マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第30回フェブラリーステークス展望!1番人気が消えるG1の勝ち馬は!?

<<   作成日時 : 2013/02/17 12:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 2

2013年最初のG1レースとなる第30回フェブラリーS。今年最大の注目を集めるのはJカレンブラックヒルということになりそうです。


今年に入ってからというもの、ジェンティルドンナが牝馬の年度代表馬に選ばれたり、大好きなアンカツさんが引退したりと競馬関連の大きなニュースが続いていたにも関わらず、色々問題があってネタをUPすることができませんでした。今年最初のG1予想くらいはなんとか更新しようと睡眠不足と戦いながら頑張って記事を書いています。

年が明けてからの競馬は金杯で初当たりを出した後は泣かず飛ばず。去年に引き続き1・2・4着や1・3・4着に泣いてばかりいるマチベーですが、今年最初のG1をすっきり的中させて悪い流れを断ち切り、春のクラシックシーズンに向けて上昇気流に乗りたいところです。


2013年2月17日(日)1回東京8日11R第30回フェブラリーステークス(GI)
Fガンジス 
Iワンダーアキュート 
Gイジゲン
Cナムラタイタン
Mテスタマッタ
Oシルクフォーチュン


今年のフェブラリーSの大きな特徴は、なんといっても単勝1番人気がダート初挑戦のJカレンブラックヒルになりそうなことと、昨年の1〜5着馬が全て揃って出走馬16頭のうち7歳以上の高齢馬が過半数の9頭を占めていることでしょうか。

昨年のNHKマイルCの覇者Jカレンブラックヒルの挑戦ですが、実戦でダート戦に出走するのは今回が初。過去10年で1番人気は7勝<7・0・1・2>と抜群の強さながら今年はダート未経験のカレンが1番人気。今年の1番人気は危ない人気馬ということになるでしょう。昨年は絶対的本命と目されていたトランセンドがまさかの7着惨敗でしたので、昨年を区切りに本命が強い傾向が変わったのかもしれません。

前走が芝だった馬が3着以内に来たのは03年3着のイーグルカフェが最後と久しく例がない上、この馬は既にダートのG1を勝っていた馬でカレンと違ってダート実績もありました。フェブラリーSがG1に昇格した97年以降にダート未経験でこのレースに挑んだ馬が15頭いるそうですが、3着以内に入ったのは01年のトゥザヴィクトリーのみ。初ダートがフェブラリーSだった芝のG1ホースは5頭いて9、16、15、7、12着でローレルゲレイロの7着が最高という惨憺たる有様です。

馬券に絡むどころか一桁着順の10着以内に入ることすらおぼつかないという現実がある以上、実際にいつの日にかジンクスが破られない限りはこのタイプが出てきても馬券の対象からは完全に外すのがデータ馬券のセオリーです。もし来たら素直に拍手するけど、来ないことを祈って手を出さないのが馬券予想の鉄則ですので、カレンはスルーします。

本命◎はFガンジス。若い馬ほど成績の良いこのレースで今年は4歳馬の出走が3頭のみ。そのうちの1頭が前述のカレンですから残る2頭にフォーカスして選びました。これまでG1勝ちこそないものの、東京ダートは<1・3・0・0>で連対率100%の実績。ハイペースになることの多いフェブラリーSですが、差し一辺倒の馬では差し切りは難しく、好位で折り合いつつ直線で切れる脚を使える馬でないと勝てません。この馬はそうした条件をクリアしています。

加えて過去10年の3着以内馬30頭のうち半数の15頭は外国人騎手と地方競馬出身騎手の騎乗馬で、毎年必ず1頭は馬券に絡んでいます。馬の力よりも騎手の力が大きくモノを言うこのレースで、前走の根岸Sに引き続き鞍上に名手内田博騎手を確保できたのは何より大きなアドバンテージ。G1経験や距離実績の不足を不安視する声もありますが、そうしたハンデも全てウチパクマジックでカバーできます。未知数の魅力という点ではカレンと同じですが、Fガンジスには根拠を伴った可能性が備わっています。

相手は実績十分のベテランの中から選んだ○Iワンダーアキュート。こちらは2、3着の惜敗が多く物足りない面もありますが、昨秋にはJBCクラシックを勝ったあと、JCダート、東京大賞典、川崎記念とレベルの高いレースで3、2、3着と常に安定した戦いぶり。昨年のこのレースも3着と結果を残していて大きく崩れないタフさとすんなり好位につけられる器用さがが大きな魅力です。今年は混戦で絶対的存在がいないだけに、交流重賞で稼ぐこの馬には中央G1初勝利の大きなチャンスです。


結論:最後は若手が下剋上!
馬単 1着流し 軸 7 10 相手 4 7 8 10 14 16  計10点
合計10点

           

発走は15:40です。さ、これから府中まで手袋をもらいに行ってきましょうかね。







勝ち馬がわかる競馬の教科書
池田書店
鈴木和幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 勝ち馬がわかる競馬の教科書 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



最強の競馬論 (講談社現代新書)
講談社
森 秀行

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最強の競馬論 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
≪予想≫フェブラリーS
 第30回 フェブラリーステークス  東京1600M、ダート・左、4歳以上、オープン、定量 ...続きを見る
ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ
2013/02/17 12:14
フェブラリーS(2013年)【血統フェスティバル】予想
【フェブラリーS】の予想。傾向がひと目でわかる便利な色分け表あります。 ...続きを見る
【血統フェスティバル】blog
2013/02/17 12:19
第47回小倉大賞典の競馬予想
第47回小倉大賞典の競馬予想です。 ...続きを見る
競馬予想@競馬で儲けよう
2013/02/17 12:30
フェブラリーSをダウジングで予想
 今回のダウジングでの競馬予想は フェブラリーSを予想してみたいと思います。 ...続きを見る
御気楽猫生活2
2013/02/17 12:46
フェブラリーS最終結論
今年もG1が始まりますが、G1であれ未勝利戦であれ馬券の的中は的中だし、ハズレはハズレ。 注目を集めるであろうから週中考察等も書きますが、あくまでもレースの1つとして考えるようにはしています。 ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2013/02/17 12:48
フェブラリーS/小倉大賞典 最終決断
強い7歳世代・・タイタンを侮るな! ...続きを見る
浪花のクマさん 穴馬券
2013/02/17 13:07
第30回 フェブラリーステークス 予想 《◎シルクフォーチュン》
G1 東京11R ...続きを見る
Uma-Dra
2013/02/17 13:11
【競馬予想】第30回フェブラリーステークス
2月も半ばになりますが、これが2013年最初の競馬予想になります(;・∀・) ...続きを見る
My Sweet KEIBA
2013/02/17 13:57
2013年 フェブラリーステークス(GI)&小倉大賞典(GIII)の競馬予想
先週の共同通信杯、馬連1140円、3連単79330円的中。この前のアメトークで一 ...続きを見る
翼のインサイト競馬予想
2013/02/17 14:15
世界の会長が適当に競馬予想しちゃうよブログ フェブラリーステークス
ワンダーアキュート○グレープブランデー△テスタマッタ△ナムラタイタン△ガンジス△ダノンカモン. 2013/02/17(日) 15:13:12|; 予想; | トラックバック:0; | コメント:0. … ...続きを見る
今週の重賞情報速報 − umapi[ウマ...
2013/02/17 17:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年は混戦ですね。
有力馬が軒並みピークを過ぎた感じがして、かといって新しい馬が抜けているとは思えないし、やっぱ混戦です。
フセイン八木
URL
2013/02/17 13:30
フセイン八木さんこんばんは!レス遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>有力馬が軒並みピークを過ぎた感じがして、かといって新しい馬が抜けているとは思えないし、やっぱ混戦です。

予想通りの大混戦でしたね。そんな中で勝ったのはただ1頭出走の5歳馬でした。やはりこのレースの1着は4、5歳馬が圧倒的に優勢ですね。そして人気を落としているG1連対経験馬が2着で穴を開けるというジンクスもしっかり継承されました。エスポワールはパドックで一番元気が良くて目立っていたんですよね。僕が松岡騎手と相性が悪いのでパスしたら来てしまって…獲れるレースだったのにもったいないことしました(苦笑)。
マチベー
2013/02/23 01:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第30回フェブラリーステークス展望!1番人気が消えるG1の勝ち馬は!? マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる