テーマ:くも膜下出血

くも膜下出血からの退院後10!

引き続き検査入院の時のこと・・・。 あるナースから「ワタシのこと分かりますか?」と声をかけられた。 なんとなくどこかで会ったような気はするものの、ハッキリとは思い出せない。 名前を教えてもらっても、今ひとつピンと来なかった。 なんでも入院してすぐの頃に、大変にお世話になった方のようだったのだが、いかんせん入院した前後の記憶が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

同じく【長島 茂雄 さん】復帰おめでとうございます!と言いたい~

「復帰!おめでとうございます【長島 茂雄 さん】」について 昨日ついにミスタージャイアンツ長嶋茂雄さんが東京ドームにカムバックしました! くれぐれも念を押して言っておくと、僕はいわゆるアンチ巨人で、ジャイアンツが大っ嫌いです。 もともと長嶋さんより王さんの方が好きでしたし、長嶋さんに対しても特別何の思い入れもありません。けれど…
トラックバック:4
コメント:16

続きを読むread more

くも膜下出血からの退院後9!

先日・・・。といってもはや3ヶ月も前のことになるが・・・。 検査の為に入院することになった。 退院してから3ヶ月を経過したということで、現状のチェックということだった。 検査といいながらCTやMRIなどと違い、その日一日は安静にしてトイレにも行けないらしい。 それで入院しての検査になった。 検査というのは血管造影検査で、足…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ドリームレース宝塚記念?

「ドリームレース宝塚記念!」について。もう来ちゃいました宝塚記念! 僕は3歳の春からずーーーっとゼンノロブロイが最強馬になれると信じて疑いませんでした。 競馬歴15年の間に養われたカンのようなものが、ロブロイは必ず歴史に残る大仕事をやってのける!と教えてくれたのです。 けれど3歳秋、4歳春と、その期待はことごとく裏切られ続けま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

くも膜下出血からの退院後8!

先日、テレビを見ていた時のこと・・・。 大相撲の大鵬親方が規定にのっとり、親方を定年退職するというニュースをやっていた。 その際、大鵬さんが脳梗塞で倒れた時のことを語っていた。 その中で「脳梗塞で倒れて、全てを赤ん坊からやり直した」というような趣旨の事を話していた。 「確かにその通りだ!」と、思わず膝を打った。 脳卒中を経…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

くも膜下出血からの退院後7!

そんな中、少し困ることもある。 見た目が普通と全く変わらないので、まわりの人に気付いてもらえないのだ。 例えば電車に乗る時。 整列乗車をやっている時など、素早く動くことが出来ないので、流れに乗れず後ろの人から押されてしまい、転びそうになる。 電車に乗ってからもそう。まだ長い時間は立っていられないのでなるべく座りたいのだが、誰…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

くも膜下出血からの退院後6!

日に日に増していく被害妄想に苛まれながらも、毎日欠かさず歩いた。 歩くことで外の世界への恐怖心や、卑屈になってしまった自分の心を克服した。 初めは15分20分から始めて毎日少しずつ距離をのばした。今では毎日1~2時間は歩ける。 少しずつ自信が戻り、自分に自信が持てれば自然と心にゆとりも出来てきて、まわりの事が気にならなくなった…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「アフラックダックグッズ」について2

「アフラックダックグッズ」について まるたろうさん。どんどん質問していただいていいですよ。 知ってること、分かることであれば全てお答えしますから。笑。 そうですね。いい加減な会社でしたから、会社の中にはそういった手当を払うルールはありませんでした。ただ会社の方で保険をかけてくれていたので、会社所属中に発症していれば、その保…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「アフラックダックグッズ」について

「アフラックダックグッズ」について。 まるたろうさんこんにちわ。 マチルダベイビー!と申します。 うちのブログに質問いただいた、金銭面での苦労話にお答えします。 たまたま仕事の関係で医療費自己負担0%の組合の健康保険に加入していたので、手術費用などは全く負担せずに済みました。 組合の健康保険は、通常の国民健康保険よりも…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

くも膜下出血からの退院後5!

過呼吸症候群(※)で倒れたことをきっかけにして、再度治療の為の休養を申し入れた。 だが、返ってきた答えは「すぐに仕事に復帰するのか、会社を辞めるのかどっちかハッキリしろ!」というものだった。 しばらく休んで体調が良くなれば仕事に復帰したいと思っていたのだが、仕事への早期復帰を迫られて休養することが出来なかったので、やむを得ず会社…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

同情するなら○○をくれ?

先日、地元の友達と居酒屋に集まった時のこと・・・。 病み上がりで酒が飲めない僕は、ウーロン茶で乾杯。 その席で、僕のブログの話が出た。 何人かは僕のブログを見てくれているのだが、その中の一人いわく、 「ブログで病気のこと書いて、同情引こうとしてねえ?真面目くさったことばっか書いてても、そのうちボロが出るんじゃねーの?」 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

くも膜下出血からの退院後4!

そんな忙しい生活が続く中で、ついに体が悲鳴を上げた。 最初に倒れたのは3月。その時も会社で徹夜仕事をした翌朝のことだった。この時は病気ではなく過呼吸症候群というもので、過度の肉体疲労と精神的ストレスが原因で全身がけいれんし、手足がしびれて全く動かなくなってしまい、めまい・頭痛・動悸・寒気・発汗などがいっぺんに来て一時的に呼吸困難に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血からの退院後3!

家事手伝いや朗読などの他に、毎日のウォーキングを日課にした。 運動機能が回復してくれば、言語の障害も回復してくるという話を聞いたので、毎日体を動かさなければと思ったのと、元巨人の長嶋監督も脳梗塞で倒れて右半身の麻痺でリハビリをしているという話を聞き、その話の中でウォーキングが一番のリハビリだという事を聞いたからだった。 いざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血からの退院後2!

気持ちは明るくなったものの、退院してすぐの頃は朝起きて30分間座っていただけで、激しい頭痛に襲われて起きていられなかった。一日の大半は、ベッドの上に寝て過ごした。 相変わらず言葉は思うように喋れなくて、テレビを見ていても何を喋っているのかチンプンカンプン。海外に来ているのかと思う位、理解出来なかった。記憶もおぼつかなくて、たった今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

くも膜下出血からの退院後1!

長かった入院生活からは解放されたものの、相変わらず言葉は満足にしゃべれないし、右手も右足も自由に動かせなかった。そんな中、ある人から聞いた言葉に支えられた。 「必ず良くなると思ってあきらめずに努力することが大事ですよ。」 「リハビリというのは元の自分に戻る為にするんじゃなくて、新しい人生をやり直していく為にやるんですよ。上手に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血10!

「このぶんなら、クリスマス頃には退院出来そうですね。お正月は、自宅で過ごせるようになりますよ。」 自力で歩けるようになり、トイレにも自分で行けるようになった事で、初めて具体的な退院の話が主治医の口から出てきた。振り返ってみると、思っていたよりは短かったような気もするが、食事も出来ない、起きあがれない、トイレにも行けない、テレビも見…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

くも膜下出血9!

手術が終わり、意識が戻ってから何日か経ち、やっとこさっとこ一人で立てるようになって、ようやくオムツから開放された。 意識が不明瞭だった時には感じなかったが、意識が明瞭になってくると、あれはもの凄く蒸れて不快だし、何よりひどく恥ずかしかった。トイレのたびにナースコールを押して、看護婦さんを呼ばないといけないので、ギリギリまで我慢して…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

くも膜下出血8!

麻酔から覚めて、明らかになっていく意識の中で、聞こえてきたのは母親からの説教だった。 「あんた、これどういうこと?」と詰め寄ってくる母親に対し、こちらはキョトンとしていた。なぜなら、この時点ではまだ記憶もハッキリとは戻っておらず、自分でも何のことだかサッパリ分からず、戸惑っていたからだ。しかし、その姿が相手には「とぼけている」と写…
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

くも膜下出血7!

病気で入院していたこの時期に、ある重大な問題が発覚した。 自宅に借金取りからの督促状や取立ての電話が殺到したのである。僕が入院してしまったことにより、口座に残高が無くなってしまい、返済が滞ってしまったのだ。 実は入院する前、車のローンやクレジットカードでの買い物や飲食の支払い、それにあちらこちらの銀行やカード会社のカードロー…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

くも膜下出血6!

手術は、いつの間にか終わっていた。気が付いたら、病室のベッドの上に戻っていた。手術は無事、成功。 今度は意識もハッキリしていた。今まで、起きてるのか寝ているのか、自分でもよく分からないような状態が何週間か続いていたが、人の声も顔もよく分かるようになった。 ただし、右手が動かない。右足も全く動かない。片麻痺ということで、体の右半身…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血5!

健康な人の場合、頭の中に入っている脳内髄液は、どんどん新しくなっていって、古いものは頭からお腹の方へ自然に流れていって、お腹の中で吸収される。 しかし水頭症になると、髄液がお腹の方へ流れていかなくなって、頭の中に溜まってしまうのだそうだ。そうなると、意識の障害が起きて、日常生活を送ることも困難になって、僕のように寝たきりの状態にな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

くも膜下出血4!

ベッドに寝たきりの間は、尿道カテーテル、いわゆる「おしっこの管」を大事なところの先っぽから挿し込まれていた。 自分でトイレに行けない状態でそのまま全てをオムツの中にしていると、オムツ交換の回数が増えて、患者にとって肉体的にかなり負担が増えてしまうし、肌がかぶれて皮膚病になってしまうこともあるので、出来るだけ尿の大半をオムツの外に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血3!

ようやく、少しは声が出るようになって、多少の会話が出来るようになったが、相変わらず大きな声が出ない。 ボリュームを上げても、音が大きくならない壊れたスピーカーのような感じで調整がきかず、自分の喋っていることが相手の耳に届かずもどかしかった。 それに、顔の右半分が麻痺してるので、うまく口が動かず、ろれつも回らない。顔の筋肉が、言う…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血2!

意識は戻ったものの、しばらくの間は「ここはどこ?私はだーれ?」という状態が続いた。 毎日、看護士さんやお医者さんが巡回してきて、名前と生年月日を繰り返し、必ず聞かれるのだが、自分の名前や誕生日が思い浮かばないのだ。 それと、記憶喪失という程ではないけれど、記憶が何ヶ月か分だけスッポリ抜け落ちてしまって、何も思い出せない。 それ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血1!

僕がリハビリ生活を送るようになったきっかけは、くも膜下出血で倒れてしまったことが原因だ。 それまで、これといって病気の前ぶれのようなものはなかった。強いて言えば、血圧が少し高めだったこと位で、それでも会社の健康診断でも引っかからず、お医者さんからも特に注意を受けたり、薬の処方をされるということはなかった。 去年の十月に、食事中に…
トラックバック:10
コメント:8

続きを読むread more

ブログスタート!

現在、リハビリ中の31歳♂です。 去年の十月に、突然くも膜下出血で倒れてしまい、仕事が出来なくなってしまって、時間が余っている今こそ新しいことにチャレンジするチャンス!と思い、かねてから興味があった自分のページの作成にとりかかりました。 テーマは、ネコと競馬とスポーツについて・・・。 好奇心が強いため、他にも取り上げたいテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more