プロ野球 読売ジャイアンツ-横浜ベイスターズ戦 観戦記

昨日は東京ドームへプロ野球の読売ジャイアンツ対横浜ベイスターズ戦を観戦しに出かけました。

画像


といっても、僕は読売も横浜もどちらも好きなチームではありません(^^ゞが、野球も野球場も好きなので見に行ってきました。
実は現場から携帯でブログ記事を投稿してみたんですが、うまくいかなかったようでUPされていませんでした。超久々に携帯から投稿したのでやり方を間違えたのでしょうか・・・涙。

うちの両親は商売をしているのですが、そのお客さんに読売ファンの方がいて、その方が余ったチケットを譲って下さいました。バックネット裏と2階席と外野席のチケットを頂いたので、読売ファンの両親にバックネット裏を譲り、僕は2階席(実質的には3階席でしたが)で観戦することにしました。距離的には果てしなく遠かったんですがわりと見やすくていい席でした。バックネット裏は一般には販売されていない席だというので、試合の途中で両親とチケットを交換して席替えをしようと打ち合わせしていました。

僕がプロ野球を見に行くのは、だいたいが神宮球場の東京スワローズ戦か、東京ドームなら日ハムファイターズ戦と決まっています。ジャイアンツ戦を見に行くのは、東京ドームになってからは初めて。ジャイアンツ戦を生で見たのは、後楽園球場のラストイヤー以来ではないでしょうか。近ごろの読売の応援は、オレンジ色のタオルを振り回して応援するんですね。知りませんでしたなぁ。
しかしよく考えてみれば、夏休み期間中の、それも週末金曜日の東京ドームで開催されるジャイアンツ戦のチケットが当日まで余っているなんて、僕の小学生時代にはあり得ない話でした。ザッと見渡したところ、読売側でほぼ9割~9割5分埋まっているものの一部に空席が見られ、横浜側の3階席に至っては、ほぼ半数が空席という有り様。後楽園球場の時代や、東京ドームが出来てすぐの頃なんてプラチナチケットと呼ばれて、いつでも満席が当たり前だったんですがね。ましてやバックネット裏という特等席が余っているとは・・・時代は変わりましたね。ジャイアンツ人気もここまで落ちたということでしょうか。

画像


頂いたチケットは2階席の指定席でしたが、そこは回りをぐるりと読売ファンに取り囲まれた敵陣の奥深く。アンチ読売の僕は、突き刺さる視線を感じながらそーっと横浜に声援を送っていました。
試合の方はといえば、おそろしく淡泊な展開で、やや遅刻して東京ドームに辿り着いたらいつの間にか5回に突入してるではないですか!( ̄□ ̄;)!!
あまりに地味で淡泊な試合展開の為、当初のもくろみは崩れ、バックネット裏で観戦という野球ファンの憧れは実現するスキもないまま、アッという間に試合は終わってしまいました。

そんな中、唯一の盛り上がりはハマの守護神クルーンが登場した場面。初めての生クルーンはやっぱり凄かった!投球練習の段階から1球投げるたびに、
「オオッ!」
「速ぇー!」
と、場内がざわめいています。いざ試合が始まると150キロ台の速球をポンポン投げ込み、この日のMAXは157キロ。東京ドームのスピードガンはやや甘い印象で、見た目は150キロ台前半ではないか?と感じましたが、それでも明らかに速い!速すぎます!フォークボールでも144キロとか出てましたから、調子の良い時のクルーンはプロのバッターでさえ、そうそう打てないのも当然でしょう。この日、唯一の見せ場でした。

試合は8時半過ぎには終了。得点は両チーム合わせても3得点、特にジャイアンツはわずか1安打でソロホームランによる1点だけというザマ。試合後は見事に単独最下位へと転落。セリーグの最下位争いを繰り広げる両チームですからこんなもんなのかな。これじゃお客さんも減る訳です。選手の全く覇気のない試合ぶりと、何の工夫も見られない首脳陣の采配にアンチジャイアンツの僕ですら、ちょっと同情してしまいました。

画像




英語の語源 面白すぎる雑学知識―「東京ドーム」と「ドンキホーテ」の血縁関係とは?!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月05日 20:20
Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?weha
2006年08月06日 18:13
子供の頃は特に野球好きでは無くても、大体ジャイアンツの選手の名前は解っていたんですが、

今は・・・
原さんぐらい。
後は、誰どこの選手みたいな感じです。
原さんが映ってジャイアンツ戦だみたいな。
テレビで見ていても球場が沸いている雰囲気が伝わってこないですから。
マチベー
2006年08月07日 14:57
e-アフィリさんこんにちは!
たびたびのお誘いありがとうございます。
マチベー
2006年08月07日 15:02
v740gleさん引き続きコメントありがとうございます!
>原さんが映ってジャイアンツ戦だみたいな。
確かに顔ぶれが大きく変わりました。変わるのは当然といえば当然なのですが、何より存在感のある選手が少なくなったように思います。
>テレビで見ていても球場が沸いている雰囲気が伝わってこないですから。
それでも熱心に応援しているファンは大勢いましたよ。ですが、そのファンの応援に対して報いようとか、恩返ししようといった気迫は全く感じられず、何の為に試合をしているのかさえ分からないような雰囲気でした。あれでは入場料を払ってでも見たいと思うファンはさらに減るでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • さすが生涯打率1位!小笠原がGの弱点「左腕&初モノ」粉砕

    Excerpt: “史上最高の打者”が、また打った。巨人・小笠原道大内野手(33)が阪神戦(東京ドーム)の六回に新人・小嶋から2号ソロ。チームが苦手にしている左腕をたたいて、勝利を呼.. Weblog: サンケイスポーツ応援ブログ!!【楽しいサンケイスポーツ情報】 racked: 2007-04-09 10:41
  • 巨人、小笠原V打で竜に逆転勝ち!球団通算5000勝に王手

    Excerpt: ガッツで5000勝にリーチだ。巨人・小笠原道大内野手(33)が、中日4回戦(ナゴヤドーム)で七回の勝ち越しタイムリー二塁打を含む猛打賞&2打点の活躍。最後はエースの上原浩治投手(.. Weblog: サンケイスポーツ応援ブログ!!【楽しいサンケイスポーツ情報】 racked: 2007-05-02 15:46