マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS AFC アジアカップ 日本vsヨルダン 新生日本代表初戦は1-1のドロー発進!

<<   作成日時 : 2011/01/10 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

サッカーのAFCアジアカップが先日開幕。ザッケローニ新監督の初公式戦となる今大会、新生日本代表は当地カタールのドーハで初戦のヨルダン戦を迎え、後半ロスタイムの同点ゴールで辛くも引分けに持ち込みました。


試合は終始、日本がボールをキープ。ただ、支配したというより引いて守ってくるヨルダンに持たされたような印象は拭えないゲームでした。チャンスになりそうな場面でもパスミスやトラップミスでボールを失う場面も多く、キープしていても細かい連係はまだまだという印象でした。

そんな中でも何度かビッグチャンスは生まれました。前半25分の吉田のシュートはゴールネットを揺らしたものの、オフサイドの判定でノーゴール。前半40分にゴール前で抜け出した場面は決定的でしたが、香川のシュートは相手GKにセーブされて決められず。絶好のポジションで得た終了間際の本田圭のFKも枠に飛ばず。

数少ないチャンスに決めきれない中、前半はスコアレスで折り返しかと思い始めた前半ロスタイム、カウンターで抜け出したヨルダン選手の放ったシュートがDF吉田の足に当たってコースが変わり、GK川島も反応しきれずにゴール。ほとんどチャンスらしいチャンスのなかったヨルダンがワンチャンスを生かして先制しました。

後半スタート時にゴールに絡めなかったFWを前田から李忠成にチェンジして反撃。さらにポゼッションを上げてほとんどボールを日本が支配。一方的に攻めまくるもゴールを割ることはできず、歯がゆい内容で時間だけがむなしく過ぎていく嫌な流れに。一方のヨルダンは狙い通りの展開でゴールに人を集めて守りを固め、あとは逃げ切るだけというスタイルで時計が進むのを待っているようでした。

ゴールを奪えないまま後半ロスタイムを迎える敗色濃厚な展開の中、ついに本田圭も下げて藤本淳吾の投入。最後まで諦めずに攻め続けた日本は後半47分、ショートコーナーによる素早いリスタートからボランチの長谷部がゴール前にクロス。飛び込んできたDF吉田が豪快にヘッドで押し込んでようやく同点に追いつくことができました。

その後も一気に逆転を狙って攻撃の勢いを増した日本は、終了間際にはゴール前で絶好の場面を迎えたものの、FW李がシュートを決めることができず。試合はそのまま1-1でホイッスル。今大会の優勝を狙う日本代表は勝ち点1の引分けで初戦を終えました。

W杯南ア大会後、代表メンバーは大幅に入れ替わりました。海外組の一部が負傷や欧州リーグの日程などで招集できない状況の中、今大会がフル代表初選出という選手も数多くいました。練習は直前の合宿だけで急造チームの感は否めず、連係には多くの不安を残す内容だったと思います。絶好機に決めることができない決定力不足も相変わらずで、よく負けなかったというのが率直な感想です。

それでも、これだけメンバーが大きく変わった中で、南ア大会と比べてもそれほど遜色のない力を出せたことは大きな収穫です。この日の先発11人のうち、8人が海外チーム所属ということは、海外移籍した日本選手がそれだけ増えたということでもあります。これから試合を重ねて熟成していけば、むしろ南ア大会の時よりも遥かに質の高いプレイができるようになりそうな予感がします。この試合だけを見れば辛うじて最低ラインはクリアしたに過ぎないですが、今後の伸びしろという点では非常に大きな希望の持てる内容であったと断言できます。

攻撃で期待を集めたエース格の2人、香川と本田のデキはいずれもイマイチでした。ディフェンスの面ではまずまず機能していた2人ですが、肝心の攻撃面では決定力を発揮することができず、チャンスメイクも今一つ。香川は大活躍しているドイツリーグで見せるようなスピードと躍動感を発揮する場面が少なく、本田も絶好調からは程遠い動き。それでも随所で存在感は見せていたのは欧州で活躍した自信と貫禄がなせるわざでしょうか。

W杯後にメンバーが大きく入れ替わってもチーム力がさほど落ちていないということは、それだけ日本の総合力が上がってきていることの証しです。昨年末のアルゼンチン戦の勝利は必然ではないにせよ、強豪相手に番狂わせを起こせるだけの地力がついてきたということでしょう。

もともとトップレベルにいたアジアでは、日本は他国からいっそう厳しく研究される立場になります。今後も引いて守られる苦しい試合が毎試合のように続くはず。それをこじ開けてゴールを奪う力強さが王者には求められます。きついマークの中を勝ち抜いてこそ本当の強豪。この日はその第一ステップとしては物足りないながらも、最低限のノルマはクリアしたといったところですか。

W杯と同様、こうした国際大会の初戦は内容よりもまずは負けないことが大事。同じドローでも追いつかれてなら不安になりますが、追いついてのドローなら大きく価値が違ってきます。チームの今後の熟成が課題のアジアカップ初戦でした。







ザッケローニの哲学
PHP研究所
アルベルト・ザッケローニ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザッケローニの哲学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ザッケローニ伝 人生の挑戦
宝島社
セルジオ・タッコーネ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザッケローニ伝 人生の挑戦 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



恐れるな! なぜ日本はベスト16で終わったのか? (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
イビチャ・オシム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恐れるな!  なぜ日本はベスト16で終わったのか? (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【アジアカップ2011】ザックJAPANヨルダンに大苦戦の末引き分け。王座奪還への道は険しいか?
今月7日に開幕したアジア王者決定戦「AFCアジアカップ2011 カタール大会」は、9日にサッカー日本代表の初戦が行われました。今大会の開催地・カタールは、2022年のワールドカップ開催国に選ばれ、日本にとってはアメリカW杯最終予選での「ドーハの悲劇」が生まれた場所でもあります。ザックJAPANは、本田圭佑、香川真司、長友佑都ら海外組が集結すれば、李忠成、吉田麻也、柏木陽介といった若手選手を招集し、2大会ぶりのアジア王者を狙います。初戦の対戦相手はFIFAランク108位のヨルダン。格下に楽勝し... ...続きを見る
日刊魔胃蹴
2011/01/10 22:42
[アジアカップ]目覚めるのが遅かった
92分までは本当に典型的な「中東の罠」にはまる試合の流れでありました。 今年最初 ...続きを見る
BBRの雑記帳
2011/01/10 22:45
これがアジアの厳しい戦いなのか? そしてこれからも続くのか?「胃の痛くなるような試合」 by ザッ...
    サッカーのアジアカップ第3日は9日、カタール・ドーハで行われ、グループB ...続きを見る
不定期更新のスポーツニュース201X (...
2011/01/10 22:58
これがアジアの厳しい戦いなのか? そしてこれからも続くのか?「胃の痛くなるような試合」 by ザッ...
    サッカーのアジアカップ第3日は9日、カタール・ドーハで行われ、グループBの日本はヨルダンと対戦した。先制された日本は試合終了直前に吉田選手が同点ゴールを決め1−1の引き分けに持ち込んだ。   またサウジアラビア×シリアは2−1でシリアが初戦をモ… ...続きを見る
不定期更新のスポーツニュース201X (...
2011/01/10 23:01
アジアカップ、ヨルダンとドローに終わる
カタールで行われているアジアカップ。 初戦でヨルダンと対戦した日本は、終了間際になんとか追いつき、かろうじてドローに持ち込みました。 ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2011/01/10 23:17
ロスタイムで同点に追いつき、アジア杯ドロースタート
今日からサッカーアジア杯がカタール・ドーハで開幕。 日本のグループリーグ初戦の相手はヨルダンとの対戦。 ...続きを見る
FREE TIME
2011/01/10 23:26
アジアカップ2011(グループリーグB組)「日本代表 vs ヨルダン代表」
ザックジャパン今年初試合です!!        日本代表1ー1ヨルダン代表 前半44分、右サイドからのアメル選手のパスからハサン選 手が中央に持ち込みシュート。そのボールが吉田選手の足に 当たって方向が変わってゴール。ヨルダン代表が先制。 後半46分、右サ… ...続きを見る
slow,snow
2011/01/11 00:14
日本、引き分けスタート(アジアカップ2011)
サッカーのアジアカップはグループリーグ第1戦が行われ、日本はヨルダンと1-1の引き分けに終わった。 ...続きを見る
スポネト
2011/01/11 00:19
ザックジャパンアジア杯予選リーグDF吉田の自らのミスを取り戻す同点ゴールでドロー発進
9日サッカーアジアカップ予選リーグ日本対ヨルダン戦が ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2011/01/11 06:18
こけちゃいました
前半ロスタイムオウンゴール後半ロスタイム同点ゴールまさに自作自演CKからの長谷部のクロスを吉田麻也が頭で合わせたAマッチ2試合目での代表初ゴールがアジアカップ初戦のヨル... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2011/01/11 09:14
アジアカップ初戦ヨルダンに何とかドロー発進
アジアカップ初戦の日本VSヨルダンは1対1となり 日本は後半ロスタイムに何とか同点にしドロー発進だ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2011/01/11 10:27
アジア杯 ヨルダン戦
前半ロスタイムに取られた点を後半ロスタイムに取り返してのドロー発進。 本当に負けなくて良かった。 チャンスも多く作って、シュートもそれなりに放っていたけど、最後の最後になるまでゴールを割ることが出来なかった。 準備期間の少なさも影響しているのかもしれないが… ...続きを見る
勝手な言い分
2011/01/11 15:04
ヨルダンにドロー&より銀&FAIRY TAIL
はアジア杯戦1対1のドローで ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2011/01/11 21:42
【アジア杯】日本、ヨルダンと引き分け
サッカーアジア杯の初戦、ヨルダンと対戦し、1−1で引き分けました。 ...続きを見る
あれこれ随想記 
2011/01/11 22:15
麻也、ありがとう!・・・アジアカップ:日本 1ー1 ヨルダン
今はもうすっかり日付も替わって1月10日。 そういえば今日は成人の日でしたねぇ〜。 しとらすにとっては・・・(遠い目)。 閑話休題。 自分がゲンナリする話は置いといて、アジアカップ初戦の結果を・・・ アジアカップ カタール2011 日本 1ー1 ヨルダン 負ける時はこんなもの・・・前半ゲームを支配できていた時間帯にゴールを奪えなかったシッペ返しを盛大に喰らって終わるのかと覚悟していましたが、後半ロスタイムでよくぞ取り返してくれました。失点は麻也の責任じゃなかったのに、勝利の女神を逃さずに済んだの... ...続きを見る
ボヘミアンな京都住まい
2011/01/13 00:28
〔アジアカップ2011〕初戦ヨルダン戦、ロスタイムになんとか追いつきドロー
ロスタイムに何とか追いついて 最悪の事態だけは免れたけど、 ヨルダン相手にこれではな〜 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2011/01/14 01:07
〔アジアカップ2011〕初戦ヨルダン戦、ロスタイムになんとか追いつきドロー
ロスタイムに何とか追いついて 最悪の事態だけは免れたけど、 ヨルダン相手にこれではな〜 ...続きを見る
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2011/01/14 01:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
AFC アジアカップ 日本vsヨルダン 新生日本代表初戦は1-1のドロー発進! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる