マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS 東アジアカップ 日本VS中国 3-3 不甲斐ないドローに失望…

<<   作成日時 : 2013/07/23 07:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

サッカー日本代表が来年のブラジルW杯に向けて新戦力発掘の機会としている東アジアカップの初戦は逆転後に追いつかれて3-3のドローでした。


開始直後に先制を許す最悪の立ち上がりも前半のうちに追いつく。同点の後半に柿谷の鮮やかなGOALで逆転。工藤のGOALも決まって3-1と突き放したところまでは順調でした。

ところが終盤になって足が止まったところから雲行きは怪しくなります。中国にこの日2本目のPKを献上して1点差に詰め寄られると流れは一変。押せ押せの中国に対して日本は完全に受け身に回り、最終ラインがズルズル下がってしまったところで痛恨の同点弾を被弾しそのまま終了。結果はドローながら3失点が全て開始直後と終了間際。もっとも注意しなければいけない時間帯に失点が集中しているのはチームの未熟さを象徴しています。

コンフェデ杯のイタリア戦と似たような展開ですが、格上の欧州の強豪相手ならともかく、格下の中国相手にこのお粗末さはザック監督もはらわたが煮えくりかえっていることでしょう。試合後、追いついた中国には充実感が、追いつかれた日本は敗者のようにガックリとうなだれました。

海外組はゼロ、代表の常連であるベテランも外してほとんどが代表初選出ないし初先発となるフレッシュなメンバーをテストしたザッケローニ監督でしたが、そんな経験の浅い選手達の試合運びの拙さがストレートに試合に現れてしまい、チームとしては完全に赤点のゲームでした。

最大の課題である新戦力発掘も守備陣はほぼ全員落第といったところ。久々に召集された槙野は2点目のアシストこそ決めたものの、守備ではアジア相手でさえ不安定。これまでにも代表での先発経験がある栗原ともども度重なるピンチメーク。失点のきっかけとなるミスをして代表レベルに値するプレーはできませんでした。そんな周りに引きずられたのか、これまでそれなりに結果を出してきた駒野すら精彩を欠く有様。

さらに手薄なCBの控えを埋められる選手が欲しいザック監督が大きな期待を寄せる森重。最終ラインが不用意に下がって同点に追いつかれた場面はFC東京の負けパターンと全く同じでラインコントロールの不安定さという課題を露呈。この日の内容では本番での代表召集は難しいかなという印象。CBはレギュラー組も決して安定しているとは言い難いので、今後また起用されるチャンスがあれば結果を出して欲しいところです。





ザッケローニの哲学
PHP研究所
アルベルト・ザッケローニ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザッケローニの哲学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



だからザッケローニを信じよう
ブックマン社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by だからザッケローニを信じよう の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



監督ザッケローニの本質
光文社
片野道郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 監督ザッケローニの本質 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
他の番組が、選挙なので、見ていたら。
そうそのままいけいけで、行ってしまえ。
何と、駒野、前から何度も言っている。駒野と岡崎は、頭が悪い、前回PK外して、少しは勉強・努力して、頭使うようになったかと思ったら。またおまえかよ。
ここから一気に流れが変わり、駒野も一発奮起してがんばるかと思いきや、何とますます、まともな動きは、すること無く、うろうろするばかり、なぜこんなやつ、使うか私には解らん。勝てる試合わ、わざと逃す、こんなチーム勝てるわけ無い。ふざけすぎです。
v740gle
2013/07/24 23:15
v740gleさんこんばんは!いつも返事が遅くて申し訳ないですがコメントありがとうございます!
>そうそのままいけいけで、行ってしまえ。
攻撃の方は点が良く取れるようになりましたね。世界レベルではまだまだですが、アジアレベルではトップクラスの攻撃力を誇るチームに生まれ変わりました。このままアグレッシブなサッカーを続けて行って欲しいものです。

駒野に対しては厳しいご意見ですが、サイドバックは人材が豊富なので長友と内田に続く3番手争いがかなり激しくなっています。年齢的に上がり目の見込めない駒野より若手を選ぶべきという気もしますけど、ベテランの経験値を評価する監督だけに駒野も入るかどうか当落線上ではないでしょうか。
マチベー
2013/08/07 00:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東アジアカップ 日本VS中国 3-3 不甲斐ないドローに失望… マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる