ボブという名の猫 幸せのハイタッチ 実話がベースの“猫の恩返し”

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』は、CMで見て絶対に劇場で見ようと決めていた映画。期待通り、ハートウォーミングな猫好き必見の物語でしたね(新宿ピカデリーにて)。

画像


~あらすじ~

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物依存から抜け出す事もできず、まさにドン底の生活を送っていた彼のもとにある日、足にケガをした一匹の野良猫(ボブと命名)が迷い込んでくる。ジェームズが有り金全てをはたいてボブを助けて以来、ふたりはどこへ行くにも一緒で、次第にその動向が世間の注目を集めるようになる。しかし、彼らの前に次々と試練と困難が立ちはだかり、ジェームズはボブのためにも、それらを1つ1つ乗り越え、やがて大きなチャンスが訪れることになり……。

オフィシャルサイトより引用 → http://bobthecat.jp/

ジャンキーのストリートミュージシャンが一匹の野良猫を助けたことから、様々な幸運に恵まれて人生を立て直し、ついには本まで出版して映画化までされて…という、でき過ぎなくらい良くできたサクセスストーリー。鶴の恩返しならぬ猫の恩返しで、ストーリーや結末は事前に分かっている通りです。

実在の人物をモデルにしているお話ですが、主演俳優であるルーク・トレッダウェイの役作りはバッチリ。ジェームズ・ボーエン本人にそっくりの小汚いホームレス的な雰囲気を残しつつ、本人より品があってしかもだいぶイケメン…というあたりが女性のハートをくすぐりそう。ボブとも息の合ったコンビネーションを見せてくれました。

そしてそのジェームズの相棒で、本作の主役である猫のボブは、なんとボブ本人(本猫?)が自ら演じているとか!一般的には、猫は芸をしないと言われていますが、この映画の中でのボブは本当に芸達者。作品のタイトルにもなっているハイタッチはもちろん、ひょこんとジェームズの肩に乗るシーンやネズミを追い回すシーン、逃げ出して街中を駆け巡るシーンなど、本当に素晴らしい演技力と愛くるしく魅力的な表情を見せてくれていて、猫好きたちがスクリーンの前でデレデレ、にやにやしてしまうシーンの連続です。

この映画を見て思ったのは、イギリス人の猫に対するやさしさと人に対するやさしさ。税金は高いが高福祉国家であるイギリスでは、薬物依存者に対してもただ捕まえて刑務所に放り込むだけでなく、出所後もきちんとケアして薬を断ち切る為のカウンセリングや順序を踏んだ薬断ちのサポートなどを行っているんですね。薬物依存者=犯罪者として隔離するだけの日本も、このあたりは取り入れる価値があるのではとも思ったりします。

そしてそのやさしさは猫に対しても同様で、なんと所得の少ない人に飼われているペットのため、無料で治療を受けられる動物病院もあるそうです(激混みで半端なく長い時間待たされるそうですが)。ネコを連れて乗っても怒られない路線バス、ボブと一緒に演奏するだけでチップを多めにくれたり、手作りのマフラーや缶詰などを差し入れしてくれる街の人々。弱者へのやさしさが心地よい。

とにかく猫のボブがカワイイ♪
出てくる人がみんなやさしい!


という映画で、猫が大好きな人はもちろん、そうでない人でも、胸がキューンとなったり、体全身がじわ~とあったかくなってくる、ハートウォーミングな物語。見終わった後、なんとなく誰かにやさしくしたくなってしまうような、魅力的で心癒される映画ですよ!

あと、映画の中で流れる音楽も凄くいい。あの歌はジェームズ本人の作った歌なのか、凄くいい曲が揃っていて、サントラが好きじゃない僕も珍しくサントラのCDを買おうと思いました!







「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」オリジナル・サウンドトラック
SMJ
2017-07-05
オリジナル・サウンドトラック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険
辰巳出版
ジェームズ・ボーエン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ボブという名のストリート・キャット
辰巳出版
ジェームズ・ボーエン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボブという名のストリート・キャット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

    Excerpt: イギリス・ロンドン。 ストリート・ミュージシャンの青年ジェームズはドラッグから更生途中のホームレス。 更生担当者のヴァルが手配した住居に、どこからか茶トラの猫が迷い込んで来る。 近所の女性ベティがボブ.. Weblog: 象のロケット racked: 2017-09-07 09:37
  • 「ボブという名の猫。 幸せのハイタッチ」

    Excerpt: ヘロイン中毒のストリートミュジシャンが、一匹のノラ猫とであったことにより幸せを掴むと言うお話なのですが、ボブと名付けられたその猫の可愛いこと可愛いこと{%ハート(キ.. Weblog: みょうがの芯 racked: 2017-11-01 21:53