マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS ドバイWCで日本馬ワンツー!ヴィクトワールピサとトランセンドに世界中から祝福の拍手!

<<   作成日時 : 2011/03/29 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

震災に打ちひしがれている日本人のもとに世界最高賞金レースのドバイ・ワールドカップを日本のヴィクトワールピサが制したという嬉しいニュースが届きました。


しかも、2着にも日本のトランセンドが入って日本馬2頭が最高峰のレースで驚きの1,2着独占の快挙!この結果を世界のメディアも好意的に伝えてくれているようです。


【ドバイWC】現地紙「日本に感動的な勝利」
2011.3.28 05:06

第16回ドバイワールドカップ(26日、UAEドバイ・メイダン競馬場8R、GI、北半球産4歳上・南半球産3歳上、定量、オールウエザー左回り2000メートル、1着賞金600万米ドル(約4億8000万円)=出走14頭)熱狂の一夜が明けた27日、UAEドバイの新聞は一面でヴィクトワールピサとトランセンドの走りを伝えた。現地最大手のGULF NEWSは1面に表彰式の写真を掲載し、「ヴィクトワールピサとトランセンドが、地震と津波の被害に遭った日本に感動的な勝利をもたらした」と報道。もう一紙のThe Nationalも1面で「自然災害の犠牲者に哀悼の意を表する喪章を着けた」デムーロ騎手の写真を大きく掲載。スポーツ面では日本馬のワンツーフィニッシュに引っかけて「Japan’s rising sons」の見出し。息子(son)と太陽(sun)をかけて、「日本の子供(太陽)が昇った」と報じていた。



ドバイワールドカップ2011 日本馬がワンツー! Dubai World Cup 競馬




思い起こせば90年代、国内ではダート界の王者に君臨したライブリマウントがこのレースの第1回に出走した際は手も足も出ない完敗でした。さらに翌年、ダート界で圧倒的な強さを見せたホクトベガがドバイの地で故障により命を落とすなど5着以内に入ることすら1度も叶わず。日本調教馬には鬼門とすら思えるほど高い壁で、ドバイ遠征には消極的になる陣営も多く見られました。

その雰囲気が変わったのは01年。この年に出走したトゥザヴィクトリーがダート戦がわずかキャリア2戦目にもかかわらず、いきなり2着と好走して日本の競馬ファンを驚かせました。名だたる日本のダート王たちが苦戦する中、芝を中心に活躍したトゥザヴィクトリーが上位に食い込んだことで、馬場適性や環境適応さえうまく行けば日本調教馬でも十分に通用することが分かったのです。さらに同じ年に国内でG1未勝利だったステイゴールドがシーマクラシックを快勝したことも追い風となり、ドバイ遠征に対する空気が一気に再加熱しました。

その後はイラク戦争の影響で遠征が中止になった03年を除き、ほぼ毎年のように日本のトップホースが参戦する流れに。06年にシーマクラシックをハーツクライ、ゴドルフィンマイルをユートピアが制したほか、07年にドバイDFをアドマイヤムーンが勝つなど、芝や1マイル前後のスピードを争うレースに限ればもはや日本馬は世界トップレベルに肩を並べ、出走すれば大きく注目される存在となりました。そんな中でも世界との差をもっとも大きく感じさせられたレースがこのドバイWCでした。

トゥザヴィクトリーの活躍で盛り上がったドバイWC制覇への機運も、アグネスデジタルやアドマイヤドン、カネヒキリやヴァーミリアンといったチャンピオンホースがことごとく跳ね返され、なんとか4着に食い込むのが精一杯。前哨戦を快勝してオールウェザー(AW)コースへの適性が分かり、いよいよ初制覇かと大きな期待を集めた10年のレッドディザイアも本番では11着と惨敗。世界で勝つことの難しさを改めて痛感したあの時から1年を経て、ようやくこの大目標が意外な形で達成されたのです。

勝ったヴィクトワールピサは芝のレースしか経験が無い上にAWへの適性も未知数。しかも有馬記念で年度代表馬のブエナビスタを破っているものの、今回はブエナや最優秀ダート馬のトランセンドの方に注目が集まり実質的には日本の3番手の評価に甘んじていました。そのピサがあっさりと勝ってしまうのだから競馬は本当に分かりません。直前の中山記念を勝った時の内容が素晴らしかったので、ひょっとすると2、3着くらいに食い込めるのでは…と思っていましたが、さすがに勝つことまでは想像できなかったというのが正直なところです。

スローペースにも関わらず、スタートから最後方に位置していたので馬場の違いに戸惑っているのかと見ていて不安に思いましたが、ペースが遅いとみるやミルコ・デムーロ騎手が思い切って馬を外に持ち出して行かせ、一気に2番手までポジションを押し上げる大胆な作戦。一見すると無謀にも思えたこの積極的な騎乗が実を結び、大きな成果を導き出しました。勝利の後には日本の被災地に思いはせて涙を流したミルコ。すっかり親日家となった彼は今後も日本馬が海外遠征する際には大きな力になってくれるでしょう。

そして2着にはブエナではなくダート王のトランセンド。スタートを決めてすぐにハナを奪うところまでは日本に居る時と同じいつも通りの形に。その後もスローに落としてマイペースで逃げると、直線では二の足を使って粘り、最後はピサに交わされたものの2着に踏みとどまってさらに大きな快挙を作ることに成功しました。最後の直線では他の馬が日本馬に遠慮してくれているのかと思うくらい、驚くほど全てが上手く行きました。

残るブエナはスローな展開が災いし、いつもの鋭い末脚を見せられずじまい。遅い流れの中で後方に待機したことや他馬に前を塞がれるなどの不利もあり、最後までちぐはぐな競馬に終始しほとんど競馬ができないままレースが終わってしまいました。それでもピサとトランセンドが歴史を塗り替える快挙を成し遂げたことで日本はすっかりお祭りムード。震災で暗く沈んでいた競馬ファンも活気を取り戻す良いきっかけを与えてくれたと思います。

ピサはこのあと香港のクイーンエリザベス2世カップや昨年のレースで苦汁を舐めた凱旋門賞への再チャレンジを予定しているとか。その前にいったん帰国して宝塚記念あたりを使うかもしれません。ピサを管理する角居勝彦調教師には脱帽するより他はありません。

牝馬ウオッカによるダービー優勝や数々の海外G1制覇など、角居師の馬に合わせた的確なキャリアプランと常に世界のトップを目指す強気の戦略は日本の競馬界において抜きん出た成果をあげ、いつも驚かされ続けてきました。周囲から無謀だと嘲笑されてもひるまない強い信念と緻密な事前準備、それにリスクを恐れない大胆な実行力。我々日本人がお手本にしなければいけないのは角居師のような人でしょう。こういう人が日本の政治家にもいてくれたら良かったのに…とつい皮肉を言いたくもなりますな。









挑戦!競馬革命 (宝島社新書 258)
宝島社
角居 勝彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 挑戦!競馬革命 (宝島社新書 258) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



勝利の競馬、仕事の極意 (廣済堂・競馬コレクション)
廣済堂出版
角居 勝彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 勝利の競馬、仕事の極意 (廣済堂・競馬コレクション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



海外競馬完全読本―世界の競馬の仕組みが詳しく分かる
東邦出版
石川 ワタル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海外競馬完全読本―世界の競馬の仕組みが詳しく分かる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヴィクトワールピサ 由来
ヴィクトワールピサ、世界制したロングスパート=競馬史に輝く栄冠−ドバイ競馬 &lrm;2011&#24180;3&#26376;27&#26085;&lrm; 逃げたトランセンドをヴィクトワールピサが半馬身かわしてゴール。2着の藤田の言葉が象徴する。「ゴールした瞬間は、日本馬のワンツーでよかったと思った」 スタートが悪かったヴィクトワールピサは後方から。中間の1000メートルあたりで先行馬を追い始める。 ... ...続きを見る
ハッピィデイズ
2011/03/29 12:59
ヴィクトワールピサ がドバイWC制覇!
競馬=ヴィクトワールピサがドバイWC制覇、日本馬初の快挙(トムソンロイター) - goo ニュース ...続きを見る
王様の耳はロバの耳
2011/03/29 15:29
ヴィクトワールピサ世界制覇!ドバイWCで日本馬が1,2フィニッシュ!
世界最大級の競馬の祭典「ドバイミーティング」が、日本時間27日深夜、ドバイ(アラブ首長国連邦)のメイダン競馬場にて行われました。この祭典のメインレース、世界最高峰の国際GI競走「ドバイワールドカップ」には、昨年の年度代表馬・?ブエナビスタ、グランプリホー... ...続きを見る
日刊魔胃蹴
2011/03/29 16:02
ヴィクトワールピサ、「世界一」
日本馬ワンツー! ヴィクトワールピサ優勝/ドバイワールドC (netkeiba.com) ...続きを見る
公営競技はどこへ行く
2011/03/29 17:42
競馬歴24年男のドバイWC
 日本馬である、ヴィクトワールピサが日本馬初優勝を飾り、2着にも日本のトランセン ...続きを見る
ハローお馬ちゃん
2011/03/29 20:19
ドバイWC簡易回顧
うちの(POGで持ってたのでいまだに言いますよw)ブエナビスタが勝てなかったのは悔しいですが、ヴィクトワールピサとトランセンドのワンツーフィニッシュならば文句無し! ヴィクトワールピサが途中マクって行った時にはどうしたもんかと思ったら、見事に決まったというほ... ...続きを見る
stay_gold.com
2011/03/29 20:52
ドバイWC・・日本馬がワン、ツーフィニッシュ
ヴィクトワールピサ1着、トランセンド2着 ...続きを見る
浪花のクマさん 穴馬券
2011/03/29 21:23
Dubai World Cup 2011 結果
  ドバイ・メイダン競馬場で行われた、各レース結果は以下の通り [E:downw ...続きを見る
馬 (ひだりうま)
2011/03/29 21:44
希望への先駆
大震災以降、いやそれ以前もだが、このところ日本に関していいニュースが少なくなっていた。ようやく復旧に向けた動きが本格化しつつも、改善しているのかいないのかさっぱり分からぬ原発、東日本全体に広がるモノ不足感が日本全体のマインドを低下させている。イベントの相次ぐキャンセルや節電のため暗くなった東京の繁華街は象徴的な姿である。 ...続きを見る
三四郎の日々
2011/03/29 22:56
ドバイワールドカップで日本馬がワンツーフィニッシュの快挙!
ヴィクトワールピサが優勝! そしてトランセンドが2着! ...続きを見る
一口馬主のつれづれ日記
2011/03/30 00:55
ヴィクトワールピサ、ドバイを制す
ドバイワールドカップデーに挑んだ5頭の日本馬。 ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2011/03/30 08:13
ヴィクトワールピサ快挙! 〜ドバイワールドカップ雑感〜
 先程のエントリと前後しますが、日本時間で今日未明(現地時間で昨夜)にドバイで開催された「ドバイミーティング」のメイン競走であるドバイワールドカップにおいて、ヴィクトワールピサが優勝。2着も同じ... ...続きを見る
Ali della liberta (i...
2011/03/30 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドバイWCで日本馬ワンツー!ヴィクトワールピサとトランセンドに世界中から祝福の拍手! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる