くも膜下出血からの退院後14!

先日、定期検診で病院に行った時に、前から気になっていた入院中の事を聞いてみた。

「あのー、入院中に腰のあたりにやっていた凄く痛い注射って何だったんでしょうか?」
「ああ。あれはね、水頭症(※)で脳室内に溜まってしまった髄液を腰から抜いていたんですよ。水頭症の治療の一環です。」

どんな事をしていたかというとこうだ。
脳室は頭の中、頭蓋骨の中だ。その中には脳みそと髄液が入っている。この髄液は脳を保護する役割を担っている。少なすぎると、脳の位置が下がりすぎて頭痛や吐き気の原因にもなるし、脳にキズがつく恐れもある。逆に多すぎると脳を圧迫して脳に大きなダメージを与えてくれる。急性水頭症では人が死ぬ事もある。大変に重要な存在でもあるが、反面コントロールが利かなくなると大変にやっかいな存在でもある。
健康な時はその調整機能が働いて、ちょうどいい髄液の量が保たれているのだが、水頭症になるとその調整が利かなくなるということは前にも書いた通りだ。
今はその量を調整する為に、頭の中にシャント(排水バルブとドレンパイプを埋め込む手術)を入れてある。だからある程度は、健康な人と同じように活動することも出来るようになった。しかし手術する前は、ほっておくとドンドン髄液が増えてしまって脳内の圧、脳圧が上がってしまっていた。それを下げる為に、注射器で腰から髄液を抜き取って圧を下げる必要があった。
まず腰に痛み止めの注射を打つ。この時、麻酔は使用しない。麻酔には特有のリスクが伴うので、簡単な治療の時には痛み止めの注射で対応するのが一般的なんだそうだ。
そして腰の付け根をメスで切り開き、極太の注射器で脊髄に直接注射を刺して、腰から脳室内の余分な髄液を抜く。頭の中である脳室は脊髄と繋がっているそうで、頭を切るよりも腰から抜いた方が後の処置も簡単で済む。
注射器で髄液を抜いた後は、傷口を塞ぐ為に大きなホチキスで傷口をガチンと留める。
ホチキスの方が縫うよりも治りが早いのだそうだ。しかも縫合するよりも傷口がキレイに治るという。複雑な傷口は縫わないと塞ぐことが出来ないが、小さくて簡単な傷口であれば、縫合するよりもホチキスでバチンと留めた方が治りも早く患者もラクなんだそうだ。
ただしこのホチキスで留める瞬間が、言葉で説明出来ないぐらい痛い。皮膚を直接、ホチキス留めにするのでハンパじゃない。痛みがつま先から頭のテッペンまで突き抜けるほどに響く。
「ギャーッ!!」
決して大げさではなく、僕がヘタレなだけでもない。僕の他にも同じ治療をしている人がいたが、その人は痛みに耐えられずに、途中で治療を中断していた程である。大の大人でも痛さの余り絶叫して逃げ出す。最後まで中断する事なく我慢出来た僕は、むしろ忍耐強い部類に入るだろう。
治療を始める前に、医者や看護婦が「痛いですよー。痛いけどガマンしてねー。ジッとしてて下さいねー。すぐ終わりますからねー。」と予告してから始める。全部で4,5人がかりで押さえつけられた。そうしないと、余りの痛さで患者が逃げ出そうとしてしまうので、逃げないように必死で押さえつける必要があるのだ。それほどまでに痛い。そしてバチンというホチキスの音が病室に鳴り響く。
「ギャーッ!!」
バチン、バチンと一カ所ずつ、留める度に病棟中に響き渡る大声で絶叫する。
全部で何カ所留めたのだろうか・・・。最後の一カ所を留める頃には、痛みの余り気が遠くなってきて、抵抗したり絶叫する事も出来ないほど消耗する。そんな治療を入院中に何度かやった。

しかしその痛みに耐えぬいたご褒美か、今腰の付け根のところを鏡で見ても、治療の跡は全く残っていない。キレイに治っている。今の医療はただ治すだけではなく、治した後の生活の事まで考えて治療してくれているのだった。
残っているのは、あの時のバチン!という大きなホチキスの音と、「ギャー!!」と叫ぶ程痛かったホチキスの感触だけである。
・・・15へ続く

闘病に関する記事はコチラ病気関連記事一覧


患者本位の医療を求めて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年09月21日 17:55
この前、私の友人が子宮全摘出の手術を受けましたが
お腹を切って子宮を摘出した後
やっぱりホッチキスで留められたって言ってました。
全身麻酔じゃなかったらしいです(驚)
今まで生きてきた中で 一番痛かったとも言ってましたよ(爆)
「あの痛みに比べれば、出産なんて楽なもんよ!」って・・・
たぶん私には耐えられそうにないっす(涙)
2005年09月21日 18:36
・・そ、そーなんですか
このごろは縫うかわりにホチキスなんだ。。  とっても痛そう(((( ;゚д゚)))アワワワワ
もうちょっと技術が進んで痛みの少ないホチキスが出来ることを願うヨ
2005年09月21日 20:33
転職を何度もしていて病院に勤めているとき、輸液(点滴の袋の物)とか注射器、針、点滴の針など手術着などを必要に応じて出す仕事もやっていました。
ホチキスも多分あったと思うのですがすっかり忘れて居るみたいです。
糸も色々種類がありよく間違えて苦情がきました。
たしかお酒のみの人も成ると思ったのですが。
パートのおばさんの義父が酔っぱらって転び病院に運ばれ頭を少し打っただけなので大丈夫みたいです、しばらく様子を見てください。とCTをみて説明されたそうです。
しかし、お酒飲み過ぎです、お酒のみの症状が出ています。水がとしっかり説明してくれたそうです。しかし今ではすっかり忘れ飲んで困ると言っていました。
Tommy☆
2005年09月22日 01:59
読んでるだけで、顔がくしゃくしゃになったよ。
バチンだって。。本当に辛かったんだね!!

 ピアスあける時もホチキスみたいなので『バチン』ってやったよ。
なんて比較にならないね。ただ思い出しちゃったんだ。

 でも跡が目立たなくてよかったね(o^∇^o)ノ
るう
2005年09月22日 05:35
お大事に
やっぱり
いろいろと教えていただくこと
ためになります
2005年09月22日 09:33
おはようございます。
読んだだけでゾ~っとしました。
素人考えですが、歯医者さんみたいな麻酔ができないんでしょうか?
本当につらい体験をしてるんですね。
お体、大切にしてくださいね。
2005年09月22日 11:25
あ~ん、怖いよ!私はやったことないなぁ
タ~コ
2005年09月22日 13:36
こんにちは。
すごい痛さが伝わりましたよ。
私もしばらく何の検査にも行ってなかったんだけど、
来月あたり行く予定。
多分内臓悪くなっていそうです(-_-;)
健康って大切だよね。。。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月22日 17:32
ろこさんこんにちわ!
やっぱり最近は一般的に使用されているんですねホチキス。
全身麻酔は患者の身に色々な危険を伴うので、医者の立場としては出来る限り使いたくないみたいです。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月22日 17:34
momoさんこんにちわ!
そーなんですよ。かなりキョーレツな感覚ですよ。
間違いなくシビレます!一遍やってみてはどうです?笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月22日 17:36
v740gleさんこんにちわ!
病院の備品には、物凄い沢山の種類がありそうですよね。
準備段階で間違えても、最終的に患者さんに使用しなければいいのではないかと思います。人間ですから、誰だって間違いはありますよ。

マチルダベイビー(管理人)
2005年09月22日 17:39
Tommyさんこんにちわ!
ピアスもバチンと一発で穴開けるらしいですよね。
いやー、ホントに今の医療は凄いですよ。アレだけ痛かったのに、全くその傷跡が残って無いんですもん。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月22日 17:40
るうさんこんにちわ!
こんな僕でも、少しでも何かのお役に立てれば嬉しいです。
るうさんはこんな経験をしないように気をつけて下さいね。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月22日 17:44
エビさんこんにちわ!
どうなんでしょうねー。歯科医の使う麻酔と外科治療で使う麻酔は種類が違うんでしょうかね。いい年したおじさんが痛くて泣いてました。もちろん僕も涙チョチョぎれてましたけど。笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月22日 17:46
ayaさんこんにちわ!
これは水頭症の治療なので、くも膜下出血だけであればやらないで済みます。僕は出血だけでは済まなかったのでやる羽目になりました。泣。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月22日 17:47
タ~コさんこんにちわ!
本当に、失って初めて分かるのが健康の有り難みですよ。
来月の検査で何も無い事をお祈り申し上げます。
2005年09月23日 01:14
もう、読んで痛みが伝わってきました。。。。
生きるための痛みですね。。。。
ひえぇぇぇえぇえぇぇえぇ。俺には耐えられん。。。。
ぴこ
2005年09月23日 21:49
闘病記を読ませていただきました。
私も8年前に子宮の手術(全摘出及び抗がん剤等)をしましたが
その時の事を思い出しました。
貧血がひどかったので、手術後はベットに座ってるだけでもフラフラだった
し、普通にいられる事に感謝したものですが、ノドモト過ぎればなんとやら...で、色んな意味ですっかり元の生活に!(笑)
お腹も縫った上にさらにホッチキスでとめたので、抜糸が痛かったなぁ
ほんと、入院すると人の優しさ身にしみますよね。私は、友人との付き合いを見直した時期でもありました。
私の場合、日常生活に何の支障もないけど、もう、一生子供は望めない訳で
見た目にも何ともないから、普通に子供は?って聞かれ少し辛い時もある。
でも、同情されるのもっと嫌だから余計に元気良くしてる自分がいるかな?
私の手術の前に、母が交通事故にあい、頭も強打して殆ど障害はないけど
やはり記憶に関しては微妙に支障が出てますし、匂いが分からなくなって
しまいました。脳が関係して匂いが分からないと思うのですが、今も謎です。(本人が一年以上経ってから言うもので)
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月24日 18:29
みはいるさんこんにちわ!
まぁそんなトコですね。脳圧を下げないと命に関わるそうなので・・・。
たぶん、ちょっと大きく切ったりすると、すぐにホチキスでバチンとやられますよきっと!笑。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月24日 18:39
ぴこさん初めましてこんにちわ!コメントありがとうございます!
縫った上にホチキス!それは痛かったでしょう!
僕も頭を縫ったんですが、やはり抜糸が痛かったですね。
確かに見た目に全然分からないのって、いいようであんまり良くない面もありますね。世間の人は他人に無関心ですから、誰も病人だと気付いてくれなくて困ったりとか。自分からワタシ病人なんで席譲って下さいとも言えないですしねー。
子供さんに関する質問も無神経に聞いてしまいがちですよね。結婚するとすぐに「子供はまだ?」という質問攻めですし。
同情されるのがイヤだというのもよく分かります。
気付いて欲しいけど、同情はして欲しくなかったり。
お母さんはその後何ともないんでしょうか?
きりしまあんにゃ
2005年09月27日 01:11
くも膜下出血についての記事一通り読ませていただきました。
健康の有り難さを一人一人自覚することが思いやりにつながるんでしょうけど、
多くの人にとっては健康な身体は空気のようなものだから、なかなか難しいものがあります。
私はスーパーでレジのパートをしておりますが、以前リュウマチで手が不自由な人に急いでいてレジ袋を一度開いてあげるのを忘れてそのまま渡してしまい、
レジ袋を開くのに苦労してるのが見えて、心の中で心のそこから謝ったことがあります。orz
あ、あとマチルダベイビーさんには、ゼットンさんのところでお見かけしていましたよ。
マチルダベイビー(管理人)
2005年09月27日 17:33
きりしまあんにゃさんこんにちわ!
闘病日記を一通り読んで下さったとのこと。ホントにありがとうございますぅ~!涙。
ゼットンさんのところからでしたか。いや何となくどこかでお見かけしたお名前だとは思ったんですが、どこだったか思い出せなくて。僕もゼットンさんのところには毎日現れると思いますので、今後ともよろしくお願いします~!もちろんうちのブログも・・・。笑。
2005年10月05日 11:06
ぎやぁぁあ
読んでるだけで 痛みが全身を走りました…
お久しぶりです☆
また遊びにきてくださいね\(^▽^*)
マチベー
2005年10月05日 19:16
肉コロさんこんにちわ!お久しぶりですお帰りなさい!
先ほど遊びに行かせて頂きました。笑。
kuemama。
2005年10月21日 21:45
ウェブリブログを巡り巡って、別の話題でブーメランコメントさせていただきましたが、闘病の様子を読ませていただきました。若いみなさんもご自分の健康、せめて食生活をもっと大事にして欲しいとつくづく思います。
他ではお話ししたことないのですが、10年前、夫は40歳で狭心症のため亡くなりました。私も彼自身ももっと気をつけていれば…と、心残りです。(この部分は今後忘れてくださいね)
ぜひ、たくさんのみなさんに今後の様子も含め、読んでいただきましょうね。それから、面白い話題も楽しく読ませてくださいね。では、またおじゃまします(^_^)/~~~
マチベー
2005年10月22日 18:45
kuemama。さんこんばんわ!コメントどうもありがとうございます!
「全ての~」の記事でTBして下さってどうもありがとうございます!
実は色々と忙しくてまだそちらに伺う事が出来ていないんですが、週明けには落ち着くと思いますので、その時にゆっくりと見せて頂きます!
またぜひ遊びに来て下さいね!

この記事へのトラックバック

  • 泣きたくなったとき・・・。

    Excerpt: 辛い出来事に出会っても、大人になるとあまり涙を見せたくないものです。でも悲しみを無理に押さえ込むと、大きなストレスになってしまいます。そんなときは、悲しい物語を読んで(観て)思いっきり泣いてみましょう.. Weblog: 幸福な時間 あなたと私を癒してくれる100の方法      ... racked: 2005-09-29 19:42