マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第29回フェブラリーステークス回顧!やはり王者にも死角はあった!

<<   作成日時 : 2012/02/21 01:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 8 / コメント 2

第29回フェブラリーSは一昨年のこのレース2着馬で7番人気の△Oテスタマッタが大外から豪快に突き抜け2馬身差の圧勝。交流重賞以外では初のG1制覇を達成しました。


単勝1.5倍の断然人気馬◎Nトランセンドはスタートでダッシュがつかず逃げることに失敗。道中もずっと手応えが怪しいまま直線に向いても伸びを欠いて7着に惨敗。ドバイ遠征前の壮行試合のはずが国内10戦ぶりとなる着外の屈辱を味わう結果となってしまいました。

勝った△Oテスタマッタは最近の状態の良さが際立っていたので印はつけていましたが、どちらかというと決め手に欠けるジリっぽいタイプで2〜3着までという印象でしたので、今回見せた爆発的な末脚には驚きました。千メートル通過が58秒7とペースが速かったこともプラスになったのは間違いないものの、折り合い一つでこんな競馬ができるなら先に言ってよという感じです(苦笑)。

この馬、交流重賞も含めるとダート通算成績が19戦5勝2着2回3着5回で連対率は37%で、これだけ見ると平凡な数字でとてもフェブラリーSを勝てる成績ではありません。しかし、岩田康騎手とのコンビに限ればダート5戦0勝2着2回3着3回で複勝率100%と、このコンビに限れば実は驚異的な実績を残していました。そこに気付いていたとしても、1着までは想像できなかったですな。ズブい馬を動かす技術はさすがで、久々に剛腕岩田の真骨頂を見せつけられた想いです。


2012年2月19日(日)1回東京8日11R第29回フェブラリーステークス(GI)(※)
1着△Oテスタマッタ(7番人気)
2着−Bシルクフォーチュン(4番人気)
3着○Iワンダーアキュート(2番人気)
4着△Jダノンカモン(5番人気)
5着▲Hエスポワールシチー(3番人気)

勝ちタイム 1:35.4
ハロンタイム 12.2 - 10.9 - 11.6 - 11.9 - 12.1 - 12.4 - 12.0 - 12.3
上り 4F 48.8 - 3F 36.7

払い戻し
単勝 16 2,430円 複勝 16 760円 3 660円 10 310円
馬連 3-16 10,510円 馬単 16-3 26,210円 枠連 2-8 1,050円
ワイド 3-16 2,430円 10-16 1,160円 3-10 950円
三連複 3-10-16 15,530円 三連単 16-3-10 141,910円

推奨馬
Nトランセンド7着
Iワンダーアキュート3着
Hエスポワールシチー5着
Fヤマニンキングリー9着
Jダノンカモン4着
Mトウショウカズン13着
Oテスタマッタ1着


これまでに一度も連覇がないことや、6歳以上の1番人気馬が勝つ確率は33%しかないというデータもあるにも関わらず、Nトランセンドに過剰な人気が集中。1.5倍という余りにも人気が集中し過ぎているオッズを見た時に「ひょっとすると今回は負けるのかな」という嫌な予感が漂いましたが、だからといって他の馬が勝つところは見たくない。結局、最終的には本命にせざるを得ませんでした。

かつてのように強引に押して出ていってもスピードの違いで押し切れた頃と比べると、やはり年齢的にだいぶズブさが出てきているのかもしれません。この内容だとドバイでも期待より不安が大きいですね。去年がピークだったのか、中距離戦では格の違いで押し切ってきましたが、スピードが要求されるマイルではテンのダッシュ力が落ちてきている現状が浮き彫りになりました。


2012年2月18日(土)1回東京7日11R第62回ダイヤモンドステークス(GIII)
1着−Dケイアイドウソジン(15番人気)
2着◎Oギュスターヴクライ(1番人気)
3着−Fスマートロビン(2番人気)

勝ちタイム 3:36.8
ハロンタイム 12.9 - 12.0 - 12.7 - 13.0 - 12.9 - 13.2 - 13.1 - 13.9 - 13.8 - 13.7 - 13.6 - 13.2 - 12.2 - 11.4 - 11.2 - 11.5 - 12.5
上り 4F 46.6 - 3F 35.2

払い戻し
単勝 5 19,000円 複勝 5 3,290円 16 170円 7 180円
馬連 5-16 52,520円 馬単 5-16 157,110円 枠連 3-8 980円
ワイド 5-16 14,180円 5-7 12,990円 7-16 420円
三連複 5-7-16 72,800円 三連単 5-16-7 947,270円

推奨馬
Oギュスターヴクライ2着
Gピエナファンタスト5着
Kリッカロイヤル9着
@ヤングアットハート4着
Nトパンガ8着

ブログにはUPしなかったもののちょこっと参戦した土曜メインのダイヤモンドS。こちらは15番人気の伏兵Dケイアイドウソジンが逃げ切り勝ちを収め、単勝万馬券&三連単94万馬券を演出しました。ドウソジンは3着ならあるかなと警戒していた馬でしたので、三連単はともかく三連複72,800円だけなら手が届いたかもしれず悔しい一戦。このレースは逃げ残りが極めて少ないレースだけに、展開がここまでスローになるとは読みきれませんでした。

このレースは騎手か調教師のいずれかの名前に「松」の字が入っている馬が8年連続で馬券に絡んでいるジンクスがあると競馬雑誌に書いてありました。騎手では松岡正騎手が騎乗するBマイネルキッツが対象ですが、この馬はデータ的には100%消える馬なので馬券に絡むことはあり得ないと考えていました。となれば、調教師で「松」の字がつく松田国厩舎のFスマートロビンか松山康厩舎の△@ヤングアットハートのいずれかということになります。

結果は、スマートが3着で今年も見事にジンクス通り。両者は2番人気と5番人気でともに上位人気だったとはいえ、ヤングもあと一歩の4着ですからかなり強力なジンクスですね。来年まで覚えておき、記録が途切れるまで買い続けておいた方が良いでしょう。

予想の方は1月末から調子が下降線を辿ってきており、今回はパスするべきだと頭では分かっていたものの、残高に余裕がある為に手を出さなくていいレースについ首を突っ込んでしまいます。馬なら放牧による調整が必要な状態なんだけど、来週もガマンできるかなぁ…(笑)。









3連単1着馬決定プログラム
メタモル出版
六木方陣研究会

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 3連単1着馬決定プログラム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
連勝はできず。 フェブラリーS、ダイヤモンドSの結果と回顧
これまで連覇がなかったフェブラリーS。 勝てなくとも連対はできるとみていたトランセンドは押せど動かず馬群に沈んだ。 ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2012/02/21 08:26
土日の予想結果
軸馬が5着では当たりません! ...続きを見る
浪花のクマさん 穴馬券
2012/02/21 10:21
フェブラリーステークス 結果と検証
予想は外れるも、馬券はプラスに。 ...続きを見る
ワンコイン競馬予想(今日の軸馬) ☆☆☆...
2012/02/21 21:11
フェブラリーS 回顧
まさか、まさかの7着惨敗。予想記事ではここで惨敗するようだとドバイなんて言ってられないなんて書いたんですが、惨敗しちゃいましたねぇ。。う〜む。 フェブラリーS 予想1 ... ...続きを見る
ニュータイプ的競馬
2012/02/21 22:30
フェブラリーS 回顧
まさか、まさかの7着惨敗。予想記事ではここで惨敗するようだとドバイなんて言ってられないなんて書いたんですが、惨敗しちゃいましたねぇ。。う〜む。 フェブラリーS 予想1 ... ...続きを見る
ニュータイプ的競馬
2012/02/21 22:30
フェブラリーS 回顧
まさか、まさかの7着惨敗。予想記事ではここで惨敗するようだとドバイなんて言ってられないなんて書いたんですが、惨敗しちゃいましたねぇ。。う〜む。 フェブラリーS 予想1 ... ...続きを見る
ニュータイプ的競馬
2012/02/21 22:31
トランセンド撃沈!フェブラリーSはテスタマッタ勝利という波乱の決着!
2012年のJRA・GIレースの第1弾、春のダート王決定戦・第29回フェブラリーステークス(GI・ダート1600m)が19日、東京競馬場で行われました。ドバイワールドカップに選出された?トランセンドが史上初のフェブラリー連覇を目指して参戦。V2を達成して気持ち良くドバイ... ...続きを見る
日刊魔胃蹴
2012/02/21 23:13
「第29回 フェブラリーステークス」の結果だのそ
 終わりました!フェブラリーS。 ...続きを見る
のそのつぼやき
2012/02/23 14:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり、ダート界というのは、力を永く君臨させるのが難しい世界なんですね。
力が少しでも弱ると、とたんにああゆう結果になるのですね。恐い世界です。
フセイン八木
URL
2012/02/25 22:07
フセイン八木さんこんばんは!コメントありがとうございます!
>やはり、ダート界というのは、力を永く君臨させるのが難しい世界なんですね。

ダート界は確かにピークが短く燃え尽きるのが早い傾向がありますね。その一方、G1は勝てないまでも重賞路線で8歳、9歳まで息長く活躍する馬は芝よりダートの方が多いような気もします。

本当のピークは短いけど、無理せずあまり高望みしないでコンスタントに走っていれば細く長く稼げるという面もあるのかもしれません。あまりパッとしない血統だと種牡馬入りの期待も薄いので、現役にこだわって10歳過ぎるまで走り続けて賞金を獲得した方が得でしょうね。
マチベー
2012/02/27 00:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第29回フェブラリーステークス回顧!やはり王者にも死角はあった! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる