マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS ACL1次リーグF組第1戦 FC東京2-0ブリズベン アウェイで完勝!

<<   作成日時 : 2012/03/07 15:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

FC東京のアジア進出1stチャレンジとなるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)初戦は2-0と敵地で豪州王者を粉砕!チームの歴史に新たな一歩を刻む記念すべき初陣を会心の勝利で飾りました。


試合途中からのTV観戦でしたが、昨日の東京は率直に言って強かったですね。対戦相手が豪州王者と聞いても、オーストラリアリーグのレベルがどの程度の水準なのか全く知らない僕は「なんぼのもんじゃい」くらいにしか思っていませんでしたが、聞けば昨シーズン37戦無敗というとてつもない新記録を作ったチームというではないですか。そんな絶対王者の片りんは感じられなかったとはいえ、豪州王者を圧倒したのだからもっと褒められてもいいでしょう。

相手の監督のコメントを見ると、チーム全体がずいぶんとナーバスになっていて本来の力が全く発揮できずに終わったようですが、お宅らのホームじゃねーのかと(笑)。逆に言えば、初めての海外挑戦で初となる海外公式戦に挑み、のびのびと普段通りのサッカーを展開できた東京の選手たちには逞しさを感じますし、ポポヴィッチ新監督の体制になってから初勝利ということで、早い段階で結果が出たことで選手の心理的にも凄く大きな1勝ではないでしょうか。

前半はオフサイド連発で思うように攻撃が組み立てられなかったものの、前半ロスタイムに右サイドの石川ナオが仕掛け、相手に当たってこぼれたボールをフォローした徳永がゴール前に低いクロス。中央に走り込んだ谷澤が鮮やかにスライディングシュートを決めて先制。非常に良い時間帯に先制点を取れたことで東京が優位に試合を運ぶことができたのは大きかったと思います。

後半は立ち上がりからブリズベンが積極的に前に出てきて押される展開。何度かピンチを招いて苦しい流れになりかけていましたが、55分に森重からの鮮やかなフィードを受けた羽生がシュート。いったんはGKにセーブされたものの、ゴール前に詰めていた長谷川が押し込んで2点目。先日のゼロックスの時と同じような形で2試合連続ゴールを決めました。

そこからは相手の猛攻にさらされて防戦一方。DF加賀は足がつって交代するなど苦しみながらも田邉、チャン・ヒョンス、河野ら交代選手をうまく使いながらなんとか凌ぎ、そのまま2-0で終了。アウェイで貴重な勝ち点3を獲得することに成功しました。

結果は2-0でしたが、後半だけ見ると0-0や0-1、1-2くらいでやられていたかもしれず、前半に点が取れなければどう転んでいたか分からない試合でした。それだけに前半終了間際の谷澤の先制ゴールは値千金の貴重なゴールで、あの1点が今大会の東京にとって後々本当に大きな意味を持つことになるかもしれません。

2試合連続で大事な試合に出場し、貴重なゴールを決めた長谷川も加入して間もないのに既にチームにフィットしています。去年まではあそこでゴール前に誰も詰めていなくて「なんで誰もいないの!?」と頭を抱えた場面が何度もありましたが、今年はそこに長谷川がいる!という期待感があります。きっちり詰めてくれる人間がいれば、中盤の選手たちも今まで以上に積極的にミドルを撃てるようになりますから、攻撃に好循環が生れてくるでしょう。

しかも、この日はゼロックスから中2日での連戦ということで、攻守の要であるボランチの梶山とFWのルーカスをあえて日本に残してきての試合。リーグ開幕戦を見据えて主力を温存できたことは長いリーグ戦とACLを並行して戦わなければいけない過密スケジュールをこなす上でも非常に意味があります。

もし負けていればポポ監督の選手起用に批判が集まったかもしれず、リスクの高い賭けでもあったはずですが、この選択が見事に的中したことで新監督に対する信頼感や期待値もさらに高まるでしょう。大きな期待とプレッシャーがかかる中で、こういう大胆な采配を実行できる勇気と決断力を持ち、なおかつ結果も出すとはこの監督はやはりタダ者ではないかも…。

リスクを伴うギャンブルのような采配が成功すると、選手から監督へのリスペクトはいっそう高まり、チーム全体が一気に盛り上がるもの。この流れのまま開幕を迎えれば、今年はリーグ戦でもきっと良い結果をもたらしてくれるのではないかと期待させてくれます。あとは過密日程の中でいかにケガ人を出すことなくやりくりして行けるか。新監督のかじ取りに益々注目が集まりそうです。


また長谷川!FC東京 豪王者に快幕2発でアジア1勝
スポニチアネックス 3月7日(水)7時1分配信

◇ACL1次リーグF組 FC東京2−0ブリスベーン(2012年3月6日 ブリスベーン)

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)は6日、各地で開幕。初参戦のFC東京はアウェーのブリスベーン戦に2―0で快勝し、アジア1勝を飾った。後半10分、新戦力で近い将来の日本代表入りが期待されるMF長谷川アーリアジャスール(23)が公式戦2戦連続ゴールで試合を決めた。

またもゴール前に詰めていたのは守備的MFの長谷川だ。後半10分、羽生のシュートを相手GKがはじくと迷わず右足一閃(せん)。3日の柏戦に続く2戦連続ゴールを決めた。「あそこに入って行けるのは調子がいいから」。近い将来、日本代表入りも期待される23歳が乗っている。

U―20日本代表時代には日本代表MF香川(ドルトムント)と切磋琢磨(せっさたくま)、昨季まで所属した横浜時代にはリヨンも獲得に動いた逸材は速いパス回しを得意とするサッカーに瞬く間にフィットした。柏戦がトップ下なら、この日はボランチを務める万能ぶり。2戦連発は「(FWも務めた)横浜でもなかった」と笑った。

歴史的なアジア1勝。昨季37戦無敗の記録をつくり、次期オーストラリア代表監督の呼び声高い敵将ポスタコグル監督は「勉強になりました」と脱帽した。「これで飛行機でも気持ちよく眠れますね」と長谷川。片道20時間の過酷移動もどこ吹く風。昨季J2から昇格の柏がJ1制覇したが、今年はFC東京がアジアに旋風を起こす。



※おまけ
我が東京から今野を強奪したガンバ大阪は同じくACLにてホームの万博で韓国の浦項と対戦。結果は0-3で惨敗の上、この日がガンバでのデビュー戦だった今野は自らのミスで3点目を献上する失態。あらら、どうしちゃったんだろうね。まだ1試合だけなので今の時点で判断するのは時期尚早だけれど、今年のガンバにはガタガタになりそうな雰囲気があります。どうしても優勝を経験したいといってガンバに移籍した今野ですが、今期は彼に「東京に残っていた方が良かったのかな?」と本気で後悔させてみたいですねw







Jリーグオフィシャル・ファンズ・ガイド 2012 (アサヒオリジナル)
日本プロサッカーリーグ
2012-02-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグオフィシャル・ファンズ・ガイド 2012 (アサヒオリジナル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Jリーグ全40クラブ選手名鑑2012 (COSMIC MOOK)
コスミック出版
2012-02-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグ全40クラブ選手名鑑2012 (COSMIC MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Jリーグプレイヤーズ名鑑 2012 (NIKKAN SPORTS GRAPH)
日刊スポーツ出版社
2012-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグプレイヤーズ名鑑 2012 (NIKKAN SPORTS GRAPH) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ACL2012予選リーグ第1節FC東京豊富な運動量で圧倒しACL初勝利!ガンバ大阪3失点で大敗し今後...
6日ACL2012(アジアチャンピオンズリーグ) 予選リーグ第1節試合が各地行われ、 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/03/08 07:39
【グランパス2012】今季の開幕はACL
リーグよりも一足早く、ホーム瑞穂のACL(x城南一和)で開幕する今季のグランパス。 去年はゼロックスをPK戦で勝ったものの、ACLの中国遠征で杭州緑城に完敗し、リーグ初戦は何とかドローに持ち込んだだけの... ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2012/03/10 23:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ALCは頑張らずに速めに終わりにしたほうが、良いです。
過去の試合を見ても、頑張った挙句に疲労してしまい、Jリーグで次の年成績が悪くなるチーム続出です。
練習試合みたいな気分でほどほど、に、するよう、応援してあげてください。
v740gle
2012/03/08 23:11
v740gleさんこんばんは!引き続きコメントありがとうございます!
>ALCは頑張らずに速めに終わりにしたほうが、
確かに過去の例を見ると、ACL出場が罰ゲームみたいな足かせとなり、リーグ戦で苦戦するチームが多いですよね。その点では確かに心配ではあります。

ただ、うちのクラブはカップ戦重視なところがあるんですよ。リーグ戦を捨てることは無いにせよ、J1はJ2に落ちなければ13位とか14位でもOKみたいな。リーグは下に落ちない程度にほどほどに頑張って、本気でACL優勝を獲りに行くという戦略を描いている可能性もあります。

ナビスコ2回に天皇杯1回獲っているように、他チームが軽視しているカップ戦を本気出して勝ちに行く伝統があるんで、今年の最大目標はJ1よりもACLかなという気がしますね(笑)。
マチベー
2012/03/09 01:48
カップを奪い取れ〜 掲げろ東京〜!
ぼくんち杉並区†
2012/03/09 22:05
ぼくんち杉並区さんこんばんは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>カップを奪い取れ〜 掲げろ東京〜!
今年もぜひともカップを奪い取りたいですね。特にACL。リーグ戦はJ1残留してくれればいいんで、ACLの優勝カップを味スタに持ち帰ってもらいたいですね!
マチベー
2012/03/12 00:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ACL1次リーグF組第1戦 FC東京2-0ブリズベン アウェイで完勝! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる