第148回天皇賞(秋)展望!女傑を信じて良いものか!?

明日のメインは第148回天皇賞(秋)。ここ1週間ほとんど降りっぱなしだった東京の雨はようやく止んだものの、不良馬場の中で開催された土曜競馬の影響でかなり力の要るタフな馬場になるのでは。


2013年10月27日(日)4回東京9日11R第148回天皇賞(秋)(GI)
⑦ジャスタウェイ
⑨ジェンティルドンナ
⑬アンコイルド
①コディーノ
⑥エイシンフラッシュ
⑪トウケイヘイロー


結論:女は信用できない!?
馬連 流し 軸 7  相手 1 6 9 11 13  計5点
馬連 流し 軸 13 相手 1 6 7 9 11  計4点
合計9点



今年の天皇賞(秋)は2強(⑨ジェンティルドンナ⑥エイシンフラッシュ)+1(⑪トウケイヘイロー)+その他という力関係だと考えます。1番人気はジェンティルですが、ここ10年で牝馬が3勝2着2回3着3回と活躍する姿を見るにつけ、かつて1997年にエアグルーヴが制するまで17年間、牝馬が勝てず「牝馬は無条件で消し」という条件で簡単に馬券対象を絞れた時代とは隔世の感があります。

牝馬3冠を達成し、史上初の3歳牝馬によるJC制覇も成し遂げた⑨ジェンティルドンナが実績の上では頭一つ抜けた存在であることは間違いないものの、海外遠征を挟んで今季まだ2戦しかしていない上に天皇賞は宝塚記念以来ぶっつけでの出走。しかも、最近10年で勝率50%・連対率70%・複勝率80%と強さを見せる1番人気のうち、3着を外した2頭がいずれも牝馬であった事実は見過ごせませんので、絶対的な軸としての信頼は置きづらいところ。

ダービーや天皇賞というG1の中でも特に格の高いレースを2つ勝ち、直前の毎日王冠も快勝した⑥エイシンフラッシュもジェンティルと同格の実績馬であるものの、既に6歳という年齢に加えて上がりの速いスローなレース以外は終いの切れ味が鈍るところがあります。今回は平均ペースでラップを刻むと思われる⑪トウケイヘイローが引っ張るレース展開になるだけに極端なスローは考えにくく、過去10年で3着が1度あるだけと不振の3番人気のジンクスも重なって強調しづらい存在です。

そうした理由から2強以外の選択肢を検討した結果、もっとも魅力的に映るのが前哨戦の毎日王冠と京都大賞典でともに2着と敗れている⑦ジャスタウェイ⑬アンコイルドの2頭。前者はまだ2勝馬ながら、東京の芝重賞で5度の2着がありコース適性は十分。距離適性や左回りを選んで走るローテーションからもここが最大の勝負と見込まれていることが感じられます。社台グループ生産馬で個人馬主の所有馬が活躍するという秋天の傾向にも当てはまる存在ですね。

もう1頭の⑬アンコイルドは京都大賞典を使ったステップが良くないのですが、左回りで連対率60%・複勝率80%という安定感に加え、東京の芝2000Mでは連対率100%というコース適性が光ります。2頭のいずれも実績では見劣りしますが、一発があっても後で理由付けができるだけの条件を備えているところが狙い目。堅く収まらないこと前提で探すとこのあたりの伏兵馬に魅力を感じますね。15:40発走です。

先週の菊花賞でG1の連敗は止まったものの、3着と4着が逆だったので高配当は獲り逃し、馬単の、それも押さえで安い方が来ただけの不完全燃焼。5番人気のサトノノブレスを本命◎に推したところは良かったのですが、前日の予想で▲にしていたバンデを当日変えてしまったのが失敗の根源でした。

ずっと追いかけていたオークス馬シーザリオの息子(追いかけていたのはオカンの方で息子にはそれほど入れ込んではいないけど)が初G1を勝って予想も的中だったのに素直に喜べなかった菊花賞。今週はスッキリ当てて東京競馬場での重賞連敗記録にも歯止めをかけたいところです。今日は「高円寺フェス2013」に参加の予定なので中継は録画観戦です。





ウオッカ ~奇跡への疾走 最強牝馬のすべて~ [DVD]
ポニーキャニオン
2010-06-16
スポーツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウオッカ ~奇跡への疾走 最強牝馬のすべて~ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブエナビスタ 不屈の女王 [DVD]
ポニーキャニオン
2012-04-18
ドキュメンタリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブエナビスタ 不屈の女王 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



エアグルーヴ 意地と誇りの女王 [DVD]
関西テレビ
2004-03-17
競馬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エアグルーヴ 意地と誇りの女王 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年10月27日 08:01
トラックバックありがとうございました。
このレースは、トウケイヘイローが本当にG1級の馬なのかを確かめるレースかなって思っています。
我が応援馬のアンコイルドの実力も計れますね。
2013年11月24日 23:37
フセイン八木さんこんばんは!こちらもレス遅くてすみませんでした!コメント本当に感謝です!
>このレースは、トウケイヘイローが本当にG1級の馬なのかを確かめるレース
おっしゃる通り、急上昇中のトウケイにとっては試金石となるレースでしたが、結果的にはやや不本意なレースとなりました。これまでの連勝は相手も楽でした。しかし、今回のように一線級が相手では、今までのように気持ちよく自分の競馬をさせてもらえなかったということですね。今後はどういうローテを進むのでしょうか。

この記事へのトラックバック