マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS CL決勝 FCバルセロナ 3-1 マンチェスター・ユナイテッド バルサは誰にも止められない

<<   作成日時 : 2011/05/29 18:21   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

ロンドンのウェンブリースタジアムで行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝はFCバルセロナが3-1とマンチェスターUを圧倒。2シーズンぶり4度目の欧州制覇を成し遂げました。


今期のCLで9勝3分けの無敗を誇った好調マンUをもってしても最強のバルサを止めることは不可能だった…。チーム戦術、個々の能力、総合的な完成度。どの点においても世界のトップを走る両チームの戦いでしたが、全てに於いて傑出した強さを発揮したバルサがマンUを攻守ともに圧倒。2シーズン前の雪辱を期すマンUを返り討ちにし、改めてその桁違いの強さを世界に知らしめることとなりました。

この日のメンバーはバルサがGKバルデス、4バックの中央にピケとマスチェラーノ、両サイドバックがD・アウヴェスとE・アビダル、中盤の底がブスケッツで前がシャビとイニエスタ、3トップがビジャ、メッシ、ペドロという最強のメソッドを確立したいつもの4-3-3です。

一方のマンUもGKがこの日がラストマッチのファン・デル・サール、4バックの中央がファーディナンドとヴィディッチ、サイドがエヴラとファビオ、中盤にキャリック、ギグス、パク・チソン、バレンシアでFWが下がり目の位置にルーニーでトップにエルナンデスで4-4-1-1、故障などでベンチ入りできないメンバーもいましたがこちらもいつも通りの布陣でした。

立ち上がりはマンUが相手の機先を制するかのような先制攻撃を仕掛け、最初の10分は一気に押し込んでバルサをゴール前に釘付けにしました。組織的なディフェンスも機能してバルサの司令塔であるシャビやイニエスタを自由にさせず、メッシも徹底的にマークして動きを封じ込んで完全にマンUのペース。最初に一気に仕掛けて先制点を奪い、試合の主導権を握ろうという作戦にサー・ファーガソンの打倒バルサに賭ける意気込みの強さを感じさせました。

ただ、この時間帯にマンUがゴールを奪えなかったことでバルサは徐々にペースを取り戻し、10分を過ぎたあたりからは次第にいつものようにボールを支配。エースのメッシも前線からの激しいプレスで相手にプレッシャーを与えて守備でリズムを作りました。そうしているうちにバルサ攻撃陣のアイドリングは終了。前半15分、ここまで鉄壁に近いディフェンスを誇っていたマンU守備陣のわずかなズレを突いてペドロが放ったシュートは惜しくも枠を外しましたが、この時点で完全に試合の主導権を奪い返しました。

そして迎えた前半27分、センターライン付近でのボール回しからシャビにパスが出るとすかさず右サイドにスルーパス。これに反応したペドロがゴール前で落ち着いてシュートを決め、ついに1-0と均衡が破られました。一見すると簡単なプレーのようにも見えますが、非常に高度な技術と戦術があってこそ生まれた見事な一撃で、どうしても先制点が欲しかったマンUをあざ笑うかのようなしてやったりのゴールでした。

先に失点してしまったマンUですが、その後は冷静さを取り戻して反撃開始。前半34分にはエースのルーニーがギグスとの鮮やかなワンツーで抜け出して豪快にネットを揺らして同点。バルサも前半終了間際の41分、42分に立て続けに決定的なチャンスを作るなど、主導権を握るバルサとエースの一発で息を吹き返したマンUとの激しいせめぎ合いが続きます。最高の舞台にふさわしい、恐ろしく密度の濃い展開のもとで時間は瞬く間に過ぎて前半が終了しました。

後半に入っても息を飲むようなスリリングな応酬が続きましたが、迎えた後半9分に今度はバルサのエースであるメッシが相手のわずかなスキを突いてシュート。これが決まってついに勝ち越しに成功しました。シュートコースはGKの正面で、見た目には止めるのが難しくはないように見えたのですが、キーパーの死角から放っている為にファン・デル・サールの反応が遅れ、気付いた時にはボールがゴールに突き刺さっていました。

続けて69分、バルサのもう一人の点取り屋ビジャがこれまたGKの死角をうまく利用してピンポイントの精度で鮮やかなシュート。放たれたシュートは絶妙のコントロールでゴール隅に吸い込まれて決定的な3点目を記録し、相手の息の根を止めるに十分な仕事をしました。

後はいつものようにゲームを支配してほとんど相手にボールを触らせないままコントロール。イングランドの強豪にもほとんど自分たちのサッカーをさせることがないまま試合は終了。結局、そのまま3-1という点差以上の力の差を見せつける内容でバルサが圧勝しました。

マン・オブ・ザ・マッチには決勝の勝ち越しゴールを決めたメッシ。相手キーパーはほとんど正面から飛んできたシュートに反応することもできず、何でもないシュートが簡単にゴールネットを揺らしてしまいました。その表情はきつねにつままれたかのようにただ茫然とボールを見送っているだけ。まるで魔法使いのようなメッシのゴールに世界中のサッカーファンがTVの前で驚嘆に包まれたことでしょう。ここぞという時にしっかり仕事をした偉大なエースが世界最高のチームの黄金時代がこれからも続くということを高らかに宣言したかに見える瞬間でした。

敗れたマンUも決して恥じることはないはず。今大会の決勝で敗れるまでは12試合でわずか4失点。26シーズンという超異例の長期政権を築いているファーガソン体制のもと、比類なき完成度の高さではマンUもバルサに決してヒケを取ってはいなかったと思います。ただ、組織力では互角でも個々の突破力やひらめきではバルサが上。ルーニー一人に頼らざるを得なかったマンUに対し、メッシを抑えてもシャビやイニエスタやビジャが一人で決定的な仕事をしてしまうバルサを封じることは不可能でした。

バルサの攻撃は針の穴をも通す精密さで構築され、止められても相手の守備陣をわずかずつずらして行きます。1回のパスにつき数ミリという単位でズレを生み出していき、数十回のパスをつないだ後には積み重ねによって生まれた穴が数十センチという大きな穴となっていました。気がつくとその穴を通されて決定機を作られ失点。この攻撃を止める術は今のところどこにも見当たらず、バルサがミスをしない限り誰にも止めることはできないように見えます。来期もまた世界はバルサを中心に回っていくことになるのでしょう。








ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~
アチーブメントシュッパン
フェラン・ソリアーノ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






グアルディオラのサッカー哲学
実業之日本社
フアン・カルロス・クベイロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グアルディオラのサッカー哲学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
欧州CL10-11決勝「バルセロナ − マンチェスターU」
UEFA CL 10-11 決勝 「バルセロナ − マンチェスター・ユナイテッド」 3−1 ...続きを見る
Brilliant World
2011/05/29 20:27
今年はウェンブリー決戦だ!UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦!
欧州最強クラブ決定戦・UEFAチャンピオンズリーグもいよいよ決勝戦!ロンドンにある「サッカーの聖地」ウェンブリー・スタジアムで行われる今年のFINALは、マンチェスター・ユナイテッドVSバルセロナという組み合わせ。両者は2年前の決勝で戦い、バルサが2−0で快勝。... ...続きを見る
日刊魔胃蹴
2011/05/29 22:15
2010-11チャンピオンズリーグ決勝@歴史は終焉し、帝国の論理は永遠になりしや?
今年のチャンピオンズリーグ決勝は、マンチェスター・ユナイテッドとFCバルセロナの2強で争われることになりました。 試合会場は英国ウェンブリー・スタジアム。 下馬評の低いマンチェスターに幾らかの有利があるや、と思われる会場です。 試合はまず2年前の雪辱を期すマンチェスターが積極的に動きペースを握ります。 速いプレスでバルセロナにスペースを与えず、攻撃はロングボール主体で一気に攻める。 バルセロナの怖い中盤を飛ばしてしまう戦略でしたが、その思惑が保たれたのも開 ...続きを見る
雨の日の日曜日は・・・
2011/05/29 23:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
後半の終わりのほう見ました。
すでに、マンUがボールに触ることが出来ない状態でした。
日本のJリーグのレベルの低さを感じました。
あれが本当のプロなんでしょうね。
v740gle
2011/05/29 21:34
v740gleさんこんばんは!遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>すでに、マンUがボールに触ることが出来ない状態でした。

マンUが主導権を取れたのは最初の10分だけでしたね。今大会のマンUは良かったんですけど、それ以上にバルサが強過ぎました。クラブチームで史上最強という評価もありますが、僕もその意見に賛成です。
>日本のJリーグのレベルの低さを感じました。
その通りではあるんですが、まだ比べることはナンセンスでしょう。ドイツやオランダで大勢の元Jリーガーが活躍しているように、個人レベルでは日本人選手もレベルが上がっているのに、クラブレベルで通用しないのは経営者や指導者に信念や哲学が足りないせいもあるかと思います。Jは歴史も短いですから長い目で見て気長に育てて行かないといけないんですよ。
マチベー
2011/06/01 00:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CL決勝 FCバルセロナ 3-1 マンチェスター・ユナイテッド バルサは誰にも止められない マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる