アストンマーチンの「シグネット」欲すぃーかも!

テレビのニュースで見た話題ですが、トヨタの小型車「iQ」が英国の高級車アストンマーチンにOEM供給されることが発表されたとのこと。


トヨタ:「iQ」を英アストンマーチン社にOEM供給 車名は「シグネット」
トヨタ自動車は29日、欧州事業統括会社「トヨタ・モーター・ヨーロッパ(TME)」を通じて小型自動車「iQ(アイキュー)」を英アストンマーチン社もOEM供給する、と発表した。アストンマーチンでの車名は「Cygnet(シグネット)」で、欧州のアストンマーチン販売店で販売する予定という。

「iQ」は、全長3メートル未満と超小型ながら4人乗車が可能なコンパクトカー。アストンマーチンは1913年創業の乗用車メーカーで、映画「007」シリーズで主人公ジェームズ・ボンドが乗る「ボンドカー」としてたびたび起用されるなどスポーティーな高級車を販売している。今回の提携は、「最高の品質と革新的な技術を備えたクルマをつくる」という両社共通の企業理念のもと実現したという。「シグネット」は英語で「白鳥のひな」の意味。

画像




>欧州のアストンマーチン販売店で販売する予定

うーん、じゃあ、もしかして日本でシグネットは販売されないの?それはちょっと悲しいなぁ。日本で売ってくれたら、僕はきっと買うんだけど(ただし、何年、ヘタしたら何十年先の話になるかはわからないけど・・・笑)。

まぁ、日本では本家本元のトヨタ「iQ」が販売されている訳だから、そこにOEM供給先であるアストンマーチンが乗り込んできて販売するというのは、ビジネス的には許されざる行為になるのかしら。
しかも見た目が少し違うだけで中身はまるっきり同じという車を、わざわざオリジナルよりも高い値段で買おうなどという物好きな人は、世の中にそう多くはいないでしょうから、日本で販売したとしても売上は見込めそうにありませんね。そんな車を買いたいなんて人間はもしかして僕だけかもしれないし(笑)。

いやいや、旧型MINIもいまだに大量の改造パーツが販売されている人気のベースカーだったりするので、小型高級車をオリジナルにアレンジして乗るという需要だって少なからずあるのです。
それに中身は一緒でも、フロントグリルのデザインが変わって一目でアストンマーチンだと分かる仕様になっています。僕はこれだけでも十分に買う価値があると思うんだけどなぁ。iQも、トヨタにしてはなかなか気が利いた車だねぇと思っていたので、それのアストンマーチン仕様ならさらに魅力を感じます。

巷では、ユニクロの洋服をちょこっと改造して自分だけのスタイルに改造して着るのが流行ってたりするご時世、同じ車のデザイン違いを、わざわざ数十万高く(ひょっとして数百万高かったりして?)買いたいという需要だって、きっと日本に5人くらいはいるでしょ。5人じゃ商売にならないか(笑)。
乗りたければ並行輸入しか方法は無いのかしら。でもイギリス車なら日本と同じ右ハンドルだから運転も無問題。しかも中身はトヨタ車だから、故障しても部品はぜんぶ、国内のトヨタから取り寄せられるハズ(笑)。やっぱいいっすよ、シグネット。ぜひ乗りた~い!





僕にはこんな凄いドライビングテクニックなんてありません(笑)

トヨタ iQ その1




トヨタ iQ その2




いくらiQが小さくてもドリフトで車庫入れなんて普通の人にはムリだから(汗)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年07月04日 22:08
私も驚きました。
同じ右ハンドルでも多分問題が・・・
日本に輸入されている右ハンドルの車ウインカーとワイパー逆です。BMWにたしか日本と同じにするキットがあった時期が。
あせると天気がよいのにワイパー動かし恥ずかしい思いをします。
2009年07月05日 12:47
v740gleさんこんにちは!コメントありがとうございます!
>日本に輸入されている右ハンドルの車ウインカーとワイパー逆です。
なんと!そんなところに罠があったんですね!右折しようとして、間違えてワイパーが「ウィ~ン」とか動き出してしまうのか。それはちょっと恥ずかしいですな。さすが経験者ならではのアドバイスですね(笑)。
日本で正規ディーラーが販売しますかね~?ともかく早く実物を見てみたいものです!

この記事へのトラックバック