マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラジルフェスティバル2010 代々木公園9/4(土)5(日)(追記あり)

<<   作成日時 : 2010/09/05 18:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

9月4日(土)と5日(日)に東京・代々木公園にて開催されたブラジルフェスティバル2010の模様です。僕は4日に参加しました。


画像



画像



この日も東京の最高気温は35度を記録。9月というのに日差しは真夏のままでしたが、猛暑の中でも大勢のお客さんで賑わう華やかなイベントでした。日本各地でコミュニティを作っている日系ブラジル人の方々が中心となっているのですが、お客さんも日本人より外国人や日系人の方が多く、日本にいるとは思えないほどインターナショナルな雰囲気です。日本語があまり通じないお店も多く、日本人観光客に慣れた外国というレベルで異国情緒たっぷり。


画像



昼過ぎに会場に着いた僕はさっそく並んでいるお店を物色。お店が沢山あり過ぎて迷ってしまいましたが、とりあえず最初にブラジルのコロッケのようなもの(名前は忘れた・・・汗)を食べてみることに。中身はじゃがいもらしきものと鶏肉だそうですが、味は鶏レバーのペーストとコンビーフをジャガイモと混ぜたような感じ。1個300円にしては小さいけどお祭り価格だから仕方ないですね(笑)。我々が普段食べている日本のコロッケより、きめ細かいパン粉でサクサクに揚げてあり食べやすくて美味しいです。食事というよりおやつにピッタリという感じ。

画像


こちらはビーフライスで1人前500円。お店に貼ってあるメニュー写真で見るともうちょっとボリュームがありそうに見えたんだけどな(苦笑)。感想はそのものずばり、ブラジル風の牛丼といった感じ。香りや味からして、中にチーズが入ってると思います。それなりに美味しいけど、値段や味を考慮しても日本の牛丼チェーンの方が上ですね。

画像


お腹も満たしたところで、午後13時30分頃から公園内のステージでイベントがスタート。司会者は見た目は日本人と変わらない日系ブラジリアン男性。ところどころに日本語も混ぜていたものの、ほぼ全部ポルトガル語で喋っているので話の内容は全く理解不能でした。プロなのかアマなのか不明ですが、テンションは高いし盛り上げ方も上手でお客さんのウケも非常に良かったです。
アシスタントの女性はところどころ日本語に通訳してくれましたが、ポルトガル語があまり良く分からないらしく、言葉の意味を知らなかったり、変な風に訳してお客さんから笑われたりして苦戦していました。

画像



少年少女の合唱団(?)による日本とブラジル両国の国歌斉唱のあと、日系ブラジル人美女によるミスコンテストが始まりました。客席にはミスコン参加者よりキレイな子も沢山いたけど、参加者はモデル志望や女優志望という方が大半。要するに、参加するのは自己主張が強くて出たがりな子ばかりという訳ですね。はい、分かります(笑)。でも、さすがというか、みんなスタイルが良くてカッコイイ。

画像


これは名前が分からないのですが、ブラジリアン武術の演武というのでしょうか(※CAPOEIRA カポエイラという名前だそうです)。アクロバティックな宙返りを見せたり、ジャッキー・チェンの映画みたいなアクションを見せたりというところまではまるっきりカンフーと差が無いようにも見えます。腕一本で逆立ちしたりするところは凄すぎ。
演武をしている以外のメンバーはステージの上でずっと歌を歌っているあたりがブラジル流なんですかね。これは動画で撮影すれば良かったかな。スピード感のある動きで観客を魅了し、個人的にも一番楽しめました。

画像


続いて14時30分頃からはBanda Via Brasil (バンダ・ビア・ブラジル:MPB)というボサノヴァらしきバンドのライブ。これも凄い良かった。ヴォーカルが年配の女性でしたが、日頃J-POPで高音だけを強調するような歌ばかりを聴かされているせいか、渋みのある低音の声が魅力的でした。この日はラテンのノリで踊れる曲ばかりをやっていたこともあり、ブラジリアンはみんな踊りまくってました。
僕が一番気になったのは黄色いタンクトップ姿でヴォーカリストの両脇に踊っていたダンサーの方。男性と女性がいましたが、ラジオ体操とビリーズ・ブートキャンプを足して2で割ったような不思議なダンスを弾けんばかりのとびきりのスマイルで踊っていました。

15時過ぎにはミスコンの第2ステージがスタート。第1ステージでは健康的なタンクトップにショートパンツ姿だった参加者が今度は艶やかなドレス姿に変身。参加者は上は20代後半から下は15歳だか16歳だかの若い子までいたかな。若い子でもみんな大人っぽいので10代とかハタチ前後には絶対見えないようなセクシーさがありました。が、ここは省略。

画像


この方がたぶんChiquinho (シキーニョ:MPB, samba, Pop)さんという方かと。違ってたら失礼。繰り返しの言い訳だけどポルトガル語なんてまるっきり分からんのです。このあたりを良く覚えてないなと思ったら、僕は疲れてちょっと休憩してた時でした。

画像


その後、16時過ぎにミスコンの最終審査と結果発表。手前で花束を受け取っているのが確か優勝した子だったかと。この頃にはみんなステージ近くまで殺到してきて、ステージがまともに見えない状況になっていました。腕を伸ばして適当にシャッターを切ったので顔の部分が見切れていたりします。

画像


最後は参加者全員が並んで笑顔でポーズ。記念撮影でめでたし、めでたし。
ミスコンに出ていた子たちに限らず、ラテンの皆さんはTシャツでもタンクトップでもワンピースでも、着ている服がみんなボディコンシャス。体にピッタリしたサイズの服を着ている人ばかりで、露出度が高い上にボディラインがまともに出ていて、はっきり言ってかなりエロい。しかも足が長いのでショートパンツがやたら似合います。

ただし、みんなっていうのは、スタイルが良い子ばかりではなく太った人もかなりお年をめされた年配の方もみんな、という意味です。だからハリウッド映画に出てきそうなくらいカッコ良くてセクシーな人もいれば、関取クラスのおデブちゃんまでも堂々とボディコンシャスな服を着て肌を露出するもんだから、ちょっと目のやり場に困るところも(苦笑)。

画像


トリを飾ったのはKID ABELHA(キッジ・アベーリャ:Brazilian Pop-Rock)というバンドのライブ。聞いてる感じではメンバーの到着が遅れてるみたいな話に聞こえたけど、機材のトラブルなのか、単にメンバーの遅刻なのか詳細不明ながらずいぶん長いこと待たされました。司会のDJさんが繋ぐのに必死。でも、ゲームをやったりしてなんとか時間を繋いで飽きさせないように努力してくれている姿が見えました。

遅れてやってきたトリのライブはサウンドのバランスが悪いのか、最初のうちは音が割れまくって非常に耳触りに聴こえましたが、途中からは微調整できたのか落ち着きました。特別にテクニシャンという感じはしないものの、非常にライブ慣れしているベテランのバンドという印象。ベテランの味というか、安心して見ていられる貫禄たっぷりの良いライブでした。

音楽的にはアメリカのPOPミュージックのメロディにラテンのリズムとポルトガル語の歌詞を乗せたような感じ。僕は知らなかったけど日系ブラジル人たちにはかなり有名らしく、逆に知らない人はいないというほど凄い人気。みんな一緒に歌ってたし、出てくる時の盛り上がり方も尋常ではなかったので、相当メジャーなバンドなのだと思われます。ヴォーカリストはこちらもベテラン女性シンガーで、何年か前に日本でも流行ったコアーズみたいな透明感のあるキレイな声の方。歌も良かったです。CD買ってもいいかなと思うほど。

この頃には日が落ちて辺りもいつの間にか薄暗くなり、時おり吹き抜ける風があんなに暑かった日中からは想像もつかないほどひんやりして気持ち良くなっていました。この風は間違いなく秋の気配だなーと感じさせてくれます。汗だくになって踊り狂っていたラテンの方々が周囲に密集していた為、依然として半端なく暑かったことは間違いないのですが・・・。ライブは大盛況のうちに終了。13時半から始まったステージでの様々な出し物が終わった頃、時計の針は18時を回っていました。
日曜日には宮沢和史(THE BOOM / GANGA ZUMBA)も来るというので2日連続で行きたい気持ちもありましたが、土曜日の疲れで死んでいたので断念。機会があればまた参加したいと思える楽しいイベントでした。





ブラジルフェスティバル2010(FESTIVAL BRASIL2010) → http://www.festivalbrasil.jp/

ブラジル・フェスティバル2010のアルバム → コチラ






Kid Abelha
Wea Brazil
1998-12-25
Kid Abelha

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kid Abelha の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブラジルのことがマンガで3時間でわかる本―BRICsの一角で注目される (アスカビジネス)
明日香出版社
吉野 亨

ユーザレビュー:
想像以上の内容ブラジ ...
肌感覚でブラジルを理 ...
地球の反対側にある国 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラジルのことがマンガで3時間でわかる本―BRICsの一角で注目される (アスカビジネス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



未来世紀ブラジル [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2009-07-08

ユーザレビュー:
コミカルさが必然の映 ...
同じ発想のパターン官 ...
現代社会に対する痛烈 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 未来世紀ブラジル [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ごらんになったラジルの格闘技のようなものは
CAPOEIRA カポエイラといいま〜す。
brazilian
2010/09/19 11:42
brazilianさんこんにちは!
>ごらんになったラジルの格闘技のようなものは
CAPOEIRA カポエイラといいま〜す。

名前を教えて下さってありがとうございます!そうそう、そうでした!現地で聞いたにも関わらず名前が思い出せなくて(苦笑)。
カポエイラは見ていて本当に面白かったです。蹴りやパンチが当たっちゃったらどうするんだ?と冷や冷やしながらも寸止めしたり、ギリギリのところでかわしたりしてスリル満点。
カンフーみたいでありながら、ブレイクダンスにも似ていて魅せる要素たっぷり。エンターテイメントとしては申し分ない迫力とスピード感でした。いい物を見せて頂いたと思って紹介しました。それだけ喜んだ割に名前を覚えられなかったのは情けない限りですが(笑)。
マチベー
2010/09/19 16:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブラジルフェスティバル2010 代々木公園9/4(土)5(日)(追記あり) マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる