マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS ロンドン五輪 男子サッカー決勝 メキシコvsブラジル 2-1 王国ブラジルを破りメキシコ初V!

<<   作成日時 : 2012/08/12 01:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ともに悲願の五輪初優勝を目指す強豪同士の対決となった男子サッカー決勝は日本を破ったメキシコが本気で勝ちに来ていたブラジルをも撃破して初優勝を飾りました。


来たる2014年のブラジルワールドカップ、さらに2016年リオ五輪と立て続けに世界のビッグイベントを自国で開催することが決まっている世界最強のサッカー王国ブラジルにとって、今回のロンドン五輪男子サッカーは必勝を期した大会でした。出場メンバーにもネイマール、フッキ、マルセロ、ホアンといったA代表に入っても即トップクラスに入れる逸材をずらりと揃え、優勝が最低ノルマと言うほどロンドン五輪での悲願達成に尋常ならざる執着を見せていました。

ところがその思惑は試合開始30秒余りで打ち砕かれることに。キックオフから30秒を少し越えたところだったでしょうか。いつものように前線からの厳しい守備で相手を追い詰めてすかさずボールを強奪するメキシコがそのまま時間をかけずに思い切ってシュートを放つと、開始直後で油断していたブラジルの守備陣は止めることができずまさかの先制ゴールを許してしまいます。メキシコはしてやったりの先取点を奪い、開始直後のビハインドで明らかにショックを受けて動揺するブラジルとのコントラストが印象的なシーンでした。

その後は追いつきたいブラジルと凌ぐメキシコの攻防が続きますが、早い時間の失点でどこか冷静さを欠いていたブラジルに対し、もともと堅守速攻がチームカラーで守りを固めてのカウンター狙いが上手いメキシコは自分たちのもっとも得意とする試合展開に持ち込むことに成功したと言えます。追いかける展開に慣れていないブラジルの選手たちは焦りからチームメイト同士で罵り合いの喧嘩を始める有り様で、チーム一丸となっての反撃には程遠い個の力に頼った攻撃が多く、決定機にも焦りから精度を欠いて追いつくことができません。

そんな中で迎えた後半30分、前半の先制点に続いてまたもFWペラルタがこの試合をさらに優位づける2点目のゴール。悪夢のような展開に呆然と立ち尽くすブラジルイレブン。またしても一瞬の相手のスキを逃さず確実にゴールに結びつけたメキシコ。王国ブラジルですら引き立て役にしてしまうほどずば抜けたメキシコ攻撃陣の決定力の高さが生んだ追加点でした。

追加点を奪われたブラジルもすぐさま切り替えて猛反撃開始。ラスト15分はメキシコイレブンをゴール前に釘づけにし、ロスタイムにフッキのゴールで1点差まで詰め寄りました。しかし、堅守を誇るメキシコは最後まで集中を切らさず、ブラジルは終了間際に絶好の同点機を演出するも、フリーで放ったヘディングシュートは無情にもゴールマウスを捉えられず、試合はそのまま2-1で終了。王国の悲願を阻止すると同時に自らの悲願を成し遂げることに成功しました。(速報)

※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロンドン五輪 男子サッカー決勝 メキシコvsブラジル 2-1 王国ブラジルを破りメキシコ初V! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる