くも膜下出血からの退院後13!

最近・・・。

僕が病人だという事をご存じ無いブログ読者の方も増えて来た。
それはそれで喜ばしい事なのだが、それではこのブログの当初の目的が半分しか達成出来ない。
なので改めて、闘病生活をクローズアップしてみたいと思う。
別に「病人だから可哀想」とかいう同情を引きたい訳でもないし、
「病気を克服してエライ!」と誉められたい訳でもない。
いや、誉められたいのはヤマヤマなんですけど・・・。
ただ病気の事を多くの人に知ってもらいたいのだ。
知ってもらい、少しでも同じ病気を発症する人を防ぎたいし、
少しでも病気に対する偏見や差別を減らしたいだけなのだ。
別に聖人君子ぶっているつもりもない。
多くの人に知ってもらう事が、自分の身を助ける事にも繋がるからに過ぎない。
つまりはそれが僕自身の利益でもあるからだ。
それとカードの使いすぎの事も・・・。いや、それはやめときますか?笑。

日本全国に脳卒中(※)を経験した患者はかなりの数が存在している。
日本人の死因トップ3に入っているのだから、亡くなった人を含めればさらにその数は何倍にも増える。
プラス僕と同じように脳卒中の後遺症で、手足の麻痺を抱えている人もかなりの数に上る。
そういう人達の家族まで含めれば、かなり多くの人が脳卒中患者の関係者という事になる。
脳卒中は発症してから処置を施すまでの時間が、早ければ早いほど命が助かる確率が上がる。
そして後遺症も軽く済む。
だから、まわりの人間が少しでも病気の事を知っていれば、助けられる命も増えると思う。

さらに僕と同じように、てんかん発作(※)を抱える患者も相当数いる。
生まれつきの患者も多いと聞くが、僕のように脳卒中の後遺症でなってしまう可能性も大きい。
てんかん患者が発作を起こした時、まわりの人の速やかなサポートが必要になる。
だから多くの人に知ってもらえれば、自分にとっても助かるし、
多くの患者にとっても大変有り難い事ではないかと思う。

そして僕と同じように、水頭症(※)で頭にシャント(※)を入れている患者も結構いる。
シャントを入れた人間は、脳内髄液が多く流れすぎて、
脳の位置が下がりすぎてしまい、突然の頭痛や吐き気に襲われたりすることもある。
そんな場面があった時に、周りの人は速やかに助けてあげて欲しいと思う。
そして患者に対する社会の差別や偏見を、少なくともこのブログを読んだ人だけでも無くしたい。
そう思って闘病生活を公開している。
・・・退院後14へ続く

闘病に関する記事はコチラ病気関連記事一覧

脳動脈瘤がある人の不安と選択―脳ドック&脳卒中完全ガイド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年08月12日 22:58
今 水頭症 見てきました
えらいことですね!
我が息子 産後直ぐ 水頭症の疑いをかけられました・・
何事もなかったのですが・・・
絶対安静は トイレもにも行かれないというのは知ってました
でも首すら動かしてはいけないなんて知らなかった
本当に大変だったんですね
ただ質問! 一緒にいた場合どうすればいいのかな?
発作がおきたときの対処方法もやはり学んでおかないと!!
脳の場合は動かしてはいけない!吐くかもしれないので横向きにする
そのくらいしかわからないのです!!やはり救命訓練するほうがいいかな
近くの消防署でやってるようです・・・
散歩もいいけれど熱中症に注意!!
今雷 がすごいの  停電した!!
ゼットン
2005年08月12日 23:42
う~ん、少し理解を深める事が出来ました。マジレスなんですが、可愛そうやお気の毒は、その人に不快を与えると思ってるんですよね、わたしゃ。で、どう思ったらいいか未だにわからない。奥山さんのブログにコメントしなかったのも実はそう。自分のスタンスも決められないまま、おもしろい記事にのみコメントするのは出来なかった。
ただ、わたしゃ、障害者の方と接する機会があるんで、偏見とか差別はないんですが、深く知るという事は大事な事なんですよね。
あ~マジレスすると、文章が急に小6になる。言葉や文字が人のコミュニケーション手段なのに、困ったことです。
でも、ここで知る事ができたんで、周りに起こった事は今の自分の出来る範囲内で対処できると思う。それは、収穫だと思う。
2005年08月13日 00:54
こんばんは。
知人に若くして半身不随の人がいます。その人は何事も隠さず教えてくれます。動かないほうの足が痛いことがある、とか、動かないほうの腕に洋服の袖を通す時の(手伝う)力の入れ具合とか…。
経験者のお話は大きいです。
でもそれを形容詞にするんではなくて、最初にマチルダベイビー!さんあり、と私は受け止めています。
2005年08月13日 01:03
ベイビーさ~ん。なんとなくここにきたくなり飛んできました。
これからも「闘病日記」は読み続けたいです。
2005年08月13日 02:29
生まれつき、てんかんを持ってる人がわりと近くにいます。昔、一度意識を失ったそうです。 発作が起きた、ってことなのかな。 
もし、わたしがその場にいたらナニが出来たのか、そう考えると後悔しないようにいろんなことを見聞きするのも大事なことだよね。
るう
2005年08月13日 07:17
るうは
お相手を傷つけていることがあるかもしれないと
反省することがあります
こちらにその気がなくても
さまざまな受取り方があるでしょうから

るう自体は
偏頭痛があるし 働きすぎで身体をこわしているので
気をつけなくちゃって思います
Tommy☆
2005年08月13日 12:15
約束どおり、コメントします!
私の元上司とサウナに行った時、彼女は倒れました。
痙攣している状態って、初めて見たのでうごくビックリしました。
その時、私は何もできずただ見ている事しかできませんでした。
先輩が色々指示してくれて、行動しました。
私もぜひ、救急車が来るまでの間、どういう行動をとってあげるのがいいのか、聞きたいです。
ロイス
2005年08月13日 15:36
本当の辛さや苦しさは、病気を経験した人しか解りません。
自身の経験を公開する意図と姿勢に敬意を表します。
●◎●◎奈美●◎●◎
2005年08月13日 16:15
奈美です。こんにちは。

大変な思いをしてたんですね。

写真が無いと、

ブログじゃわかりにくいところが難でしたねぇ。

でも奈美だって

いつ病気になるかわからないんですから

、こういうブログって為になります。

本で読むだけじゃ難しいから。(●‘ー‘)奈美
http://blog.livedoor.jp/nami_funakura/
2005年08月13日 16:45
偉いね、マチルダベイビーさんは・・・「コノ病気を分かってもらいたい」だなんて。スゴイよ!私は全然だったなぁ・・・(遠い目)元の体に治すのに(表面だけ!と強く言いたいです)6年かかったから。その点マチルダベイビーさんはすごいと思う。お互いに脳の病気をしたという事で,頑張りましょうね!
2005年08月13日 17:53
このブログは本当に貴重ですよ。ほんまに冗談抜きで!
体験を語るっていうのは簡単なようで難しいことなんです。
これからも応援します!(^^)
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 11:19
deko-chanおはようございます!
発作が起きた時の対処法なんですが、てんかん発作自体は起きてもすぐに命に関わることはないらしいです。
それよりも怖いのは、転んで頭を打ったり、転んだ勢いで車道に投げ出されて事故に遭うといった2次的災害のようです。
なのでとにかく体を支えてあげて、倒れないように保護してあげる事が重要みたいです。
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 11:24
ゼットンさんおはようございます!
おっしゃるとおり、安易な同情は相手の気持ちを逆なでする場合があるので、避けた方が無難ですよね。
完全に理解することは無理でしょう。けれど理解しようとする姿勢だけでも良いのではないでしょうか。それと対処出来る範囲で対処してあげる。その気持ちだけでも充分だと思います。
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 11:28
エビさんおはようございます!
幸い、僕の場合は完全に動かない訳ではなくちょっと動きが悪いだけなんですが、それでも結構不便な事も多いので、完全に動かない人はもっと大変なんだろうという事が、今さらながら理解出来るようになりました。
そういう意味では、病気になって良かったのかもしれません。

マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 11:33
苺さんおはようございます!
ここに来たくなったら、いつでも来て下さいな!
これから先は闘病よりも、病気からの社会復帰をメインにしていく事になると思います。あとは趣味の話が多いかもしれませんが・・・。笑。
基本的に楽観的な性格みたいで、楽しいことしてれば面倒なことが気にならなくなる性分なんですよ!笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 11:36
momoさんおはようございます!
おそらく発作が起きて倒れたのでしょう。
発作の頻度によって、病気の重い・軽いが判定されるみたいです。
僕もまだてんかん初心者?なので、もっと勉強してみます!
自分の体に起こる病気の事なので、自分自身がよく理解していなければいけませんよね。
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 11:41
るうさんおはようございます!
おっしゃる通り、中にはすごく偏屈な方もいらっしゃったりしますよね。
恐らくそういう方は、被害妄想が強いのではないかと思います。
僕も一時期、凄く被害妄想が強くなった時期がありましたから。

頭痛ぐらい・・・と軽く考えずに、しっかりお医者さんと相談して対処して下さいね。過労によるストレスも、脳や血管には一番良くないようですから。
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 11:50
Tommyさんおはようございます!
初コメントありがとうございます!
先ほど別の方のところでも書いたんですが、倒れた時に別の危険がふりかかる恐れがあるので、まずは安全を確保してあげることが重要みたいです。
突然倒れて痙攣しだすのが発作の特徴なんですよね。知らないでいるとビックリしてしまいますが、そういう持病を持っている人もいるんだという事を知っているだけでも、慌てないで対処出来る大事な事だと思います。
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 11:53
ロイスさんおはようございます!
ロイスさんも結構ヘビーな病気を経験されていらっしゃいますよね。
誉めていただけて嬉しいんですが、本文にも書いた通り、自分自身の利益にも繋がることなので、少しだけ不純物も混ざっているかもしれません。笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 11:58
奈美さんおはようございます!
写真が無いと分かりにくい・・・。
おっしゃる通りです。
しかしながら、入院中は写真を撮れるような状態じゃなかったんです。苦笑。
カメラが何なのかも分からない、まるっきりの赤ん坊と一緒の状態に戻ってましたから。この状態を理解してもらうのは、なかなか難しいというか、ちょっと無理かもしれません・・・。
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 12:04
ayaさんおはようございます!
皆さんに僕やayaさんと同じ目には遭って欲しくないから、皆さんに注意を促す意味で、思い出したくないような事でも、思い出して書いているんです。
体は治っていても、頭の中身は治ってないんですよね。その事が周囲に理解して貰えないのが一番悩ましいところでしょう。お互い頑張っていきまっしょい!笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005年08月14日 12:08
みはいるさんおはようございます!
そう言って頂けると本当に嬉しいです!
ぜひぜひ、これからも応援して下さい!
そしてこれからも、ネットのいろんな事を僕に教えて下さい!
最近、前に教えて頂いた例の文字をでっかくするタグ、しょっちゅう使ってますよ。笑。
2005年09月03日 00:59
コメントどうもありがとうございます。
私は前の会社で社長が亡くなってから、病院で1年間施設管理の部門で働いていたんです、その部門輸液・薬品の購入窓口にもなっていました、本当に良い病院に運ばれて良かったと思っています。
私の勤めていた病院はICUなど無かったですが。
話の様子だとかなりドクターも経験豊富でスタッフもかなりの患者さんを見てきたというのが良く解ります。
病院はナースではないので当直の翌日夕方5時まで勤務でしたので31時間勤務となり当直の日は夜中に患者も多く一睡も出来ず通勤距離も遠くこれは、無理と辞めました。
一番の原因は、夜閑なときみんなと話をしていて、殆どの人が、子供の時から成りたかったとか、人のために役立つ仕事に憧れていたから、という目的を持っていたのは驚きでした。私など全然その気もなく人手が欲しいみたいで入ってしまったので、恥ずかしかったです。
話す余裕があったら何故成ったんですかときくと多分人それぞれ答えてくれると思います。
2005年09月03日 01:09
書き忘れましたが、ナースは患者さんにはすごく優しいですが、私たちスタッフには全然優しくありません。
病人に怒るときもありますが、病人のためを思って怒っているので、
仕事で怪我をすると優しくなりますが、普段は早く修理してじゃまだから、いつも、プレッシャーをかけられていました。
怖いよー。みたいな感じです。
絶対「男」入っています。まあそのくらいでは無いと出来ない仕事ですが。

マチルダベイビー(管理人)
2005年09月04日 14:12
v740gleさんこんにちわ!
病院で働いてらっしゃったんですか。
僕の通院する病院は街の小さな総合病院ですが、先生はよく面倒を見て下さって大変感謝しています。
病院のスタッフの方々には頭が下がります。本当に大変な仕事だなと思って見ていました。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月04日 14:15
v740gleさん引き続きコメントありがとうございます!
看護婦さん達は普段は凄く優しいんですが、患者が間違った事をしようとしている時は本気で怒って下さいます。
それだけ真剣に患者の事を考えてくれているんだなと思いました。
確かにみなさん男っぽい豪快な性格の方が多かった気がします。笑。

この記事へのトラックバック

  • ▼ ただの頭痛だから大丈夫?

    Excerpt: こんにちは。突然のトラックバックをお許しください。貴サイトを拝見いたしまして,, 私どものブログの記事と関連性があると判断し,トラックバックさせて頂きました。ご迷惑でしたら, お手数でも削除して頂けれ.. Weblog: 脳卒中の予防 racked: 2006-11-29 15:32