マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第90回天皇杯準決勝 FC東京vs鹿島アントラーズ 1-2 終戦

<<   作成日時 : 2010/12/31 18:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

刺すような冷たい空気の国立競技場で震えながら現地観戦してきた天皇杯準決勝の鹿島アントラーズ戦は、延長戦にもつれて120分を戦い抜いた末に1-2で惜敗。FC東京の2010年シーズンは終戦を迎えました。


最初に言っておくと、凄くいい試合でした。東京にとっては今シーズンのベストパフォーマンスと言ったら褒め過ぎでしょうか。ただ、本当に両チームとも勝利へのモチベーションが非常に高く、集中してゲームに臨んでいたと思います。鹿島はリーグ戦4連覇を逃して最後は4位。今シーズン未だ無冠の常勝軍団にとって、ACL出場権を得る為の天皇杯優勝は絶対条件で譲れないタイトルです。

一方の東京も、J2落ちのショックから切り替えてこの天皇杯のタイトルに全てを賭けているところがあり、ゴールに向かう姿勢ではお世辞抜きにして今年一番と言えるほど気持ちが入っていました。負ければその時点で今期が終わり、チームは解散というラストマッチになる訳ですから気持ちが入って当然かもしれません。

前半の30分までは鹿島にいいようにやられて防戦一方。GK権田がファインセーブを連発してチームの窮地を救ってくれたので無失点で逃れましたが、いつ失点してもおかしくないようなピンチが幾度も襲いかかりました。どうにかしのいできたところで試合の流れは一転して東京側に傾き、今度は逆に決定機を何度も作って鹿島ゴールを脅かす反撃開始。33分に梶山からの折り返しを受けたリカルジーニョが放ったシュートは惜しくも枠を捉えられず。完全に1点の場面だっただけに、外してしまったのが悔やまれます。

それでもいい流れを保ったまま迎えた39分、平山、鈴木達也、リカとボールが渡ってゴール前にクロス。ゴール前に走り込んでいた平山が見事なオーバーヘッドキックを見せてシュート。ゴールバーに当たって弾かれたところに椋原が詰めていましたが、その前の時点でゴールラインを割っていた為に得点者は平山に。1-0とリードして前半を折り返しました。

後半に入ってからも試合は東京ペース。59〜60分頃には、右サイドを駆け上がった椋原からのクロスに平山がヘディングシュート。サイドから揺さぶって完ぺきに崩した美しい攻撃でしたが、惜しくもシュートがキーパーの真正面に飛んでしまい、鹿島GK曽ヶ端が難なくキャッチ。東京にとって追加点を奪う絶好機をモノにできませんでした。

すると、その直後には鹿島の指揮官「オズの魔法使い」ことオリヴェイラ監督が試合の流れを読み、すかさず選手交代のカードを切ってベテランの本山を投入。これで鹿島は一気に息を吹き返しました。スピード、テクニック、ひらめきのいずれにおいても長けているスーパーサブの本山が入ったことで、鹿島は面白いようにパスが回り出しました。

同点に追いつかれてしまったのはそれからすぐの67分。ヒールパスを出したMF野沢、お見事です。クロスを上げた左SBの宮崎、今まで知らなかった選手ですけど、ここ一番でいいパスを出されてしまいました。そしてフィニッシュはFW大迫。前々からガンバの宇佐美と並んで日本代表に推してきた素晴らしい選手が打点の高いヘッドでキレイに決めてきました。選手交代してすぐに得点という結果を出すあたり、監督といい、選手たちといい、さすがとしか言いようのない鹿島の円熟した強さを改めて目の当たりにしました。強ぇなぁ鹿島は・・・と感心するしかなかった同点ゴールでした。

東京もやられっ放しでは終われないと、72分に石川を投入して再反撃開始。この後はスリリングで本当に面白かった。両チームともに素早い攻守の切り替えからスピーディーなカウンターの応酬。見応えありました。とはいえ、五分五分とは言い難く、やや鹿島が優勢。シュートの本数では互角でも、プレーの精度で上回る鹿島の方が決定的なチャンスを何度も作っていました。ともあれ試合は同点のまま延長戦に突入・・・。

延長に入ってすぐの95分、ボランチ米本がこの日2枚目の警告を受けて退場し、相手より1人少ない10人での戦いを余儀なくされました。数的不利を受けてますます守備に追われる時間が長くなった東京は、相手の猛攻をなんとか防いでいましたが、終了直前の120分過ぎにゴール前の混戦から鹿島FW興梠に決められ万事休す。PK突入直前のサヨナラゴールでFC東京の2010年シーズンは終わりを告げました。

押している時間帯に追加点が奪えなかったり、決定的なチャンスに決められなかったり、挙句の果てに延長後半のロスタイムに決勝ゴールを奪われて負けたり。この一戦に今年の東京の全てが集約されていたようなゲームでした。内容が良かっただけに勝ち切れなかった悔しさもひとしお。ただ、やはり全てにおいて鹿島の方が一枚も二枚も上で、東京が善戦はしたものの、最後は落ち着くところに落ち着いたというところでしょうか。

一方の鹿島。勝ちはしたものの、東京と同様に最後の詰めで決めきれず、J2陥落するチームを相手に90分間で勝利をモノにすることができなかったところに今年リーグ4連覇を逃した要因が透けて見えました。それでも最後はきっちり勝っていくあたりはさすがで、格の違いを見せつけられたような印象でした。





試合翌日からは続々と東京に所属する選手たちの移籍リリースが発表されています。助っ人のリカルジーニョや大黒、FW前田俊はレンタル終了に伴い退団。キム・ヨングンは大宮に、赤嶺は仙台に完全移籍。松下は仙台にレンタル移籍など。今後、他にも選手の移籍が出てくるかもしれません。

東京で貴重な戦力として貢献してくれた人も、そうでなかった人もいるのは事実ですが、短い期間でも東京の為に汗をかいて頑張ってくれた選手たちには感謝したいと思います。今のメンバーでのラストマッチを生観戦できて本当に良かった。こんなシーズン終了ギリギリまでサッカーを楽しませて貰ったのは初めてのことでしたので、その機会を与えてくれたチームにも心から感謝します。

ただ、来年に向けて気になったことが一つ、大熊監督の采配は今後も不安要素かも。シーズン途中で緊急登板して以降、その采配に首をかしげる場面が何度もありました。この日の鹿島戦でもそう。レンタル移籍のFW大黒の退団は試合前からの決定事項のはず。なのに、なぜ最後の試合で彼を使ったのでしょうか。勝ちにこだわった結果、彼ならばという結論に至ったのかもしれませんが、来期のことを考えればチームに残る選手を使うべきだったのでは。将来の東京を背負うはずの重松に出番を与えて欲しかったと個人的には思いますがどうでしょうか。

来年も厳しいシーズンが待ち受けていると思いますが、それを乗り越えて一回り大きくなってJ1に戻れるように、選手たちも、チームスタッフも、応援するサポーターも、精いっぱい頑張って行きましょう。まずは2010年お疲れ様でした。いやー、ホント寒かった〜(笑)。











サッカー★Jリーグステレオイヤホン(FC東京)JL-01TO
株式会社 グルマンディーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サッカー★Jリーグステレオイヤホン(FC東京)JL-01TO の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



KING OF TOKYO O FILME(キング・オブ・トーキョー・オ・フィウミ) [DVD]
株式会社ティー・オーエンタテインメント
2010-05-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by KING OF TOKYO O FILME(キング・オブ・トーキョー・オ・フィウミ) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。^^
寒い中、国立での応援ありがとうございました。
元旦国立目指してたんですけどね〜。
仕方ありません。でも、最後にいい試合見せてくれたと思いました。来季の課題も出たし、勝ちたいと思う選手の思いも感じられました。

もうすぐ今年も終わりですね。あと2時間半くらい?
来季、J2ですが、必ずやJ1復帰を願い、応援を続けますよ。味スタ行って応援したいのですけど、土日は仕事なんですよね〜。TV観戦となりますが、スカパーやってくれるのかしら?我慢の1年になりそうです。

追伸
ヒートテックの下着、買いましょう♪^^
kokoro
2010/12/31 21:24
 あけましておめでとうございます。TBありがとうございました。
 鹿島は本山の投入が効きましたねぇ、決勝戦もそうでしたが。準決勝だけで判断させていただきますと大熊監督の決断が遅いような気がしたのですが、1年ですぐにJ1復帰願っています。
スプレー日記。
2011/01/01 17:13
あけましておめでとうございます。
鹿が優勝ですね。
お正月用の写真も・・
良く見つけてくるものだと感心するばかりです。
今年もよろしく。
v740gle
2011/01/02 00:20
kokoroさんこんばんは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>最後にいい試合見せてくれたと思いました。来季の課題も出たし、勝ちたいと思う選手の思いも感じられました。
いい試合でしたよね。いつもあのクオリティの試合ができればJ2に落ちることもなかったはずですが、それができなかったからあの結果になった訳で、課題もいっぱい出た試合でしたね。
続々と移籍や退団が発表されてますが、新メンバーにも期待しています。
>追伸
ヒートテックの下着、買いましょう♪^^
いや、実はヒートテックを着て見に行ったんですが、それでも耐えられないほど寒かったんです。間にもう1枚必要だったのと、タイツもあった方が良かったかもでした(汗)。
マチベー
2011/01/04 00:50
スプレー日記さんこんばんは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>鹿島は本山の投入が効きましたねぇ、
おっしゃる通り、本山投入後の変化は劇的でしたね。あれだけの選手がスーパーサブにいると強い。来期は石川にそういう役割を担って欲しいと個人的には思ってますが、ナオを控えに回せるほどの余裕は東京には無いかも。
>準決勝だけで判断させていただきますと大熊監督の決断が遅いような気がしたのですが、
大熊さんの采配は東京サポの間でもかなり不安視する声が大きいんですよね。僕もその一人ですが。選手起用や交代に?がつくことが多いんですが、続投が決まった以上はうまく機能することを期待するしかないですね。ともあれ、今年もよろしくお願い致します!
マチベー
2011/01/04 00:58
v740gleさんこんばんは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>鹿が優勝ですね。
マルキ抜きでもあの強さはさすがでしたね。層の厚さとチームとしての完成度の高さを改めて感じました。
>お正月用の写真も・・
良く見つけてくるものだと感心するばかりです。
ありがとうございます。ただ、来年のお正月はネタ切れしそうなんですよね。今のうちから探して良い素材を確保しておかないと(笑)。
マチベー
2011/01/04 01:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第90回天皇杯準決勝 FC東京vs鹿島アントラーズ 1-2 終戦 マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる