑いこの時期に14日間で5試合という超過密スケジュールの中、この間の5試合を1勝2敗2分け。この日も前半は良かったのに、終盤は完全に足が止まってボールが足につかない場面が何度もありました。厳しい日程の中でよく戦っていた選手たちには酷な面もありましたが、それでも本当に強いチームなら悪いなりに、疲れているなりに戦って1-0とか2-1で逃げ切れたはず。それができていないからこその今の順位(12位)なのでしょうな。

勝てない理由は明白。新加入の大黒や調子を上げてきたリカルジーニョらの活躍でこのところ得点力が少しずつ向上していた中での今シーズン4度目の完封負け。失点の少なさではリーグのベスト5に入る堅実さながら、得点力の低さは開幕から常にリーグのワースト5をキープする低空飛行。得点、失点ともにリーグの上位5位以内に入っている名古屋とはFW陣の得点力の差がそのまま順位の差となっています。

首位争いに絡むこの日の相手の名古屋は共にパスサッカーを標榜している似た者同士。失点数では両チームは並んでいるものの、得点力で大きな隔たりがあり、かたや優勝を狙う位置にいる名古屋に対して東京は12位と低迷。名古屋の前線でポストプレーを担うケネディが10点取ってリーグの得点ランキングで1位にいるのに対し、同じようなプレーヤーの東京・平山はリーグ戦でわずか2点のみ。この差がそのままリーグでの順位に反映しています。

言いたくないが、城福監督はいつまで平山の先発起用にこだわり続けるのでしょうか。先発は他のメンバーで回し、イングランド代表のクラウチみたいに負けている試合のラスト10分とか15分のパワープレーに限定して使った方が平山も力を発揮できるように思います。それでもJFKは使い続けるんだろうな。この試合のあと、東京はJ2大分のFW前田俊介の獲得とFW赤嶺の仙台への移籍(いずれも期限付き移籍)を発表しました。












FC東京の挑戦―魅せる「セクシー・フットボール」をめざして
小学館
荒川 裕治

ユーザレビュー:
最近ファンになった方 ...
首都のチームはFC東 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FC東京の挑戦―魅せる「セクシー・フットボール」をめざして の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Jリーグエンタープライズ FC東京 テープストラップ
Jリーグエンタープライズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグエンタープライズ FC東京 テープストラップ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Jリーグ第17節 FC東京vs 名古屋グランパス 0-1 またこのパターン?(追記あり) マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる