マチルダベイビー!

アクセスカウンタ

zoom RSS FC東京vsセレッソ大阪(J1第25節) ●1-4 大敗続きでついに篠田監督退任へ

<<   作成日時 : 2017/09/11 01:12  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9/9のセレッソ大阪戦はホームなのに1-4という屈辱的な惨敗でリーグ戦3連敗&公式戦5連敗のどん底。試合翌日にはついに、チームから篠田監督の退任がアナウンスされました。


2017.09.10 篠田善之監督退任のお知らせ → http://www.fctokyo.co.jp/?p=271643


退任だから、チームからクビを言い渡されたのではなく、自ら職を辞したということでしょうか。それにしても土曜の試合はひどいものだった。選手に覇気はなく、監督には策がない。優勝争いしているセレッソとたカップ戦を含めた国内3冠すべてのタイトル獲得の可能性が消滅している東京。チーム状態の差が大きく、選手のモチベーションにも大きな差があって無様な大敗という結果になりました。

なんというか、これがサッカーでメシを食っているプロの姿でしょうか。いくら優勝の可能性が消えたとはいえ、仮にもお金を払って試合を見に来ているファンの前で、こんなにもヤル気のないみじめな姿をさらして恥ずかしくはないのかな。前半だけで2点のビハインド。それでも後半の最初は前半と同じメンバーで交代なし。56分になってようやく2人同時に交代で太田とウタカを投入すると、ウタカが1点を返してスタンドからは反撃のムードが高まったものの、ピッチにいる選手たちは立ち向かう気概なし。ナゼ?

急いでボールを拾って同点を目指そうと必死で走ったのは、大久保、ウタカ、高萩ら今年から移籍してきた新加入組のみで、もともとチームで育ったメンバーは若手、中堅、ベテランを問わず誰も走りません。

走れよ!戦えよ!
立ち向かってくれよ!


スタンドからは自分も含めた多数のサポーターから何度も「走れ〜!」というゲキが飛ぶものの、選手には響かず。結果、のったりしている間にゴール前に運ばれ、相手についていけないDF吉本がたまらずファウルでPKを献上。ファウルで止めるならエリア内に入ってくる前に止めろよという悲痛な叫びもむなしく、PKで得点王の杉本にこの日2得点目をプレゼント。終了間際にも柿谷に見事なボレーを決められて4失点目。およそプロとは思えないヤル気のなさで惨敗した結果、監督は予想通り退任することとなりました。

例え優勝の可能性が無くなっても、目の前の試合に勝つために全力を尽くせる選手だけチームに残って欲しい。それ以外の選手にはもはや何も期待しないし、応援する気にもなれない。個人的には一人の監督に最低でも3年はやらせるべきと考えていますが、こんなザマでは2年続けてシーズン途中での監督交代も仕方ないかなと思う。次の指導者には、戦う意識を植え付けてくれる人がいいね。戦う意思も見せずにただ負けるなんて最低すぎ。







FC東京 東京ドロンパ 特大ぬいぐるみ
F.C.TOKYO

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FC東京 東京ドロンパ 特大ぬいぐるみ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Jリーグ USBメモリ FC東京 ユニフォーム型 4GB
アイティーシー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグ USBメモリ FC東京 ユニフォーム型 4GB の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


※注意 全てのトラックバック(TB)をいったん保留した上で公開する設定になっております。 その為、TB送信してから表示されるまでにタイムラグが生じる場合がありますのでご了承下さい。 同じくコメント制限も発動しています。訪問して下さった皆様を悪質なサイトに誘導することの無いよう心掛けておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FC東京vsセレッソ大阪(J1第25節) ●1-4 大敗続きでついに篠田監督退任へ マチルダベイビー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる