FC東京vsコンサドーレ札幌(J1第30節) ○5-0 今季最多得点で札幌に圧勝!

2012年のJ1もラスト5ゲームとなった10月27日の第30節のコンサドーレ札幌戦は、味スタで現地観戦を予定していたのに体調を崩してTV観戦となったマチベー。


そんな時に限って今季最多となる5点を奪って5-0の大勝利。僕にとっては悔やまれる圧勝でしたけど、僕が見に行きたくても行けない時に限っていい試合するんだよな。もしかしてあたしが疫病神なん?(゚´Д`゚)゚

この日はアーリアが今シーズン3度目の出場停止、羽生も怪我で不在のためにいつもとメンバーが少し入れ変わり、CBにはチャン・ヒョンス、左SBには北斗、ボランチに高橋と米本、左サイドに田邉という布陣でした。このところ先に失点する試合が多いなという印象はありましたが、ここまで実に公式戦8試合連続で相手に先制されていたとは。いくらなんでもやられすぎでしょ。ぜひとも先に点を取って優位に試合を運びたいところでした。

そんな中、前半の17分に久々先発出場のチャン・ヒョンスが先制ゴール。右サイドの石川からの柔らかいタッチの絶妙なクロスに頭で合わせて今季初得点。嬉しそうでしたね~。何より見ているこっちも久しぶりに見る先制ゴールでめちゃくちゃ嬉しかったッスから。ただ、先制はしたものの、前半は札幌もスピードに乗ったカウンターで何度かヒヤリとする場面を作られたりで、決して試合の主導権を握っていたとは言い切れない展開でした。

しかし後半に入ってすぐの47分、左の田邉が角度のないところから放ったグラウンダーのシュートが逆サイドのゴール隅ギリギリに転がり込んで2点目。この後半立ち上がりという重要な時間帯に、貴重な追加点を奪えたことがチームに大きな勢いをもたらしたと思います。

これで完全に波に乗った東京は59分に石川が持ち味のスピードを生かして相手からボールを奪うと、そのままゴール前まで一気に突っ込んでシュートを放ち、3点目をGET。さらに5分後の64分にはDF森重からのロングパスに石川が反応。持ち前のスピードで相手DFを振り切ってそのままダイレクトにシュートを放って4-0。先制ゴールのアシストに2得点とこの日のナオはキレまくっていました。

これで打ち止めかと思われた81分、63分から途中出場のネマがドリブルで相手をうまくかわしながら豪快なミドルシュート。これが鮮やかに決まって今季最多となる5得点目を記録しました。コンディションの問題で途中出場が続いているにも関わらず、短い出番の中でも必ず結果を出し続けているネマは本当に素晴らしいの一言。アグレッシヴなプレースタイルといい、抜群の決定力といい、東京の選手たちに欠けているものを補う良い補強でした。

鹿島戦での5失点大敗やナビスコ準決勝の清水戦の敗戦など、このところ苦々しいゲームが続いていましたが、この日は溜まりに溜まった東京サポの鬱憤をまとめて洗い流してくれるような大量得点での快勝に、ようやく一息つくことができました。

これで残るは今季あと4戦。このあとは格上の名古屋とのアウェー戦に、残留争いのさなかで死にもの狂いの神戸戦とガンバ戦、そして最終戦では優勝争い真っただ中の仙台戦と、あっさり勝ち点3を献上してもらえそうなゲームは1つも残っていません。真っ向勝負で攻撃的に戦い、力づくで勝利をもぎ取るしか勝ち点を上積みして順位を上げる術はないでしょう。ここからの4試合が本当の意味での東京の真価を問われる大事な「消化試合」となるはずです。
















Jリーグ・レジェンド-サポーターが選んだFC東京名勝負BES (COSMIC MOOK)
コスミック出版
2012-03-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Jリーグ・レジェンド-サポーターが選んだFC東京名勝負BES (COSMIC MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



FC東京 2011 シーズンレビュー [DVD]
video maker(VC/DAS)(D)
2012-03-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FC東京 2011 シーズンレビュー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



FC東京サポーターズ・ソング
EMIミュージック・ジャパン
2000-07-12
東京ファンの人達

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FC東京サポーターズ・ソング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年10月28日 18:31
なかなか難しいですよね。
最初の感覚では、もっと上位かと思っていましたが、
今年は特に混戦なので、一勝で順位があっという間に、変わってしまうことが、川崎も確か優勝争いをしたいので、監督の交代をしたと思ったのですが、実際は・・・
ただ選手が地味な守りの練習したくなかったみたいです。
そんなことで、上位を狙えると思う時代は、とっくに終わったのですが。
補強が、うまくいきそうで、すでに来年が楽しみでしょうね。
2012年11月10日 22:12
v740gleさんこんばんは!引き続きコメントありがとうございます!
>なかなか難しいですよね。最初の感覚では、もっと上位かと思っていましたが、
そうなんです。開幕当初は良いサッカーができていたのですが、代表召集やケガ人続出で主力が戦列を離れることが多くなり、メンバーが揃わなくなってからおかしくなり始めたんですよね。そしていつの間にか例年通り「点が取れない病」が再発してしまいました。1試合平均1.3得点では優勝争いには絡めないですよね~。

ただ、途中加入したネマとエジミウソンが非常に良い雰囲気を持っているので、この2人がちゃんと先発出場できる状態になればもっと得点が増えそうな感じはありますね。この2人は絶対に来年も契約するべきだと思います。
川崎もこんな位置にいるチームではないですし、来年こそは上位争いする中でクラシコを戦いたいものです!

この記事へのトラックバック