マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS FC東京 城福監督解任! 大熊元日本代表コーチ就任へ

<<   作成日時 : 2010/09/21 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

リーグ16位に後退し、不本意にも残留争いに本格参入したFC東京は、城福浩監督を解任して大熊清氏に交代する人事を正式発表。ショック療法でJ1残留を目指すことになりました。


降格圏内のF東京、城福監督を解任
(読売新聞 - 09月19日 18:42)

J1・F東京は19日、城福浩監督(49)を成績不振のため解任し、後任にW杯南アフリカ大会の日本代表コーチを務めた大熊清氏(46)の就任を発表した。
今季J1の監督交代は大宮、京都、神戸に続いて4クラブ目。

城福監督はU-17(17歳以下)日本代表監督を経て、2008年からチームを率いた。球をキープし続けて試合の主導権を握る戦術で、1年目はリーグ6位。09年はナビスコ杯で優勝、リーグ5位だった。今季は「最終節まで優勝争いをする」ことを目標に掲げたが、序盤から低迷。現在9試合続けて勝利がなく、16位と降格圏内だ。城福監督は「かかわったすべての選手にお礼を言いたい」などとするコメントを出した。


FC東京が城福監督を解任、後任に大熊氏
(サンケイスポーツ - 09月20日 08:05)

昨年のナビスコ杯で優勝を決め、ガッツポーズする城福前監督。1年もたたずに解任となった
J1第23節第2日(19日、宮城スほか)仙台が山形を下して13位に浮上した。J2降格圏の16位に転落したFC東京は、成績不振を理由に城福(じょうふく)浩監督(49)を解任。後任に6月の南アW杯で日本代表コーチを務めた大熊清氏(46)を選んだ。9季ぶりの復帰で、25日の大宮戦(味スタ)から指揮を執る。

東京・小平市のグラウンドを秋風が吹き抜けた。FC東京の午前練習に顔を出した城福監督を待っていたのは、解任通告だった。08年の就任初年度は6位、2年目は5位でナビスコ杯も制した熱血指揮官は、燃え尽きたような笑みを浮かべて荷物をまとめた。

集大成の3年目は「真の優勝争い」を目標に掲げたが、故障者が相次ぎ“日替わりオーダー”が続いた。現在、リーグ戦4勝9分け10敗、J2降格圏内の16位。18日の磐田戦に1-2と敗れ、9戦連続で白星に見放された。クラブの村林裕社長(57)は「ここ数試合の内容と残り試合数(11試合)を考えた」と、前夜に解任を決断した。

後任はJFL時代の95年からFC東京を指揮し、99年にJ1昇格に導いた大熊氏。契約は今季終了までだが、来季続投が前提という。この日、クラブハウスに現れた大熊氏は「冷や汗なり、汗なりを現場で流したいと思っていた」と火中のクリを拾う覚悟をみせた。

クラブ史上初のJ2降格を避けたい村林社長は「彼を選んだ一番の理由は勝負強さ。間違いなく一級品です」とわらにもすがる思いだ。大熊氏は05年の世界ユース選手権(現U-20W杯)で日本代表を指揮し、なんと未勝利ながら1次リーグを突破。今年6月の南アW杯でも日本代表コーチとして、厳しいとみられた16強入りを果たすなど、日本サッカー界きっての“強運男”で知られる。

FC東京にはFW平山らユース代表での教え子も多く、“ピンチヒッター”には適任。さっそく中心選手のMF梶山、DF徳永を呼び出し「オレは手助けはできるが、やるのはオマエらだ」と一喝していた。



。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!


ついに恐れていたことが現実となったか。7月17日にW杯による中断から再開して以降、15試合(リーグ戦・カップ戦合わせて)で2勝7分け6敗、現在もリーグ戦で9戦連続して勝ち星なしという極度の不振にあえぐチームの状況を考えれば、城福さんに弁解の余地はないでしょう。この間で勝ったのは唯一3点以上取れた湘南戦とアマチュア相手の天皇杯のみ。その天皇杯でも学生相手にわずか2点と深刻な得点力不足を露呈して泥沼の不振を続けていました。

ただ、一方でJFKには同情の余地もかなりあったかと。シーズン開幕前の大事な時期に多数の主力選手が日本代表候補に招集。それによりチーム練習がまともにできなかった点について、シーズン開幕前から危惧する声が少なからずありました。また、主力にケガ人が続出してベストメンバーが組めなかったことも、多数の代表選出と関連性があるのではないかという指摘もあります。

故障者続出で人が足りず、長期離脱の米本の穴を埋めたのがサイドバックの徳永やサイドハーフの羽生。本来は外で勝負する彼らをボランチで起用した急造布陣は全く機能せず。梶山や石川ら主力も故障の影響でプレーの質が落ち、簡単にボールを奪われる場面も目立ちました。センターラインの守りは日本代表でW杯にも出場した今野以外の選手に安定感が足りず。潜在能力は高い森重やキム・ヨングンは良い時と悪い時との落差が激しく、ゴール前での致命的なミスで相手にPKを献上するなど、不安定さを露呈する場面が続きました。

フロントによる補強もチグハグだった印象が拭えません。昨年のこの時期、センターフォワードで攻撃の軸になっていたカボレが中東クラブへ移籍。代わりに獲得した助っ人は即戦力ではなく育成段階というべきリカルジーニョ。高いテクニックと将来性は評価されても現時点ではチームの軸にはなりえず。若さゆえか、独りよがりの個人プレーが目立っていて信頼感は今一つです。

その上、リカは中央に張って味方の攻め上がりを引き出すセンターFWというより、外に開いてボールを受けてチャンスメイクするのが得意なサイドハーフかウイングというタイプ。同じタイプの石川や鈴木達らとポジションが重なってしまうこともたびたびありました。新規加入した松下も似たような外で勝負する選手。アウトサイドのプレーヤーばかりをずらりと揃えた反面、センターラインは人材不足で負傷者が出ると選手のやりくりに困窮。ポジションごとのラインナップにバランスを欠き、監督がやりくりに苦心する結果に繋がりました。

目指すサッカーに問題があったというよりも、補強、コンディショニングといったチーム作りの段階で躓いた結果、序盤戦で出遅れてしまう展開になったことが大きかったように思います。その上、勝てない焦りからプレーが雑になり、さらに負けを重ねるという負のスパイラルに陥った東京。様々な手を尽くして事態を打開しようとした城福監督でしたが、打つ手がことごとく裏目に出てさらなる状況の悪化を招く悪循環。ここ数試合はどうにも打つ手なしというところまで追い詰められて先の見えないトンネルの中でもがき続けていました。

新監督は9年ぶりに復帰する大熊さん。危機感は持たなくてはいけないものの、まだ慌てたり必要以上に悲観的になる時期でもありません。目の前の試合に集中して着実に勝ち点を積み上げていけば、このままあっさりJ2に落ちるようなチームではないはずです。

今の状況を見る限り、不振の責任は監督だけでなくフロントも負うべきですが、ほんの1〜2週間前に監督交代はないと発表しながら、わずかな期間であっさり翻意した対応、成績が悪いとすぐ監督をコロコロ変える一貫性のない戦略では、チームが強くなれないのも無理もないところ。もっとも入れ替えが必要なのはフロントの方だと指摘する声も実に的を射た指摘です。

ただ、降格圏内といってもまだシーズンの3分の2を通過しただけ。残り3試合ならいざ知らず、シーズン34試合のうちまだ11試合を残している段階なので巻き返す時間は十分にあります。選手たちにはもう一度、奮起して戦う集団として再生して欲しい。その時間はまだあるのだから決して卑屈になってはいけないと思います。





http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/8eaa7505b8
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/sponavifootball/tb_ping/316
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/takuro7/tb_ping/174
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/opurks1/tb_ping/23
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kaigaigumi/tb_ping/5
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/tokyofandb/tb_ping/105






FC東京サポーターズ・ソング
EMIミュージック・ジャパン
2000-07-12
東京ファンの人達

ユーザレビュー:
もう最高!!もしこれ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FC東京サポーターズ・ソング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



FC東京の挑戦―魅せる「セクシー・フットボール」をめざして
小学館
荒川 裕治

ユーザレビュー:
最近ファンになった方 ...
首都のチームはFC東 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FC東京の挑戦―魅せる「セクシー・フットボール」をめざして の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



2010 Jリーグチームエディション・メモラビリア FC東京 BOX
エポック社
2010-08-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2010 Jリーグチームエディション・メモラビリア FC東京 BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
マチルダベイビーさんこんにちは。
FC東京の現状をよく把握されていますね。
残り11試合。新監督のもと、冷静に勝ち点を築きましょう。
雀チュン
2010/09/21 20:09
まだ、
手をうとうとしているのが素敵です。
湘南なんて何も。
やはり選手の補強がひどいです、
前からDFがひどいといっているのに、確かFWかなんか補強しています。
かといっても湘南の場合は監督変えてもDFがあれでは、
監督がかわいそうというのがありますが。
しかし、レッズといいどこのチームも補強する場所が違うじゃんということばかりするのでしょうか。
一番の傑作は、何でいまさら高原のレッズ入りでした。
今はまた海外に行ってしまいましたが。
v740gle
2010/09/23 10:56
雀チュンさんこんにちは!コメントありがとうございます!
>残り11試合。新監督のもと、冷静に勝ち点を築きましょう。

味スタまで見に行くのは月1程度ですが、MXが映るようになったのでホームゲームはだいたい見てます。
今年は何もかもが上手く行かない年でしたね。でもまだ残り11試合あります。しっかり勝ちを拾って順位を上げて欲しいですね!
マチベー
2010/09/23 15:15
v740gleさんこんにちは!引き続きコメントありがとうございます!
>レッズといいどこのチームも補強する場所が違うじゃんということばかりするのでしょうか。
分からないけど、移籍市場のタマ数が少ないのが理由の一つかなとも思います。海外に比べて流通する選手の数が少ないため、少し名前の通った選手が出てくると思わず飛びついてしまう、というようなところがJリーグには少なからずあるように感じますね。
そういえば、湘南には元東京のジャーンがいましたよね。ウチはジャーンが抜けてから中央の守りがボロボロになりました。森重のミスが減ればなぁ〜。
マチベー
2010/09/23 15:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FC東京 城福監督解任! 大熊元日本代表コーチ就任へ マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる