さらばディープインパクト!引退レースも圧勝!・・・そして新しい伝説の始まり!?

最後も圧勝で飾り、7つ目のG1タイトルを手に入れた④ディープインパクトのラストランで3連単をGET!

画像


ディープが勝つレースではヒモを間違えて泣かされてばかりだったマチベーですが、最後の最後にどうにかクリスマスプレゼントを貰うことが出来ました。ありがとうディープよ!

2006年12月24日(日)5回中山8日9R第51回有馬記念(※)
1着◎④ディープインパクト(1番人気)
2着○①ポップロック(6番人気)
3着△⑤ダイワメジャー(3番人気)
4着-③ドリームパスポート(2番人気)
5着-⑧メイショウサムソン(4番人気)

勝ちタイム 2:31.9
ハロンタイム 7.1 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.8 - 12.8 - 12.9 - 12.7 - 12.2 - 12.8 - 12.2 - 11.2 - 12.0
上り 4F 48.2 - 3F 35.4

引退レースとなった有馬記念でも、ディープはいつものようにゆったりとしたスタートを切り、ゆっくりと後方から追走していました。そしていつものように3コーナーあたりから早めに動き出すロングスパートを始動。いつものウルトラスムースな驚異的加速で前との差を一気に詰めます。そして4コーナーを回ったところで、これまたいつものようにアッという間に先頭へと躍り出て、最後もいつものように2着馬に3馬身もの決定的な大差をつけてのゴール。上がり3ハロンもただ1頭33秒台を記録するダントツの33秒8。見事に有終の美を飾り、通算7つ目のG1タイトルを手にして引退の花道を彩りました。
通算14戦12勝2着1回3着失格1回、G1タイトル7勝を含む重賞10勝というのはほぼパーフェクトに等しい戦績です。獲得賞金では同じG1レース7勝タイのテイエムオペラオーに及ばなかったものの、5歳いっぱいまで走って26戦したオペラオーとは条件が違いすぎで、無敗の3冠制覇やフランス凱旋門賞遠征を敢行した上、4歳いっぱいまででこれだけの実績を残したディープの中身の濃さはズバ抜けていると思います。

予想としてはけっこう迷いましたが、ディープの1着だけは最初から決まっていたのは言うまでもなく、問題は2・3着馬探し。鍵はやはり騎手でした。土曜日阪神メイン重賞のラジオNIKKEI杯を見てペリエとアンカツも調子が良いように見えたので、ディープに騎乗する武豊騎手を含めて有馬記念ではこの3人を中心にしようと考えました。特にペリエは有馬記念で驚異的な実績(今回を含めると通算7度騎乗して02年からの3連覇の他、2着1回3着1回着外2回で複勝率71.4%!)を残していますので、①ポップロックは人気に関わらず絶対に無視できないと見ていました。1着ディープは固定で、ヒモに有力とチェックした角居厩舎の2頭①②を2着に、①②⑤⑥⑩を3着に据えての3連単流しで的中。これで僕自身はこの秋、資金わずか800円(!)からスタートし、阪神JF(的中)と朝日FS(ハズレ)と有馬記念(的中)の3戦のみの参加で計3戦2勝。最終的に残高1万数千円まで復活したのは上々でした!笑。

あれだけ存在感のあった馬がこんなに早く引退してしまうとあまりに寂しすぎますが、余力を残して早めに引退している馬の方が種牡馬成績も良い傾向が強いので、今後のディープの種馬生活にはかなり期待できると思っています。ディープが大きな怪我もなく無事に現役生活を終えたことを喜びたいです。まずは一言、お疲れさまでした・・・












そして同じ日の6RホープフルSに出走したディープの半弟(父がSS産駒のアグネスタキオンだから実質4分の3弟?)ニュービギニングもお兄ちゃんソックリのレースぶりで圧勝を飾りデビュー2連勝をマーク。デビューから2戦続けて上がり33秒台と単勝払い戻し110円を記録したお兄ちゃんと比べるのはあまりに酷ですが、440キロ台の小ぶりな馬体といい、後方からのゴボウ抜きを決めた今回のレース運びといい、いずれも兄のディープにソックリで後継者としての期待が自然と高まります。今回2番人気で500円付けたニュービギニングの単勝当たり馬券は、これから人気が急騰するのでしょうか。














2006年12月23日(土)3回阪神7日11R第23回ラジオNIKKEI杯
1着③フサイチホウオー(1番人気)
2着⑪ヴィクトリー(3番人気)
3着②ナムラマース(2番人気)

勝ちタイム 2:02.1
ハロンタイム 13.0 - 11.3 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 13.0 - 12.5 - 11.8 - 11.5 - 11.9
上り 4F 47.7 - 3F 35.2

土曜の阪神メインでは、断然1番人気に支持された③フサイチホウオーが抜群の強さを見せつけてデビューから無敗の3連勝を飾りました。G1朝日FSを制したドリームジャーニーよりもスケールの大きさを感じさせ大物感タップリ。来年のクラシックでの人気を独占しそうな予感もします。



ディープインパクト 久保吉輝写真集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月27日 09:09
おはようございます。

有馬記念のディープの走りは神の領域に近かったと思います。日本でやるかぎりは、世界のどの馬を相手にしても負けないでしょう。それだけに引退はさみしいですね。彼の戦歴に海外GⅠというタイトルがないまま引退するのはもったいないです。
でも種牡馬として活躍するには、ここらへんが潮時なんでしょうね・・・
マチベー
2006年12月28日 19:00
たかっちさんこんばんは!コメントありがとうございます!
>日本でやるかぎりは、世界のどの馬を相手にしても負けないでしょう。
全く同感です。アウェイならともかく、ホームである日本の競馬場ならひいき目でも何でもなくディープは世界最強でしょうね!有馬記念では折り合いも完璧でしたし、ルドルフみたいに付け入るスキのないパーフェクトな勝利でした。引退は惜しいですが、早くに引退した分だけ良い子供を出す確率も高まります。ディープの子供達が競馬場に戻って来る日が今から楽しみですね!

この記事へのトラックバック

  • 第51回有馬記念とその他のレース、冬のG1&3連単祭の結果

    Excerpt:  昨日から今朝にかけてデータベースが壊れ、トラックバックが受信できない状態になっていました。  こちらから送信しておきながら受信できず、誠に申し訳ありませんでした。  恐縮しながら結果です。 Weblog: こんなのアリ? racked: 2006-12-26 21:26
  • 有馬記念は完勝の引退劇 今週の結果

    Excerpt: 圧倒的人気のディープインパクトが有馬記念を完勝して、2006年の中央競馬も終わりました。 Weblog: CW馬なりにて歩む racked: 2006-12-26 22:40
  • ラジオNIKKEI杯 結果

    Excerpt: 2006年12月23日(土) 3回阪神7日 11R 第23回 ラジオNIKKEI杯(G3) サラ系2歳 2000m 芝・右 (混合)(特指) オープン 馬齢 本賞金: 3200、 1300、.. Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活 racked: 2006-12-26 23:13
  • ディープインパクト完勝(有馬記念結果)

    Excerpt: ディープインパクトのラストラン有馬記念を見にいってきました。 Weblog: 日記とか文章披露? racked: 2006-12-27 18:47
  • 飛翔伝説完結 ディープインパクト有終の美を飾る

    Excerpt: 日曜の中山の芝は、上がりがかかる。後ろから行くディープは・・・(by柏木集保氏) Weblog: ネギ背負ってきました racked: 2006-12-28 22:09
  • 有馬記念 結果 ~ディープインパクト狂想曲の終幕

    Excerpt: 2006年12月24日(日) 5回中山8日 9R 第51回 有馬記念(G1) サラ系3歳以上 2500m 芝・右 (混合)(指定) オープン 定量 本賞金: 18000、 7200、 450.. Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活 racked: 2006-12-30 15:13