マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS FC東京○4-2●ブリズベン(ACL1次リーグF組第5戦)乱打戦を制して決勝T進出決定1番乗り!

<<   作成日時 : 2012/05/03 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

合羽を2枚かさね着してもずぶ濡れになるほどの土砂降りの雨と冷たい風にさらされた国立競技場でFC東京イレブンが躍動!4発決めてブリズベンに逆転勝ちし、Jリーグ勢で最初の決勝T進出を決めました!


画像



いやー、ホントこんなに寒くなると思わなかったなぁ(苦笑)。合羽を持参したけどちっとも雨を凌げず、スタンドでは傘差しちゃ駄目という係員のアナウンスもあり、傘は差せません。仕方が無いので、慌ててショップでポンチョまで買って2枚重ね着して凌ぎました。それでもびしょびしょに濡れて寒いのなんのって大変でした。それにしても、今年の東京のホームゲームは本当に天候に見放されてますな…(ToT)

試合の方は開始4分でいきなり失点したところから始まるという最悪の展開でした。リーグ戦で最近5試合が1勝4敗、5戦中3戦が完封負けでトータルわずか2得点の8失点、特にここ3試合が3連敗中とまさにどん底の不振にあえいでいるチーム状況だけに、立ち上がり4分での失点は非常に強い不安を覚えるスタートでした。率直に言ってヤバいかもと不安がよぎったのも確かです。

そんな不穏な空気を一掃したのが、失点からわずか1分後のタカヒデ先生ことボランチ高橋の同点ゴール。梶山のシュートが相手にブロックされたものの、前線に上がってきた高橋がこぼれ球に素早く反応してきっちりシュート。ポストに当たってゴール内側に跳ね返ったこの同点ゴールで、最近の不振で重苦しい雰囲気もあった選手たちが何か吹っ切れたように見え、「今日の東京は違う。行けるぜ!」という手応えを感じました。

失点直後に同点に追いついたことで落ち着きを取り戻した東京は久しぶりに、本当に久しぶりに東京らしくテンポの良いパスサッカーを展開。激しい雨にさらされてよく滑る最悪のピッチに足を取られて転んだり、パスミスからボールを奪われてピンチを招くシーンも何度かありましたが、この日は気迫がみなぎっていました。

前半20分には中央を駆け上がったMF長谷川から右サイドへのスルーパス。FW渡邉千真がこのボールを受けて右からペナルティエリア内に切れ込みながら低く速いクロスを放り込むと、相手DFに当たってコースが変わったボールは左サイドを駆け上がったSBの椋原のところに転がり、ダイレクトで思い切り右足を振り抜くシュート。これが見事に決まって2-1と早々に逆転に成功しました!

この逆転ゴールは本当に鮮やかなカウンターでした。シュートが決まった時点でブリズベンのペナルティエリア内には渡邉、長谷川、梶山、たぶん谷澤、そして椋原と実に5人もの東京の選手がいて、前掛かりになっていた相手のDFが戻り切れないうちに一気に駆け上がっての逆襲で、そのスピードといい、人数といい、カウンターアタックの教科書に乗せたいような見事な速攻でした。

この後、今年の東京の悪いところである守りの緩さから一度は2-2の同点に追いつかれてしまったものの、前半終了間際の43分、右SBの徳永からFW渡邉へ縦に速いパスが入るとブリズベン守備陣がたまらずファウル。エリアの外か中か微妙な位置でしたが、審判は迷わずPKを選択。これを倒された渡邉自身が自ら蹴って3-2と再び1点のリードを奪い、前半はこのまま終了しました。

後半になってからも両チームとも攻撃的なサッカーを展開。一進一退の中、水もありながらもやや優勢に試合を運んだのは東京。そして迎えた60分、中盤でパスを繋いだ東京はMF谷澤が一瞬のスキを突いて相手最終ラインの裏へ絶妙なスルーパス。これに反応したFW渡邉が抜け出し、落ち着いて相手GKの動きを見て左足でゴール右隅に決定的な4点目を流し込みました。

この後、早めに交代カード3枚を使い切って攻勢に出るブリズベンに対し、東京は疲れからか足が止まり、守勢に回る時間も増えました。その為、東京も73分にルーカス、78分に米本、85分に石川と本当なら休ませたかったはずの主力を次々に投入し、なんとか相手の反撃を抑えて勝ち切りたいと踏ん張ります。ロスタイムには相手の決定的なシュートもありましたが、バーを叩く幸運にも助けられて試合はそのまま4-2で終了。

結果、5戦で3勝2分けの勝ち点11として無敗のままグループ2位以内を確定させ、見事に1次リーグ通過をホームで決めました。不振に陥ったここ数試合、運動量も落ちてパスが繋がらなくなっていた攻撃陣にも連動性が戻り、4月17日の北京国安戦以来となる大量得点で決勝T進出に花を添えました。

悪天候の中、両チームともミスが多くなったのは致し方の無いところ。それよりも、最悪のピッチコンディションの中でも両者ともにミスを恐れて消極的になることなく、最後まで攻めの姿勢を貫き、単純にロングボールを放り込むだけのパワーサッカーではなく、パスを繋いで点を取りに行く積極的なサッカーを展開して見応えのある試合でした。

休ませるべきベテランの主力を後半途中から投入した選手起用には正直言って賛同しかねます。ルーカスやナオを休ませ、河野や重松あたりを使うべきだったと個人的には思います。ただ、この選手交代には「何か何でもこの試合は絶対に勝つ」「守りに入るな!最後まで攻めろ!ひるまずゴールに向かえ!」というポポヴィッチ監督からの強烈なメッセージが込められていると感じたのも事実。それがスタンドの観客まで伝わるのですから、ピッチにいた選手たちにはなおさら強く伝わったのではないでしょうか。

TV中継でどこまで放送されたのかは分かりませんが、現地にいたからこそ体験できた大きな感動をもう一つ。試合終了後、ピッチ中央で健闘をたたえ合う両チームの選手たち。そこに最後まで潔く攻撃サッカーを貫いたライバルチームに対し、スタンドの東京サポーターから大きな「ブリズベン」コールが自然と湧き起こりました。

すると、ブリズベンの選手たちもコールのお礼にと、わざわざ東京応援団で赤青に染まったスタンド前まで足を運び、お礼の挨拶をしてくれたのです。試合が終われば勝者も敗者もなく、両者が互いをたたえるノーサイドの精神にスタンドのサポーターから惜しみの無い拍手が送られました。

これだけでも十分に感動的なシーンでしたが、試合が終わってスタジアムの外に出ると、今度はスタジアムの外でブリズベン・サポーターが雨の中をずっと待っているではないですか。そして、千駄ヶ谷駅に向かう東京サポーターたちに「勝てよ!」「俺たちの分まで頑張ってくれ!」と激励のメッセージ。試合に勝ったこと、試合後のエール交換、そしてこの出待激励と本日3度目の感動でちょっとウルッとしましたね。

オレンジ&ブルーのブリズベン・サポと赤&青の東京サポがそこかしこで握手、ハグ、ハイタッチ。中にはユニフォーム交換までする人たちもいて、サッカーを通じたフレンドリーな国際交流の輪が広がりました。陽気なオージーたちの声援を受ける大歓迎の中、もちろんマチベーも名前も知らないどこかのオージーと笑顔でハイタッチを交わして家路につきました。

残念ながら、夜のニュースや翌日の新聞記事では試合の結果や得点記録だけしか伝えていないようだけど、現地で取材してるなら、こういう場面こそ報道して欲しいですよね。ま、大手メディアは試合が終わると同時にメールだか何かで会社のデスクに取材メモを送り、試合を見てないデスクがそのメモを見ながら会社の中で作文を書いて記事にしてるだけみたいですから、この日スタジアムで起きた小さな感動など知る由もないでしょうw

悪天候に見舞われたこの日の国立は観衆わずか8,492人。1万2千人くらい入ってるかと思いましたが、日本では不人気のACL戦に加え、平日の夜であの天気ではやはり1万には届かず。それでもやっぱライブに行っただけのことはありました。朝からずっと雨が降っていて、夜になってさらに雨が強くなった時には前売りで買ったチケットを少し後悔したけど(笑)、ACLホームゲームの皆勤賞がかかっていたので雨ニモ負ケズ、スタジアムへGO。

最後は4-2で勝利という激しい試合を生観戦でき、目の前でグループリーグ突破を決めてくれたんだから頑張って足を運んだ甲斐があったというもの♪このあとはグループ首位の座を賭けて最終戦でアウェーの蔚山現代戦に乗り込む東京イレブン。ここまで来たら2位ではなく絶対にグループ首位で通過して欲しいですね。

この試合を見る為に国立競技場を訪れた8,492人のうち、8〜9割が東京サポでしょうか。この日、僕は未来の東京サポに向かって語り継がれるべき試合を生で観戦し、「俺はあの日スタジアムにいたんだぜ!羨ましいだろ!」と自慢できるネタを貰いました(笑)。


バンザーイ!! ★\( ̄▽ ̄ )/クル\(   )/クル\(  ̄▽ ̄)/★バンザーイ!!



画像


この日のMVPは大雨の中を一輪車で疾走したドロンパかな☆







Jリーグ・レジェンド-サポーターが選んだFC東京名勝負BES (COSMIC MOOK)
コスミック出版
2012-03-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグ・レジェンド-サポーターが選んだFC東京名勝負BES (COSMIC MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



FC東京 2011 シーズンレビュー [DVD]
video maker(VC/DAS)(D)
2012-03-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FC東京 2011 シーズンレビュー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~
アチーブメントシュッパン
フェラン・ソリアーノ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
(* ̄(エ) ̄)/☆【祝】☆\( ̄(エ) ̄*)
本当にJ2居たとは思えないです。
v740gle
2012/05/03 23:45
あの大雨で前売券買った事をちょっぴり後悔したのは同じだわ〜(*^▽^*)
試合後は、ブリスベンサポとの交流でテンションあがりましたね〜。「俺はあの日スタジアムにいたんだぜ!羨ましいだろ!」と自慢できるネタを私も持てました。(*^^)vヤッタネ
カッパ着てゴール裏で立ちっぱなしで観戦&応援したけれど、顔と前髪が濡れ、足元がびしょびしょ位だったわ。座っていた?
何はともあれ、いい試合でした。
相太が怪我で出れなかったことを除けばね(泣)
kokoro
2012/05/04 02:30
うらやましい。
中継では、ブリスベンコールはかろうじて聞こえたよ。その後の交流、イイネ! ブリスベンサポーターがドロンパの帽子かぶってるのが映ってうれしくなっちゃった。
ぼくんち杉並区†
2012/05/05 21:35
v740gleさんおはようございます!遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>本当にJ2居たとは思えないです。
ありがとうございます。ただ、東京の場合は現在も日本代表候補の人数がJのクラブで最多であるように、もともとリーグ上位の戦力を持ちながらJ2に落ちてしまったことがおかしかった訳でして、ようやく本来の立ち位置に戻りつつあるのかなと思います。
ただ、真っ向勝負を挑んでくるACLでは点が取れていますが、国内リーグの場合は相手の長所を消しに来るサッカーのチームが対戦相手。そういう意味で、本当に一つ山を越えたかどうかは今日の新潟戦、その次の鳥栖戦あたりを見てみないと判断できないですね。
まちべー
2012/05/06 11:05
kokoroさんおはようございます!コメントありがとうございます!
>試合後は、ブリスベンサポとの交流でテンションあがりましたね〜。
やはり現地にいらしてたんですね!ホント、あの雨で心が折れかけましたが、乗り越えて現地に行って良かったです!
>顔と前髪が濡れ、足元がびしょびしょ位だったわ。座っていた?
そうなんです。思いのほか早く現地に着いてしまい、試合が始まる1時間前からスタンドに座っていたんですよ。だから、試合が始まる前にずぶ濡れになってしまいました(ToT)キックオフ間近には寒くて震えるほどでしたので、急きょポンチョを買いに走って合羽の上から重ね着しました。それでも最初にびしょびしょになっていた為に時既に遅しという状態。でも、ACLを経験できたことは凄く良い財産になったと思います。この調子で次も勝って、なんとかホーム開催権を獲って再び僕らにライブ観戦する機会を与えて欲しいですね!
マチベー
2012/05/06 11:14
ぼくんち杉並区さんおはようございます!コメントありがとうございます!
>中継では、ブリスベンコールはかろうじて聞こえたよ。その後の交流、イイネ!
いやー、ホント気合で現地に行って良かったです。ハーフタイムにドロンパが一輪車でスタジアムを半周し、ブリズベンサポの観客席前まで走ったんですよ。そんなこともあってか、両チームともフレンドリーな雰囲気で帰ることができました。

もしも東京が負けていたなら、みんな怒ってあんな風に相手にエールを送る余裕などなかっただろうと思います。ま、オージーたちが東京サポの女の子をナンパしまくっていたという目撃情報もありますので、負けたのに親切に迎えてくれた本当の目的は、実はイエローキャブに乗ることだったのかもしれませんが(笑)。
マチベー
2012/05/06 11:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FC東京○4-2●ブリズベン(ACL1次リーグF組第5戦)乱打戦を制して決勝T進出決定1番乗り! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる