マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS FUJI XEROX SUPER CUP 2012 柏レイソルvsFC東京 2-1 柏が優勝

<<   作成日時 : 2012/03/05 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

J1開幕を次週に控えた3月3日、昨年のJ1王者である柏レイソル対J2及び天皇杯王者FC東京というJリーグを代表する嫌われ者同士wが激突したゼロックススーパーカップ2012。

画像


J1王者の柏が貫禄を見せて2-1で制し、今シーズン最初のタイトルマッチを勝利で飾りました。現地観戦した試合は我々東京サイドから見れば残念な結果に終わった訳ですが、シーズン最初の公式戦としては期待の高まる上々の内容でした。全体的に押し気味に試合を進めていて、ちっとも負けた気がしないというのが正直なところ(負け惜しみにしか聞こえないかもしれないけど)ですが、攻守に渡って要所での締め方、みたいな部分では大きな差を感じましたね。

ランコ・ポポヴィッチ新監督と多くの戦力補強でどんなチームに生まれ変わるのか注目された先発メンバー。GKが塩田、DFはCBに森重と徳永、両SBは右が椋原で左が新加入の太田、ボランチに梶山と高橋の生え抜きコンビ、両サイドには石川と谷澤、トップ下にやはり新戦力の長谷川アーリアジャスール、そしてFWがルーカスの1トップで4-5-1という布陣でスタート。対する柏はJ1で優勝した昨年とほとんど変わらないメンバーでした。

試合開始直後は明らかに東京のペース。両サイドから石川や谷澤が積極的に仕掛けてチャンスを作り、東京のゴール裏にいた僕からはほとんどボールが見えないほど試合序盤の大半を柏陣内で進めて試合を優位に運んでいましたが、柏のディフェンスは非常に堅くて抜け目がありません。きっちりした守備から入る堅実なスタイルはいかにもネルシーニョの流儀ですよね。

東京が押し気味に試合を進めているうち、なんとか良い流れの間に先制点が欲しいと思っていた前半の26分。DFラインからのパスを受けたジョルジュ・ワグネルが中央を突破。東京守備陣の寄せが甘いと見るや、すかさず得意の左足を振り抜き強烈なミドルシュート。鋭い弾道を描いたボールはゴール左隅に、GKが手を伸ばしても届かない絶妙なコースへと吸い込まれ、チーム最初のシュートでいきなり先制ゴールを叩き出しました。

この先制点で一気に息を吹き返した柏はさらに前半終了間際の41分、ペナルティエリア内で北嶋が倒されてPKを獲得。DFの森重が軽く肩を押しただけ、PKを与えるようなひどいファウルではなかったので東京の選手たちは猛然と抗議したものの受け入れられず。このチャンスにレアンドロ・ドミンゲスが落ち着いて確実に決め、2-0とさらにリードを広げて前半を折り返しました。

2点のリードを許す苦しい展開で迎えた後半も立ち上がりは東京のペース。50分に谷澤がペナルティエリア内で倒された場面では先ほどの北嶋がPKならこれもPKやろと思いきや、主審は故意に倒れたということで逆に谷澤にシミュレーションとイエローカードを与える厳しい判定。このまさかの仕打ちも含め、この日の西村主審の笛は東京に辛口でしたなぁ…。

それでもめげずに反撃に出る東京。58分に石川を下げて横浜から加入した新戦力のFW渡邉を投入。この途中出場の渡邉がチャンスを演出し、65分にゴール前の混戦から長谷川のゴールに繋げて1点差になったあたりはゴール裏総立ちで最高に盛り上がりましたね。勢いに乗る東京はその後も反撃の手を緩めず、73分に羽生、85分に新加入の河野と立て続けに攻撃的な選手を投入して追いすがります。

しかし、最後の最後をしっかり締めている柏のDFラインは崩せそうで崩し切れず、試合終了まで同点ゴールには届かないまま。結局、シーズン初戦でいきなりJ1王者にひと泡吹かせるという下剋上は叶わず、試合はそのまま1-2で終了。天皇杯に続くカップ戦制覇とは行きませんでした。

両チームともまだコンディションが上がっておらず、連係にも不安を残していた割に内容の濃い試合ではなかったかと思います。選手個々の質という点では負けているどころか、東京の方が上だったかと。助っ人の2人以外は全く怖さを感じなかったし、彼ら2人さえ押さえ切ることができれば勝てない相手ではないと思います。

分かっていても止められない助っ人2人の個人技にまんまとやられてしまいましたが、それ以外でも昨年J1を制している上にメンバーもほとんど変わっていない柏のしたたかさと抜け目のなさには素直に参りましたというしかありません。前半3本のシュートで2点を奪われたあたり、監督、戦術、メンバーが大きく入れ替わった新チームの東京に、王者との完成度の違いを嫌というほど見せつけた試合でした。

そんな中でも今期に期待できる部分といまだ解消されていない課題とがはっきり見えましたね。期待できる部分としては東京のポゼッションサッカーはJ1上位が相手でも全く遜色ないということ。元々、FWルーカスを筆頭に、谷澤、梶山、高橋、森重、徳永など、接触プレーにも強くキープ力の高い選手が揃っていた東京に、さらに渡邉や長谷川といった懐の深い選手が増え、相手にボールを渡さないという点では間違いなくJ1でも五指に入るレベルまで来ているのではないでしょうか。

一方、相手のゴールをこじ開ける力、整ったDFラインを崩していくアイデアという点では引き続き不安が残ります。後半途中出場の羽生がどフリーでヘディングシュートを外してしまうなど、ゴール前の精度という点でも相変わらずの決定力不足。新戦力が増え、監督が変わっても根本的な問題が解決した訳ではなく、フィニッシュのお粗末さという長年の課題は今年もチームの重しになってしまう恐れは感じます。

自陣ペナルティエリア内で守備に追われている状況から、レアンドロ・ドミンゲスのたった1本の縦パスだけであっという間に東京のゴール前までボールを運び、わずか2〜3回のボールタッチだけでいとも簡単にあわや追加点かという決定的なシュートに繋がった場面など、チーム内の意思統一の高さはさすがの一言。改めて柏の強さ、成熟度の高さをまざまざと見せつけられました。

ボール支配率では新聞によれば東京55対柏45ということですが、東京がボールを支配している時でも持たされている感がありあり。柏の選手たちにはほとんどエネルギーのロスがなく、試合終盤でもそれほど運動量が落ちていないように見えました。まだ状態が上がっていなくとも、これだけのプレーができるのはネルシーニョ体制4年目という熟成期に入った強さでしょう。今年も柏はかなり手ごわい難敵となって立ちはだかりそうな印象です。

そんなこんなで今週末にはいよいよJ1も開幕。2008年から4年連続で生観戦してきた開幕戦ですが、今年はアウェーのNACK5スタジアムでの大宮戦が、まさかのアウェー自由席だけ先にSOLD OUTという状況でチケット買えず。ホーム開幕戦の名古屋グランパス戦までおとなしく待つことにしました(^_^;)

今年はここ数年ホームゲームのみとなっている現地観戦を、アウェーでも数試合見に行くことと、初体験のACLホームゲームも現地観戦するというのが大きな目標です。負けはしたものの、ゼロックスを見る限り、ポポヴィッチ新監督は東京のサッカーとも相性は良さそう。サポーターからの評価も上々の新監督はセルビア人ですから、攻撃サッカーをごり押ししてくるのはほぼ確実です。ずば抜けた危機察知能力を持つ今野が抜けた穴と共に、昨年よりも大幅に失点が増えるのは覚悟しないといけませんが、これまで以上に攻撃的なサッカーが見られそうだという期待が膨らむゼロックス観戦でした。








3-4-3 〜究極の攻撃サッカーを目指して〜
集英社
杉山 茂樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 3-4-3 〜究極の攻撃サッカーを目指して〜 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今年もゼロックスから
サッカーばかり書いているのは毎日サッカーがあるからです。 ...続きを見る
ニセモノのくせに生意気だ
2012/03/05 02:01
【J特】 ゼロックス・スーパー・カップ
J2開幕前日ですが・・・ ...続きを見る
Dreamers Fields 〜夢見の...
2012/03/05 22:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 TBありがとうございました。
 現地参戦ごくろうさんです。東京にとっては辛いジャッジでしたが、シーズンはやれそうな雰囲気でしたね。
スプレー日記。
2012/03/05 22:15
こんにちは。
始まりましたね〜。
Jリーグもですが、ACL、五輪、代表、なでしこと立て続けにどっと!です。(^_^)
ゼロックス杯、残念でしたけど、これからが楽しみな期待感漂う試合運びでした。
今年も応援人生まっしぐらでございます。^^
もうすぐ、ブリスベンとの試合が始まります。
いまからソワソワしっぱなしのワタクシでございます。(^_^)/
kokoro
2012/03/06 15:57
スプレー日記。さんこんばんは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>東京にとっては辛いジャッジでしたが、シーズンはやれそうな雰囲気でしたね。
ありがとうございます。おっしゃるように、今のところ内容も良く、この時期の東京としては出来過ぎなほど充実したプレーができていると思います。新戦力も凄くフィットしてますし、この調子で今週末のリーグ開幕戦も頑張ってもらいたいと思ってます!
マチベー
2012/03/09 01:20
kokoroさんこんばんは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>ゼロックス杯、残念でしたけど、これからが楽しみな期待感漂う試合運びでした。
負けたけど充実感のある、今後に期待の持てる負け方でしたよね。去年とおととしの今頃は、ともに開幕戦を勝ったにも関わらず消化不良ですっきりしない中身でした。それと比べると、今年は遥かに希望の光が大きくなってます。今年は本当に楽しみなシーズンになりそうですね!しかもACLも完勝でした。お互い、今年は忙しいシーズンになりそうですね。みんなで応援がんばりましょう!
マチベー
2012/03/09 01:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FUJI XEROX SUPER CUP 2012 柏レイソルvsFC東京 2-1 柏が優勝 マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる