第13回ジャパンカップダート展望!砂でも複勝確率100%!優勝確率もUPで50%!?

ジャパンカップダートは1番人気が勝率50%・連対率80%・複勝率100%と磐石の強さを見せる一方、2番人気と3番人気は勝率・連対率とも0%とほぼ無条件に消えるため、好配当が期待できるレースです。


上位人気馬同士の組合せを消す思い切りの良さと人気薄の伏兵を探す眼力の両方が試されるので、簡単そうで実は当てにくく難しいこのレース。難しいからこそこのレースを予想するのはいつも心が踊ります。今年も狙いが絞りにくいメンツが集まりましたが、1・2・3番人気の各馬が背負うジンクスが今年も継続して行くのか注目です。


2012年12月2日(日)5回阪神2日11R第13回ジャパンカップダート(GI)
⑩ローマンレジェンド
⑭ニホンピロアワーズ  
⑦トランセンド 
①ハタノヴァンクール
④エスポワールシチー
⑨ホッコータルマエ 


結論:今年もジンクス継続で軸不動!
三連複 軸1頭流し 軸 10  相手 1 4 7 9 14  計10点
合計10点



複勝率100%を誇る1番人気に支持されたのはダート転向後通算9戦8勝2着1回とほぼパーフェクトな実績を誇り、目下ダートで6連勝中と向かうところ敵なしの快進撃を続ける4歳牡馬◎⑩ローマンレジェンド。この間、全てダート千七~千八に出走していて慣れ親しんだ距離・コースでのレースに加え、臨戦過程も京都の千八で行われるみやこSからの転戦ですから理想的です。

ローマンの不安点を挙げるなら、今回G1初挑戦で骨っぽい対戦相手との対戦には未知数の部分があること、6連勝中とはいえここ2戦はいずれも2着と同タイムでクビ差、クビ差とかなり際どい勝負をしてきていること、ダート転向後の全てのレースで手綱を握った岩田康騎手が騎乗停止で騎乗できないこと等がリスク要因でしょうか。ただ、優秀な持ち時計と並外れた勝負根性に不安要素を全てはね返すほどの高い素質と勢いを感じます。

次いで検討したいのは毎年1頭は馬券に絡むJBCクラシック組ですが、勝ち馬がJCダートでも連対した年はいずれもJBCが大井競馬場開催だった年。毎年持ち回りでコースが変わるJBCはただ着順が良いだけでは信用するに値せず、どのコースで勝ち上がってきたかにも注意する必要があり、JCダートが開催される阪神の千八と関連の薄いコースで勝ち上がってきた馬なら本番は無条件でスルーするか、軽い印にとどめておくのが賢明です。

しかも今年のJBCクラシックは川崎の2100Mで開催。右回りの上にスピードと器用さが要求される阪神の1800Mと違い、左回りでスピード不足の馬でもスタミナと底力だけで押し切れる川崎の2100Mでの好走は本番の着順と全くリンクしない可能性大。よって今年の勝ち馬⑫ワンダーアキュートも消える可能性が濃厚です。この馬が連対率0%の2番人気にもなりそうなので、もしJBC組から馬券に絡む馬がいるとすれば敗れた馬のいずれかでしょう。

残るは武蔵野S組とドバイ遠征馬の評価ですが、過去10年に連対した日本馬は例外1頭を除き全て重賞2勝以上していた実績上位馬ばかり。唯一の例外も3歳にして重賞勝ち+G1で2着と重賞2勝以上に匹敵するキャリアを持っていただけに、今年の武蔵野S勝ち馬で前走が初重賞勝ち&G1未経験の⑧イジゲンは、実績不足の割に人気が先行していて過大評価は禁物の危険な人気馬かも。連対率0%の3番人気になるようなら問答無用で消したいところです。

ドバイ遠征参加組の場合はドバイでの結果がふるわなかった場合でも侮れず要注意。やはり世界の一流を相手に戦ってきた経験というのはその馬の血となり肉となっている訳で、例えボロクソに打ちのめされていたとしても格下馬を相手に連勝を続けている馬より地力で勝るようです。今年の遠征で13着に惨敗した⑦トランセンドも久々を叩かれて2戦目となる今回は巻き返しがあっても不思議はありません。

ヒモはみやこS組が中心。今年のみやこSは勝ちタイムも優秀でレースレベルも高かったと考えられるため、そのレースで勝ち馬と差のない2・3着に食い下がった2頭、⑨ホッコータルマエと○⑭ニホンピロアワーズ、それに2番人気に支持されながら良いところなく10着に大敗した①ハタノヴァンクールもG1馬だけに巻き返す可能性を秘めています。発走は15:40です。



先週のジャパンカップは歴史を塗り替えるレースとなりました。史上初の3冠馬対3冠牝馬の対決ということで注目を集めましたが、結果は牝馬3冠の3歳馬ジェンティルドンナオルフェーブルとの叩き合いを制してJC史上初の日本の3歳牝馬による優勝を飾りました。最後の直線でオルフェーブルと馬体を接触したことで長い審議となり、降着かと思われましたが、結果は着順が入れ替わることなく入線順位通りでの確定でした。

比較的早い段階でお咎めなしという結果に決まっていたものの、不利を受けたオルフェ陣営の池江師や池添騎手がかなり激しく抗議したことで彼らを納得させるのに時間がかかったようです。ジェンティルドンナ陣営にすれば失速して急激に下がってきた前の馬を避ける為にやむを得なかった進路の変更でオルフェの進路を妨害する意図がなかったことは明白だから過失だと主張したでしょう。

逆に被害者のオルフェ陣営にしてみれば、例え悪意のない過失であっても接触によって大きな不利を被ったのだから接触してきた相手に降着のペナルティを課すべきであると主張するのも当然の話。僕は見ていて事故を避ける為に仕方が無かった過失であり妨害ではないと感じましたが、それは◎ジェンティル○オルフェと到達順位通りに印をつけていたせいかも。もし僕の予想が◎オルフェであったなら、「降着だろあれは!」と叫んでいたに違いありません。それくらい際どく、どちらの立場に立つかで結論も180度変わり、敗れた側には必ず遺恨が残ったと思います。

僕が降着にしなくても良いと思った理由はもう一つ。オルフェ自身に本来の反応の鋭さが欠けていたからです。やはり凱旋門賞の疲れが抜けきっていなかったのか、僕の知っている絶好調時のオルフェならジェンティルドンナと馬体を合わせる間もなく一瞬にして抜け出し、不利を受ける場面すら生まれなかったはず。本調子を欠いていたが故に一気に突き抜ける脚が無くてアクシデントに巻き込まれてしまったのだから、今回のオルフェは勝者に相応しい存在ではなかったと考えます。

欧州競馬では1着馬の降着により1・2着が入れ替わるケースが珍しくないので、海外の基準で判定していたならば順位は入れ替わっていたのかもしれません。しかし、そこは日本の官僚機構が管理するJRAです。騎手には騎乗停止のペナルティを課しつつ、馬にはお咎めなしで到達順位の通り1着で確定という、分かったような分からないような、フェアなようでアンフェアなような、何とも釈然としない玉虫色の決着で幕引きを図りましたとさ。JRAに抗議が殺到したのは判断基準の曖昧さによるところが大きいのは言うまでもありません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年12月03日 04:33
JCダートは、結局、新興勢力による勢力図の塗り替えはなりませんでした。
しかし、往年の名馬達の光もなくなっていることは確かですね。
2012年12月08日 00:52
フセイン八木さんこんばんは!引き続きコメントありがとうございます!
>JCダートは、結局、新興勢力による勢力図の塗り替えはなりませんでした。
ローマンは昇級戦&初G1の壁に跳ね返されましたね。今回のように、上がり馬が1番人気になる時というのは荒れる確率が非常に高いので不安に思っていましたが、今回がまさにそのパターンでしたね。

トランセンドとエスポワールはピークを過ぎていることがはっきりしていたので買うつもりはなかったのですが、前年の好走馬が連続して激走することが多いというトレンドがあるコースのため、わずかな可能性に期待して印をつけたのですがダメでした。世代交代は来年までおあずけみたいです。

この記事へのトラックバック

  • 第13回 ジャパンカップダート・データ分析&予想

    Excerpt: ... 「11R 第13回 ジャパンカップダート(GI)」 [JRA] 「第13回ジャパンカップダート(GI)」 [Yahoo!... 02年 JBCクラシック 2人気 1着 → ジャパンカップダート.. Weblog: 今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~ racked: 2012-12-02 07:00
  • [予想]砂王は独りで、充分だ!7連勝で砂王の新しい伝説を作る「ジャパンカップダート」

    Excerpt: ■新旧交代だ!「ジャパンカップダート」 JDダート2連覇中の「トランセンド」、一. Weblog: 連敗爆進王の競馬放浪記 racked: 2012-12-02 07:39
  • ジャパンカップダート(2012年)【血統フェスティバル】予想

    Excerpt: 【ジャパンカップダート】の予想。傾向がひと目でわかる便利な色分け表あります。 Weblog: 【血統フェスティバル】blog racked: 2012-12-02 07:39
  • 第13回ジャパンカップダートの競馬予想

    Excerpt: 第13回ジャパンカップダートの競馬予想です。 トラコミュ第13回 ジャパンカップダート(GI) 【第13回ジャパンカップダートの枠順と阪神ダート1800mの種牡馬成績】 人気ブログランキ.. Weblog: 競馬予想@競馬で儲けよう racked: 2012-12-02 07:57
  • 今週のメイン~ジャパンカップダート

    Excerpt:  今週から暮れの中京開催が始まったということで、早速中京競馬場に参戦してきました。  土曜重賞予想で採り上げた金鯱賞が行われるということもあり、場内は大変盛り上がっておりました。  結果は◎ダノ... Weblog: 龍ぱぱログ racked: 2012-12-02 08:08
  • ≪予想≫ジャパンカップダート

    Excerpt:  第13回 ジャパンカップダート  阪神1800M、ダート・右、3歳以上、オープン、定量 ◎エスポワールシチー 2年ぶりの勝利を目指して 09年から10年にかけて、ダートG1・5連勝の偉業を達成した.. Weblog: ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ racked: 2012-12-02 09:20
  • ジャパンカップダートの予想 買いデータ&消しデータまとめ

    Excerpt: [AD]ジャパンカップダート大波乱の立役者となる穴馬無料公開! ジャパンカップダートの予想 [ジャパンカップダートデータまとめ] ◎1番人気 (5-3-2-0) ○単勝3.9倍以内 (5-3-.. Weblog: 激走!データ競馬ブログ racked: 2012-12-02 09:36
  • ジャパンカップダートをダウジングで予想

    Excerpt:  今回のダウジングでの競馬予想は ジャパンカップダートを予想してみたいと思います。 こちらからのトラックバック先です ボルジャノン厩舎 ニュータイプ的競馬 連敗爆進王の競馬放浪記 .. Weblog: 御気楽猫生活2 racked: 2012-12-02 09:44
  • ジャパンカップダート(GⅠ) 最終決断

    Excerpt: 人気はローマン、勝つのはエスポ・・ Weblog: 浪花のクマさん 穴馬券 racked: 2012-12-02 10:02
  • ジャパンカップダート最終結論

    Excerpt: 3年連続で外国馬不在となったジャパンカップダート。 右回り、ダートは名ばかりで実態は砂。 強い日本馬。 こんなところで敬遠されているのかもしれません。 こうならば、左回り1800が取れる新.. Weblog: CW馬なりにて歩む racked: 2012-12-02 11:13
  • 2012年 ジャパンカップダート(GI)の競馬予想

    Excerpt: 先週のWIN5は久々に出た2億円。1レース目が障害の練習をしていた18番人気の馬 Weblog: 翼のインサイト競馬予想 racked: 2012-12-02 11:34
  • 【競馬予想】ジャパンカップダート

    Excerpt: ◎〔3〕ミラクルレジェンド ○〔10〕ローマンレジェンド ▲〔4〕エスポワールシチー △〔1〕ハタノヴァンクール △〔2〕シビルウォー △〔8〕イジゲン △〔12〕ワンダーアキュート △〔14〕ニホン.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2012-12-02 12:57
  • ジャパンCダート 最終予想

    Excerpt: 本来土曜日にGⅡが2つというのは盛り上がる番組だと思うんですけどね。恐らく今年は馬券をとった方以外ため息が出ちゃうような結果だったように思います。 まぁ気持ちを切り ... Weblog: ニュータイプ的競馬 racked: 2012-12-02 13:38
  • ジャパンカップダート予想(2012)

    Excerpt: 相変わらずの外国馬皆無。 なんかもう早く対策考えてほしいレベルなんですけど、その辺はとりあえず脇においといて予想。 実績馬に新進気鋭の有力馬が挑む構図が上手いことできてる感。 なかなか面白そうです。.. Weblog: stay_gold.com racked: 2012-12-02 17:04