マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS FC東京VSセレッソ大阪(J1第8節) ○2-0 ようやくリーグ戦初完封勝利!

<<   作成日時 : 2014/04/21 01:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

チケットは前売りで完売、当日も4万人を超える大観衆が見守る中で行われた注目の一戦は、FC東京がセレッソ大阪に2-0で勝利。リーグ戦で今シーズン初となる完封勝利を飾りました。


画像


画像


代表クラスの若手スター選手がズラリと名前を連ねるセレッソには昨年まで東京を率いていたポポヴィッチ監督やチームの主力だった長谷川アーリアジャスールが在籍しています。しかも昨年はリーグ戦、ナビスコカップ合わせて計3度対戦して全て1点差で敗戦と屈辱を味わいました。特に4万人以上の大観衆を集めたホームゲームで一度は同点に追いつきながら、終了間際の失点でやられた苦い思い出は記憶に新しいところ。この雪辱を晴らすべく、今年最初の対戦では絶対に負けられないところでした。

結論から言えば、試合は東京の目論見通りに快勝しました。両チームとも攻撃的なスタイルが持ち味のチーム同士ですが、前半はスコアレスの0-0で折り返し。共にチャンスは作りましたが、東京は相変わらずのスピード不足と崩しのアイデアと決定力の不足が目につきました。対するセレッソはACL出場による過密日程で疲労が蓄積しているせいか、プレーに精彩を欠いて凡ミスを連発。中盤でのパスカットや相手の自滅で東京はボールを良く奪えていたので、できれば前半のうちに1点取って欲しかったところはあったかな。

後半も両者激しい攻防を展開、先に決定的な得点のチャンスを作ったのはセレッソでしたが、柿谷のフィニッシュ精度が低くてなんとか命拾い。その後、東京はあまり仕事がさせてもらえなかったエドゥーに替えてルーキーのスピードスター武藤を投入。この交代が功を奏し、運動量が落ちたセレッソに一気に襲い掛かる東京に流れが向いてくると、途中出場の武藤が左サイドでSB太田とのコンビからチャンスメイク。66分に左サイドを深くえぐった太田のクロスからゴール前に飛び込んだ平山が合わせて先制しました。

77分にも同じ左サイドから武藤が三田とのコンビで左のサイドライン際を突破。抜け出すと上がってきたMF高橋にパス。これを高橋がヒールで落としてエリア内に飛び込んできた武藤に絶好のお膳立て。受けた武藤は落ち着いて相手の動きを見ながら冷静にシュートを流し込んで2点目を決めました。流れるようなパスワークで得点を演出した中盤の選手たち、全くスピードを落とすことなくゴール前に飛び込んできたFW武藤ともにアッパレの鮮やかなゴールで、見ていてワクワクするような会心のGOALでした。

終了間際、反撃を試みるセレッソも激しくアタックで東京ゴールを脅かしましたが、そのたびに東京の守備陣が体を張った必死のディフェンスで防いで最後まで得点を許さず、試合は2-0のまま終了。落ち着いて自分たちのサッカーに徹し、終盤の選手交代もしっかり機能して見事に突き放しました。セレッソが明らかに本調子を欠いていたことは確かですが、リーグ戦で今季初めての完封と守備陣が良く相手ボールを奪っていましたね。先制ゴールはクロスを上げたDF太田の功績でしょう。平山はただ決めるだけでした。

これでナビスコカップを含め、2試合続けて無失点勝利。開幕直後はあまりにちぐはぐで不安しかなかったマッシモ新監督のサッカーですが、ここに来てようやく攻守が噛み合ってきました。まだ連係の完成度は低く、この日は相手のセレッソがいつもより弱かったのが勝因ではあるものの、勝てる時にしっかり勝てたことが大事。そして、この日のようなサッカーを元気なチーム相手でも継続していけるかどうか。それができて初めて東京は変わったと言えるのだと思います。このあとに待っている10日余りのうちに4試合を消化する過密スケジュールでチームの真価が問われます。





ぴあ Jリーグ観戦ガイド 2014 (ぴあMOOK)
ぴあ
2014-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぴあ Jリーグ観戦ガイド 2014 (ぴあMOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Jリーグ全選手名鑑 (NIKKAN SPORTS GRAPH)
日刊スポーツ出版社
2014-02-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグ全選手名鑑 (NIKKAN SPORTS GRAPH) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014
コナミデジタルエンタテインメント
2013-11-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。現地観戦でしたか!うらやましい限りです。
相手DFの視線を外すところにポジションを置き、太田のクロスの時にDFの背後から現れてワンタッチでシュートしたんですよ。GKの届かないところにね。当てるだけなんてそんな殺生な(*^▽^*)キャハハ
ゴール後の喜び様を見ると、小平での練習が実を結んだのだろうと思いましたよ。(平山相太ファンより)
kokoro
2014/04/24 18:47
kokoroさんこんばんは!遅くなりましたがコメントありがとうございます!
>相手DFの視線を〜ワンタッチでシュートした
おっしゃる通り、あの場面であの場所に平山がいたことが大事なので、そういう状況を作り出した点は良かったと思います。

ただ、平山ファンにとっては凄く高評価のプレーかもしれませんが、客観的に見れば DFの背後から〜 ワンタッチで〜 はいずれもJ1のチームに所属するFWの選手なら「できて当たり前」レベルのプレー。逆に、それができなければJ1のチームにはFWとして在籍できないほど基本的な技術かと思います。平山にはそのレベルで満足してもらっては困りますからね(;^ω^)
マチベー
2014/04/30 00:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FC東京VSセレッソ大阪(J1第8節) ○2-0 ようやくリーグ戦初完封勝利! マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる