マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京オートサロン2012 D-1グランプリ デモ走行

<<   作成日時 : 2012/01/22 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

1週間も前の話題ですけど、東京オートサロンの屋外会場ではドリフトの美しさを競う「D1グランプリ」のキックオフデモが行われ、僕も観てきましたよ。


前から一度は間近で見てみたいと思っていたので、念願叶って今回ようやく実現したドリフトイベントの生観戦。大勢の見物客が集まっていましたが、隙間が空いてるのに前に行かない邪魔な奴がいてやけに見づらい。仕方がないのでひんしゅく覚悟で人込みをかき分けて前へと進み、どうにか最前列のポジションを確保。人込みでは足を踏んだり、他の人を押しのけたりなど極端に迷惑をかけなければ、多少図々しくても積極的に前に出ないと中途半端な遠慮はかえって後ろの邪魔になりますね。

実際にドリフトしているところを間近で見ると、想像していた以上のド迫力に圧倒されました。ぶつかりそうなほどの接近戦や実際に車体が接触しているところなど観る方もハラハラドキドキ。超至近距離で並んでドリフトをキメるGTカーは長時間そばにいたら難聴になるんじゃないか?というほどの爆音を響かせ、空気が淀んで風景が灰色に染まるほどの大量の排気ガスを出して空気も汚染。

画像


排気ガスで真っ黒…


焦げたゴム臭に焼けたオイル臭が混じり合った何とも言えない強烈な匂いと、空からはパラパラと音を立てて降ってくる路面に削られたタイヤのカス。エコも時代の流れも完全に無視した環境破壊イベントですねこれは(笑)。とはいえ、脂肪の多い食事が美味しいのと一緒で、こういう無駄なイベントほど楽しかったりするんですよね。

画像


ドリフト連続写真


イベントは勝ち抜きトーナメント方式で8台が参加。皆さんかなりアグレッシヴなドリフトを披露していましたが、個人的には大会とは無関係にレクサスLF-Aで飛び入り参加した飯田章選手兼監督にMVPかな。借り物なのか、自分で購入済みなのか分かりませんでしたが、本人も「心臓バックバクだった」と明かしたように、この狭い会場で価格3,000万円の新車に乗ってドリフトにアタックした勇気は賞賛に値するでしょう。

画像


飯田章ようやった


動画を撮ろうかとも思いましたが、練習を兼ねてあえて写真に挑戦。けど、カメラマンがヘボなこともあって動いている車を撮るのは難しいっす(汗)。ドリフトなのでたいしたスピードは出ていないにも関わらず、演技が終わって止まったところ以外はまともな写真は撮れず(苦笑)。

画像


もうちょい


ほんの少数のデモ走行とはいえ、新旧ハチロク対決など見どころ満載のイベントは瞬く間に時間が過ぎ、気付けば西日が差してきてタイムアップ。体も芯まで冷えきってけっこう辛いものがあったものの、なかなか楽しいイベントでした。夜、風呂でシャンプーしたら、泡の中に黒いタイヤカスがいっぱい浮いてました…(笑)。


東京オートサロン・D1ドリフトデモ走行








1/24 頭文字(イニシャル)D No.03 高橋涼介 FC3S RX-7
青島文化教材社
2007-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/24 頭文字(イニシャル)D No.03 高橋涼介 FC3S RX-7 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ドリフトって今では、舗装が当たり前ですが。
本当はダートでやるものなんです。
ほこりやぬかるみで、まっすぐ走らないという時に、逆ハンを切りコーナーの出口でハンドルをまっすぐな状態で加速していくという技術で、D1見ていると、思わず笑っちゃいます。http://www.youtube.com/watch?v=Iv4hKgOLhy8&feature=relatedこんなのまねして土手に乗り上げたりするので、車両代の高いボルボに乗っています。
たまに、ドリフトの映像見ると流れた感じの尻がむずむずします。
決まるとコーナーの道路がまっすぐに見えるんです。
今ではタイヤが良いので、けつを流さなくてもライン取りでコーナーがまっすぐ見えるように走れますが、前のボルボでは、ガンとでかい音がしたので、見たらそこに標識が立っていました、当たったのが少しだったので車にもタイヤのところのフェンダーに跡が付いたぐらいでした。
v740gle
2012/01/23 23:17
v740gleさんこんばんは!レス遅くなりましたがコメントいつもありがとうございます!
>ドリフトって今では、舗装が当たり前ですが。
本当はダートでやるものなんです。
WRCの中継とか見ると本物のドリフトが見られますよね。D-1は走り屋系GTドライバー達のお遊びという感じでしょうか。ドリフト専門のドラもいますが食っていけるのかなぁ(^_^;)
というか、流れた感じの尻がむずむずとか、当たったのが少しとか、v740さんはけっこう派手に暴れてらしたんですね。土手に乗り上げていた頃の武勇伝をぜひブログで(笑)。
マチベー
2012/01/27 00:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京オートサロン2012 D-1グランプリ デモ走行 マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる