マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS FC東京vs横浜Fマリノス (J1第2節) △0-0 ホーム開幕戦とは思えない低調な試合…

<<   作成日時 : 2015/03/18 02:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今シーズンのホーム開幕戦、今年お初の味スタ観戦は大黒柱の俊輔を故障で欠く横浜Fマリノスがお相手。

画像


画像


これは勝ち点3をGETする絶好のチャンスと意気込んでスタジアムに向かったものの、試合の方は肌寒い天候に合わせたのかは知らないが、極めてお寒い内容で0-0のスコアレスドロー。何度も絶体絶命の失点ピンチを迎えながらも、守護神GK権田のファインセーブ連発に救われて辛うじて無失点。90分を通して放ったシュートはわずか2本では得点が奪えるはずもなく、負けなかったことが不思議なほど中身の薄い試合で薄氷の勝ち点1を獲得しました。

この日唯一の見せ場は後半の51分、CKから太田の上げたキックを武藤が完璧なタイミングで合わせて鮮やかに1点先制!…かと思いきや、ボールは無情にもゴールバーに阻まれて無得点。ホーム側のスタンドが沸いたのはこの1回きりでしたか。後はあっさり破られた最終ラインに対する悲鳴、そのヤバすぎるピンチを権田がネ申セーブで防いで安堵のため息、この繰り返し。よく点を取られずに済みましたね。横浜も決め手に欠けるチームですな。

振り返ると、前半はまずまずボールを支配してポゼッション的には悪くはなかった。ただ、良いところまで攻め込んでは不用意なパスミスからターンオーバーを繰り返すいつもの悪癖は相変わらず。嫌なエリアでボールを失ってはカウンターに対応して全速力で自陣に戻る…の繰り返し。これでは消耗するのも早く、試合終了間際には攻め続けたものの得点を奪うには至らず、不完全燃焼のまま試合を終えました。

FC東京はこれで今季2戦を終えて引分け2つの勝ち点2といまだ未勝利のまま。アウェーの開幕戦は2点のビハインドを追いついての勝ち点ですから価値ある引分けでしたが、ホーム初戦の今回は見せ場もほとんど作れないままの無得点でドローですからあまりにもお粗末な引分けでした。ただでさえ人数の少ないFWから平山がケガで離脱してるのに補強はなしでしょうか。「今年こそ優勝を」という選手たちの言葉とは裏腹に、チーム作りには一向に本気度が見えて来ない万年中位チームの2015年ホーム初戦でした。

画像


この日唯一楽しかったのはドロンパと今年から新たに結成された「TOKYO GIRLS RUN」のお姉さまたちを間近で見られたことくらいでしょうか。僕のカメラを見つけると、すかさず見事な「モデルスマイル」を作ってしっかりカメラ目線をくれました。さすがはプロですなぁ。今後もスタジアムに足を運んでチームを盛り上げて欲しいものです☆

画像




※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC東京vs横浜Fマリノス (J1第2節) △0-0 ホーム開幕戦とは思えない低調な試合… マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる