マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS Jリーグ第25節 FC東京vs 湘南ベルマーレ 3-0 リーグ戦11試合ぶり勝利!(追記あり)

<<   作成日時 : 2010/10/04 17:26   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

開幕戦以来ホームゲームで勝ていないという不名誉な戦いを続けていたFC東京が本当に久々の勝利!


なにせホームゲームでの勝利は3月7日の開幕戦以来でおよそ7カ月ぶり。あまりにも長いこと勝っていなかったから、勝利の歌である「眠らない街」なんて忘れちゃってる(笑)。湘南サポには失礼ですが、J1最下位で降格がほぼ確定している上、断トツのリーグ最多失点を誇る湘南相手に0点とか1点しか取れないようなことがあれば、東京も一緒にJ2落ちすることが決定的になるところ。それだけにとにかく勝てたことにホッとしました。

この日の戦術はいつもの4-4-2でGK権田、DF椋原、今野、ヨングン、北斗、MF森重、徳永、石川ナオ、リカ、FW平山、大黒。開始直後からボールを支配したのは東京でたびたび湘南ゴール前に攻め込むも、決定的な場面は少なく、強引にシュートで終わらせるだけの攻撃はここ最近の嫌な負けパターンが重なります。

その後、湘南の反撃に遭い、不用意なトラップミスなどでゴールを脅かされる場面が続く嫌な流れ。それでも、新しい日本代表にも選ばれたGK権田が好セーブを連発して相手の猛攻を凌ぐと流れは再び東京の手に。迎えた前半38分、右サイドからのCKを中央の今野が頭で落とし、飛び込んだ大黒がワンタッチで押し込んで1点先制。なんと、公式戦で前半45分以内にゴールが決まったのは8月4日のスルガ銀行CSのリガ・デ・キト戦以来、実に12試合ぶりのこと。ブランク長すぎw

その1分後の39分、縦パスを中央で受けた平山が切れ込んできた石川へ鮮やかな横パス。美しく繋がったボールを豪快に振り抜いたナオが湘南ゴールに叩き込んで2-0。今シーズン、ほとんど見ることができなかった流れるようなパスサッカーで相手を崩して追加点を奪いました。前半はそのまま押せ押せムードで2-0の折り返し。

後半に入ると、積極的に仕掛けてきた湘南に再び流れが傾き、東京ゴールにたびたび襲いかかってきました。決定的な場面も何度かあったものの、そのたびに権田がスーパーセーブを連発。チームの窮地を防いで味方の反撃に繋げる気迫のプレーを見せました。

その後は落ち着きを取り戻して優勢に試合を進めた東京。終了間際の後半84分、左サイドを崩して内に切れ込んだリカがコースを狙った技ありのシュート。これがゴール左隅ギリギリに吸い込まれて勝負を決定づける3点目。最下位の湘南に3点のビハインドを跳ね返す底力など無く、試合はそのまま3-0で終了。あまりにも長く暗かったトンネルをくぐり抜けてようやく今期5勝目にたどり着くことができました。

これで勝ち点3を上積みし、順位もヴィッセル神戸を抜いて降格圏内を脱出する15位に浮上。最下位の湘南相手に3得点ではまだ物足りないものの、勝てない、点取れない、シュートが枠に飛ばないという三重苦からはようやく解放され、緊急就任した大熊監督や選手たち、そして我々サポーターもひとまず胸を撫で下ろすことができました。

ただ、この日も中央の守りが不安定で、不用意なパスミスから逆襲を食う場面が何度もあったし、絶好のチャンスを何でもないトラップミスでみすみす相手にボールを返してしまうなど、プレーの質は依然として低調なまま。相手が弱くて助かったものの、名古屋や鹿島、川崎や清水といった上位チームが相手なら、凌ぎ切れずに失点していたであろう場面がたびたびあったことは相変わらずの不安要素です。

1試合3得点以上もこれでようやく今期3度目。そのうち2回が同じ湘南戦であることを考えると、この日の結果は明るい兆しというより最低ラインのノルマだけはどうにかクリアできたに過ぎません。本当の意味での復活なら5,6点は取れた試合。相手のディフェンスはザルなのに、こちらが勝手に自滅してチャンスを作り損なう場面が多く、試合の主導権は握ったものの点差ほどの余裕はなく、シュート数(16本)の割に決定的な場面は少なかったように思います。

降格圏は脱したとはいえ、今期の残り試合はまだ9試合あるし順位も15位ですからこの先も残留争いの真っ只中にいることに変わりはなく、決して楽観視はできません。終盤には清水、ガンバ、川崎、名古屋といった上位チームとの対戦も控えています。とにかく今は先のことなど考えず、目の前の一戦々々に集中して着実に勝ち点3を拾っていく・・・FC東京にできることはそれしかないでしょう。

特に次節の仙台戦は絶対に落とせない一戦で、チームを上昇気流に乗せる為には何より連勝が必要です。選手たちのプレーも少し落ち着きを取り戻してきたし、スタンドの応援もこの日は素晴らしかったと思います。観客数は20,508人と決して多くはなかったものの、ホーム側の自由席はほとんど赤青で埋め尽くされており、声援もここ最近では一番というほど力強くたくましい応援でした。

今週はアルゼンチン代表とのテストマッチ、さらに次週には宿敵の韓国戦が控えています。代表に選ばれた今野や権田の活躍のみならず、新生日本代表とザッケローニ新監督の采配にも要注目です。



画像


この日は東京のスポーツをもっと盛り上げようということで開催された東京ヤクルトとFC東京のコラボDAY。それぞれのマスコットキャラクターであるつば九郎と東京ドロンパの夢の共演でありました☆







2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD 日本代表 熱き戦いの記録
キングレコード
2010-09-08

ユーザレビュー:
解説が後付け(聴いた ...
残念ながら色々噂が絶 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD 日本代表 熱き戦いの記録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



SAMURAI 2010 ワールドカップ南アフリカ大会 日本代表メモリアル写真集
イースト・プレス
原 悦生

ユーザレビュー:
熱い思い再びあの感動 ...
ホロっとくるまずお買 ...
感動をありがとう!ワ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SAMURAI 2010 ワールドカップ南アフリカ大会 日本代表メモリアル写真集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



(アディダス)adidas 日本代表 ホーム レプリカシャツ KF925 ジャパンブルー M
adidas(アディダス)
2010-06-18

ユーザレビュー:
2010年6月、幸福 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by (アディダス)adidas 日本代表 ホーム レプリカシャツ KF925 ジャパンブルー M の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第25節ガンバは山形に痛い負け&他クラブ結果
第25節ガンバ大阪VS モンテディオ山形は2対1だが ガンバはアウェーで平井ゴールするも逆転負けで凄く痛く ガンバは12勝6敗7分の勝点43となり4位に転落だよ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2010/10/09 13:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はいザルのディフエンスのあんぽんたんぞろいのチームを応援しているものです。
MF中村が友人の息子でしてそれで応援しているのですが、ひどいひどすぎる、監督と選手が、とてもJ1レベルではありません。ちょっと遠い親戚の方が昔鹿さんにいて日本代表のDFだったので、それに比べたら、遊んでると、というレベルです。DFの本人たちや監督がそれに全然きずいていないというノー天気チームなので。
と愚痴らせてもらいましたが、何んとJ2降格以前に持っと大問題が、発生、ペイオフ関連の企業がスポンサーに数社がなっていました。ということは、一気にJ2降格を飛び越え存続の危機に。
落ちるときは、落ちていくものですね。
v740gle
2010/10/04 22:37
v740gleさんこんにちは!引き続きコメントありがとうございます!
>J2降格以前に持っと大問題が、発生
驚きましたね。木村氏逮捕の影響がこんなところにも出ていたとは。ヴェルディと並んで存続が危ぶまれます。

>監督と選手が、とてもJ1レベルではありません。
うーん、正直言って、今の日本ではJ1とJ2合わせて37チームは少し多過ぎでしょうね。チーム数を減らせばJ1などは今より中身も濃くなる反面、チームを減らすと試合数も減って興行的に厳しくなるため、ある程度は数を増やさないといけない。そのバランスでしょうね。Jリーグは中身がついて来ないうちに、チーム数だけ先に増やしてしまった感があります。


今の段階では両方合わせてせいぜい30チーム程度が適正な気が。
マチベー
2010/10/11 17:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Jリーグ第25節 FC東京vs 湘南ベルマーレ 3-0 リーグ戦11試合ぶり勝利!(追記あり) マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる