第30回ジャパンカップ展望!連単ヤバいで連複勝負や!?

2年連続&万馬券を的中したマイルCSの次は、過去15年で僕が本命◎を打った馬が12回も3着となり、いまやすっかりマチベーの鬼門となってしまったジャパンカップです。


今年は第30回という節目のレースになりますが、僕にとっても初めて馬券が当たった想い出のレースが90年のJCであり、そこから20周年という個人的な節目の年に当たります。こういうキリの良い巡り合わせにスカッと的中すると凄く気分がいいはずですが、そんな時には決して当たらないのが僕の予想でもあります(涙)。JCは最初の5年間で3回も的中した相性のいいレースだったんだよね。ところがそこから後はまるっきり当たった記憶がない。今年こそこの悪い流れを克服できますように・・・☆


2010年11月28日(日)5回東京8日10R第30回ジャパンカップ(GI)
⑯ブエナビスタ
⑭オウケンブルースリ
⑪ナカヤマフェスタ
①ヴォワライシ
⑥ローズキングダム
⑫ジョシュアツリー


軸は不動で◎⑯ブエナビスタじゃないの。なにせ前走の天皇賞が素晴らしすぎました。抜群のスタートからすぐに折り合って好位につけると、終始ロスのないインコースでジッと待機。直線で前が開くとすぐに反応して一気にスパートし、最後は手綱を緩める余裕を見せながら2馬身差の圧勝。デビュー以来で最高と言える強いレースで5つ目のG1をゲット。スミヨン騎手とのコンビも非常に良かったと思います。しかも1番人気は過去10年で3着以内率100%という鉄板データもあり、ブエナに逆らうのは無謀なレースかもしれません。

ただし、複勝率100%といっても勝率は40%に過ぎず極めて微妙な勝率でもあります。2着が2回に3着が4回もあり、馬複・三連複はともかく馬単・三連単のアタマとしては必ずしも不動とは言えない勝率。ブエナ自身も16戦8勝と勝率5割ラインで昨年の有馬記念以降は1着と2着を交互に繰り返していて連勝はありません。今回は前走1着の後なので順番的には2着の番。なのでブエナを買うなら勝負は馬複or三連複が良いかも。

相手には、昨年のJC2着馬で鞍上に優勝したウオッカに騎乗していた名手ルメールに乗り替わる○⑭オウケンブルースリ、今年の凱旋門賞でエルコンドルパサーに並ぶ越える2着に善戦した▲⑪ナカヤマフェスタ、三冠レース全てに出走して4・2・2着という成績が06年のJC2着馬ドリームパスポート(※3冠レースは2・3・2着)と近い△⑥ローズキングダムという日本馬3頭に注目。

ナカヤマはここに来ての成長力が著しく、息の長い活躍を見せた父の血が開花してきた印象です。オウケンは追い込み脚質と2年連続で連対した馬はいないというトレンドに不安があるものの、ルメールの手腕に期待。ローズは勝てないまでも常に2・3着争いには必ず加わってくる堅実さを評価して。

さらに、ロックバンドU2のアルバムタイトルからつけられたという馬名に惹かれた△⑫ジョシュアツリーと、日本の競馬を熟知していて数多くの大レースを制しているデムーロ騎乗が魅力の△①ヴォワライシという海外勢2騎も、あまり期待はしていないものの3着なら可能性は十分にあり得るとの判断に、配当の妙味も加える意味でプラスしました。発走は15:20。

先週のマイルCSで発走直前に追加した分が的中していたので、今回もし直前の変更や追加がある場合はそれもブログに反映させようと思っております。久しぶりにJC勝利の美酒に酔いたいものじゃ。


結論:連複勝負!
三連複 1頭軸  軸馬 16  相手 1 6 11 12 14  計10点
合計10点




ミスター・ジャパンカップと呼ばれた男―異端の挑戦
東邦出版
河村 清明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミスター・ジャパンカップと呼ばれた男―異端の挑戦 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック