しゃかいかけんがく ~さいばんしょへん~

5がつ16にち火ようび てんき あめのちくもり おひるごはん ひやしたんたんめん

ぼくはおともだちのエビさんにおねがいして
かすみがせきにあるさいばんしょにいってきました。

画像


ちかてつまるのうちせんの「かすみがせき」というえきでおりたら
すぐべんごしかいかんというたてものがあってそこをとおってちじょうにでました。
そとはあめがふっていました。
そとにでるとめのまえにテレビでなんかいもみたことのあるけしきがみえました。
そこはさいばんしょのうらもんのところでした。
きょねんふじテレビがホリエモンのかいしゃをうったえたときにみたのかも!

さいばんしょにはいるとくうこうとかにあるようなにもつけんさがありました。
きかいのなかににもつをいれるとなかみがすけてみえるみたいです。
これならばくだんやはものをもったおっかないひとがきてもあんしんだね!
でもにもつのなかにえっちなほんとかおとなのおもちゃがはいってたらはずかしいね。

さいばんしょのなかはくらくて「さっぷうけい」でなにもないところでした。
なかにはいるとこわそうなかおのおじさんや
みるからに「しろうと」とはおもえないふくそうのおにさんたちが
たくさんウロウロしていました。
きっとこわいおじさんたちのぐるうぷのえらいひとがさいばんにかかるんだね。
どうしたんだろ。
ちょっときょうみあったけど
ぼくはこわいのでちいさくなっていそいでそのしゅうだんのまえをとおりすぎました。
ぶるる。

ほかにはだいがくせいのしゅうだんもいました。
そのひとたちはやくしょやくすりをつくるかいしゃがなまけたせいで
おもいびょうきにかんせんしてしまったひとたちをしえんするかつどうをしているそうです。
おおぜいでさいばんをみにいくことで
さいばんしょにむごんのあつりょくをかけて
すこしでもびょうきになったひとたちにゆうりなはんけつを
みちびくためにがんばっているんだそうです。
なかにはキレイなおねえちゃんもけっこういました。
エロいなぁえらいなぁ。

でもしえんかつどうをしているのに
どうしてあのおねえちゃんたちはヒールのたかいくつをはいているんだろう?
ふつうこんなときはすにーかーだよね。
あるきやすいしはしったりできるからべんりだし
そもそもいそがしいときはかかとのたかいくつなんてはいてられないはずなのにね。
さっきからずっとキョロキョロしてばかりいるし
さいばんかんのおはなしもあまりきいてないみたいだし
そんなにしんけんにかつどうしてるわけじゃないのかな。
ほんにんたちはいっしょうけんめいやっているつもりだろうけど
けんしきのあるおとなのひとがみたらすぐしょうたいをみぬかれちゃうから
しえんどころかかえってぎゃくこうかにならないかしんぱいになりました。
ちいさいことにもちゃんときをつかわないとあしもとみられちゃうってことがわからないんだね。

げんこくほんにんじんもんがはじまると
うったえているひとが泣きながらおはなしをしてました。
とってもかわいそうでかなしいおはなしでした。
ぼくらのいるぼうちょうせきのあちこちからもすすり泣くこえがきこえました。
でもぼくはちっとも泣けませんでした。
なぜならおはなししているおんなのひとが
かなしいとかつらいとかいうことばっかりすごくきょうちょうしてはなすからです。
たしかにとってもきのどくでした。
でもびょうきってそんなにつらいこととかかなしいことばかりじゃないよね。
ぼくはじぶんがおおきいびょうきになってにゅういんしたとき
かんごふさんがやさしくしてくれたり
おいしゃさんがいっしょうけんめいちりょうしてくれたり
かぞくがずっとささえてくれたりして
そんなにいやなことばっかりじゃなかったです。
たしかにいたいこととかくるしいこともいっぱいあったけど
げんきなときにはわからないこともわかるようになったり
けんこうなひとにはたいけんできないしあわせもいっぱいありました。
だからなんでそんなにかなしいつらいって泣くひつようがあるのかがわかりませんでした。
もっとほかのことをかんがえたらいいのに。
ふつうのびょうきとちがって人のまちがいでびょうきになったのだから
くるしいのもつらいのもわかるけど
にんげんはどんなにつらいときでも
24じかんずっと泣いたりおこったりしてるわけじゃないのにね。
きっとそのこともさいばんかんがみたらすぐにみぬかれてしまうだろうから
そんなはなしをながくはなしてもむだなんじゃないかとおもいました。

かえりにさいばんしょのかんばんのまえできねんしゃしんをとろうとおもったら
大あわてでけいびいんさんがはしってきたのでいそいでさつえいをやめました。
すると、
「ここはしゃしんさつえいきんしですよ!」
といってしかられました。
うへっ。しっぱいした。
でもさいばんしょのしきちから1ぽでもそとにでたら
さいばんしょのなかをうつしてもおーけーなのに
しきちのなかだと「さいばんしょ」とかいてあるかんばんをうつすだけでもいっさいダメ
というのはいかにもおやくしょっぽいるーるのうんようだとおもいました。
こういうのを「しゃくしじょうぎ」っていうんだよね。

かんそう
さいばんのぼうちょうはおもしろかったけど
にっぽんのさいばんがやたらながいりゆうがなんとなくわかりました。
だってほとんどちょくせつはかんけいないはなしばかりだもん。
うったえているひとたちはさいばんかんの「じょう」をうごかそうとして
かんけいないことまでびょうきのせいにしてるし
うったえられているひとたちははなしのちゅうしんからはなれた
ちいさいことやこまかいことばかりとりあげてはなしをそらしてじかんかせぎばっかり。
こういうのが「ほうていせんじゅつ」っていうのかな。
だとしたらすごくばかばかしいなとおもいました。
だからにっぽんのさいばんはなんねんもなんじゅうねんもかかるんだね。
でもとにかくはやくうったえているひとたちを
すこしでもたすけてあげてほしいとおもいました。
そしてうったえているひとたちにゆうりな
画像

ハンケツがでるといいなとおもいました。
またべつのときにもいってみたいです。
おわり


司法のしゃべりすぎ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

部長妻
2006年05月19日 20:52
まちべーさんさすが、ツルツルにされただけあってぶんしょうもしょうねんになっちゃったのね。裁判かー。私も傍聴してみたいです。高いお金をかけなくても、戦略で裁判官の情に訴えなくても、正しい訴えがとおる司法の場であってほしいですね。と、わたくしは長年感じております。
2006年05月19日 22:03
私の叔父さんも病気では無く、信金の支店長にだまされたと裁判したんですが、途中でなくなり、結果は負けました。
笑っちゃう話で、よく「迷惑を掛けないからお金を借りて。」というのではなく。
その支店長が自分で土地を転がしをするので、立場上まずいので、不動産やの叔父さんに名前だけ貸してと、知り合いだしいいよと、そしたら、何と、いつのまにか、叔父さんがお金を借りたことに成っていたんです。
その信金潰れることになり、突然回収と。利息も一度も払ったことも無いのに何で?
という事で裁判したんですが、簡単に負けました。
それとは別に、昔測量関係の仕事をしていて、市街化調整区域に家を建てる申請をしていたんですが、その時知ったんですが法律は前例が無いと、しても良い?というか、いいか悪いか判断が付かないんです。
それで最初の前例となる件に関しては、時間かが掛かります。
それ以降は、前例がこうなのでと成るみたいです。
2006年05月19日 22:06
済みません。
判決が解らなかったですが。

何か暗くて。
勝訴とかいてあるんですか、敗訴と書いてあるんですか。
クリツクしたんですが大して大きくならないんです。
あの青いところに書いてあるんですよね。
暗くてよく見えないんです。(T_T)
2006年05月19日 23:42
ひえ~一生懸命読んだのに・・・。
「アルジャーノンに花束を」の主人公のようになっても、もう同情しませんよ!
\(*`∧´)/ ムッキー!!
2006年05月21日 21:51
うはははははははは
これ 最高! 今度あたしもやってみよ(笑)
ぼうや これからも あちこち 社会見学に行って
おばちゃんに いろんな感想聞かせておくれー
マチベー
2006年05月22日 19:46
部長妻さんこんばんは!返事遅くてすいません!
>まちべーさんさすが、ツルツルにされただけあってぶんしょうもしょうねんになっちゃったのね。
さすがって!そりゃ、確かにツルツルにされましたけど!?涙。
逆に部長妻さんは日頃からこんな文章ばかり、読んでおられるだけあってちゃんと意味が理解できたようで嬉しいです!笑。
ぜひ今度、平日にお休みが取れた時は一緒に傍聴に行きましょう!笑。
おっしゃる通り、正義が必ず勝つような司法であって欲しいと僕も切に願っています。
マチベー
2006年05月22日 19:53
v740gleさんこんばんは!返事遅くなりましてすいません!
やはり安易に名義貸しに手を貸したり、保証人などの書類にサインしてはいけませんね。つい断りきれなくてサインしてしまったという場合も多いのでしょうけど、結果的に誰が一番損をするかといえば自分なんですよね。
確かに判例というものが後々の裁判にも大きく影響を与えるので、前例のない裁判は長期化するというのも分かるのですが、そのこととは関係なく裁判に直接関わりのない話まで関係があるかのように持ち出して争うことに強い疑問を感じました。
ちなみに写真はシャレですので、残念ながら特に裁判と関係のあることは書いてありません!笑。
マチベー
2006年05月22日 20:03
みょうがの芯さんこんばんは!返事遅くなりましてすいません!
>ひえ~一生懸命読んだのに・・・。
アハハ。ご免なさい。でも真面目に読んで下さってありがとうございます!本当に読みにくいでしょ?それをちゃんと読んでくれたのは凄く嬉しいですよ!
最後はシャレみたいになってますが、内容的には大マジなんですよ。少し茶化して書いてますけど至って真面目な提言のつもりです!笑。



万田さんこんばんは!
>これ 最高! 今度あたしもやってみよ(笑)
気に入って頂けましたか?それは嬉しいお言葉です。ありがとうございます!
>ぼうや これからも あちこち 社会見学に行って
おばちゃんに いろんな感想聞かせておくれー
アハハ!今後、頑張ってシリーズ化してみたいと思いますヨお姉様!笑。
でも普通の文章を書く時より、何倍も疲れるんですよ。そのくせ、検索とかに引っ掛からないので、アクセス数は増えないんですけどね!爆。

この記事へのトラックバック