ロダン カミーユと永遠のアトリエ ~大人向け芸術と官能の物語~

新宿ピカデリーにて鑑賞した『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』は、彫刻家オーギュスト・ロダンの没後100年を記念して作られた、平成生まれの若者にはちょっと理解できないかもしれない、芸術と官能の世界を描いた意欲作。

~あらすじ~

1880年パリ。彫刻家オーギュスト・ロダンは40歳にしてようやく国から注文を受ける。
そのとき制作したのが、後に《接吻》や《考える人》と並び彼の代表作となる《地獄の門》である。
その頃、内妻ローズと暮らしていたオーギュストは、弟子入りを願う若いカミーユ・クローデルと出会う。
才能溢れるカミーユに魅せられた彼は、すぐに彼女を自分の助手とし、そして愛人とした。

その後10年に渡って、二人は情熱的に愛し合い、お互いを尊敬しつつも複雑な関係が続く。
二人の関係が破局を迎えると、ロダンは創作活動にのめり込んでいく。
感覚的欲望を呼び起こす彼の作品には賛否両論が巻き起こり…。

~引用元:公式サイトより~

弟子であり、助手であり、愛人でもあるカミーユ、入籍していない内縁の妻ローズ、さらに他のモデルや芸術家の女性たちとロダンとの性愛遍歴を生々しく描いた愛憎劇がストーリーの中心。

ロダンは自分の作品に自信を持ちながらも、一方で批評家たちの声や世間の評価が気になって仕方がない小心者の天才芸術家。しかし徹底的にリアルな人間の姿を創作することにこだわる余り、本物の人間から型を取ったのではないかという疑いまでかけられるほど緻密過ぎる作品で、世の評価を二分する存在であったようです。

同じように優れた作品を生み出しながらも、世の中で評価されず不遇の時を過ごしていたモネやセザンヌらと交流し、評価されない悲しみや苛立ちを共有し、互いの鬱積した感情をなだめるため、彼らと傷を舐め合うように慰め合う日々も同時に描かれています。

それでも、弟子や助手を何人も使いながら「地獄の門」のような超大作を何年もかけて作っていたのだから、ロダンに関してはある程度の名声も手にしていたであろうことが分かります。そんなロダンを陰で支え続ける内縁の妻とは別に、若く美しい弟子のカミーユと男女の関係に溺れていくロダンの弱さ。たいていの男なら、いけないことと認識しつつも、この行動に共感を覚えるのではないでしょうか。

情熱的なキスの嵐、アトリエや川辺など、所構わず求め合う濃密な大人の愛はやがて、終焉の時を迎えます。男としてロダンを愛しながらも、一方で自らも一流の芸術家として名声を得たいと願う野心家の彼女にとって、かつては尊敬の対象だった師匠ロダンの名声は、いつしか嫉妬と羨望へと変化をもたらし、彼女を苦しめます。自らの野心を隠そうとしないカミーユはとうとう、師であるロダンと袂を分かつ決意をしてアトリエを後に…。

誰もが一度は教科書で見たことのある「考える人」やダンテの神曲に着想を得た「地獄の門」などの作者であるロダンが女たらしのエゴイストだったという設定が事実かどうかは詳しく知らないけど、超一流のアーティストが女にモテるのはいつの時代も変わらない普遍的な真理なのかも。同じ♂として、かなり贅沢で羨ましい状況だったんだってことがよく分かる映画です。

未完の代表作「地獄の門」に合わせたのか、モヤモヤした消化不良で終わる感じの映画ですが、鬼気迫る顔で気難しく考え込みながら粘土をこねる、ロダン役のヴァンサン・ランドンの制作シーンの演技はかなりリアルな感じがして秀逸。どこまで史実に忠実に再現されているかは知らない僕からすると、あの「地獄の門」はこんな風に作られていたのかと好奇心をくすぐられ、普段は全く興味のない美術史の本を開いてみたくなる衝動を覚えました。

カミーユ役のイジア・イジュランはフランスでは“ジャニス・ジョプリンの再来”とまで評価される有名なロックミュージシャンだとか。作品中では地味な作業着を着ている場面が多いせいか、少しおばさん臭く老けて見えましたが、プロフィールを見るとまだ27歳らしいです。濃厚なベッドシーンを体当たりで演じている彼女の豊満な肉体は、子どもにはわからない官能的な魅力に満ちていて、匂い立つような色気を感じさせます。エロティックなラブシーンが多い、大人向けの作品です(年齢制限はR15指定)。




ロダン カミーユと永遠のアトリエ
Rambling RECORDS
2017-11-08
フィリップ・サルド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロダン カミーユと永遠のアトリエ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ロダン:神の手を持つ男 (「知の再発見」双書)
創元社
エレーヌ ピネ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロダン:神の手を持つ男 (「知の再発見」双書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



43ピース クリスタルパズル 考える人
ビバリー
2016-05-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 43ピース クリスタルパズル 考える人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック